アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2015 エホバの証人の年鑑

 ドミニカ 共和 

投獄と禁令

投獄と禁令

中立 ゆえに 投獄  れる

エンリケ  グラス,この 地下   2   投獄   

1949  6  19 日,亡命 ドミニカ  部隊  独裁  ラファエル  トルヒーヨ  打倒  目指し,空路 ドミニカ  やっ   ます。トルヒーヨ 政府  すぐ  侵攻 計画  阻止  まし  が,敵  みなし   だけ  なく 兵役  就く こと  拒否    まで  投獄    です。兵役 拒否  投獄    最初  エホバ  証人 たち    は,レオン  グラス  その   兄弟 エンリケ  ラファエル,また レオン  職場      同僚 たち   ます。

レオン  こう 述懐    ます。「[私  同僚 たち]は 逮捕  れ,   諜報   尋問  受け まし た。脅さ   後,釈放   まし  が,それ  二,三    通常  手続き     徴兵  れる ため  釈放    よう  もの でし た。徴兵  応じる   拒ん  私たち  投獄   まし た。そこ   すでに 4   エホバ  証人   まし た。その うち       肉親  兄弟 でし た。釈放     に,もう 一度   宣告   まし た。こう   こと  3   繰り返さ れ,釈放     1     する と,再び 投獄   まし た。最後  刑期  5   及び,私たち  獄中  7  近く  過ごし まし た」。

「鞭  打た  たり   ライフル  殴ら  たり    耐える こと  でき   は,エホバ    与え  くださっ  から です」

刑務    絶え  試練  さらさ  まし た。囚人  看守 から いつも 嘲ら  まし た。兄弟 たち  最初  投獄     た“オサマ 砦”の 司令  は,こう 言い まし た。「エホバ  証人 諸君,お前 たち  悪魔  証人  なっ たら わたし  報告   まえ。そう すれ  釈放    ろう」。しかし,反対  たち  兄弟 たち  忠誠  打ち砕く こと  でき ませ  でし た。レオン  その 理由  こう 説明  ます。「エホバ  いつも 忍耐 する   与え  ください まし た。ささい  事柄  おい   事態  介入   くださっ  いる   分かり まし た。鞭  打た  たり   ライフル  殴ら  たり    耐える こと  でき   は,エホバ    与え  くださっ  から です」。

エホバ  証人  活動  禁止  れる

  崇拝  敵対 する 人々 から  迫害 は,国中  激しさ  増し  まし た。それでも 1950  5   は,宣教   ほか  238   奉仕   おり,その うち 21    時間  開拓  でし た。

中立  立場 ゆえに 兄弟 たち  実刑 判決  受け  こと  伝える 新聞 記事

その ころ,諜報   捜査   大統領 秘書     よう  手紙  書き送り まし た。「エホバ  証人  宗派  信者 たち は,この 都市[シウダード  トルヒーヨ]の 至る所  熱心  活動  続け  おり ます。……再度 申し上げ ます が,エホバ  証人  対し   特に 注意 する 必要  あり ます。と 申し ます  は,彼ら  伝道 活動 など  よっ て,一部  世論,特に 民衆  間違っ  思想  植え込ん  いる から です」。

ブラント 兄弟  内務 警察  J  アントニオ  ウングリア から,兵役,国旗 敬礼,税金  関する エホバ  証人  立場  示し  文書  提出 する よう 求め られ まし た。兄弟 は,「神     べし」の   情報  基づく 文書  提出  ます が,1950  6  21  に,エホバ  証人  活動  禁止 する 法令  出さ  ます。兄弟   ウングリア  執務   呼び出さ れ,禁令  直接 伝え られ ます。宣教  たち  国外 退去  なる  です   尋ねる と,ウングリア は,法令  守り 自分 たち  宗教  つい      話さ ない なら 留まる こと  できる,と 述べ まし た。 *

^ 2節 法令  出さ れる まで    間,カトリック  司祭 たち  新聞  エホバ  証人  非難 する 長文  記事  掲載  まし た。それら  記事 で,エホバ  証人  共産 主義   ある  偽り伝え られ まし た。