アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2015 エホバの証人の年鑑

 ドミニカ 共和 

「ライオンのように戦いました」

ルイス  エドアルド  モンタス

「ライオンのように戦いました」
  • 生ま   1906 

  • バプテスマ 1947 

  • プロフィール 独裁  ラファエル  トルヒーヨ  率いる   役員 だっ た。真理  学び,2000   亡くなる まで 忠実  奉仕  た。

ルイス  トルヒーヨ  親族 で,与党 パルティド  ドミニカーノ(ドミニカ 党)で 財務  担当    まし た。しかし,トルヒーヨ 政権  嫌気  差し,度々 自分  立場 から 退こ     もの の,トルヒーヨ  それ  許し ませ  でし た。

ルイス  トルヒーヨ  2     殺害  れる と,2  ほど トルヒーヨ  暗殺  企て ます。しかし,暗殺 計画  容疑     名前  挙げ られ ませ  でし た。トルヒーヨ  なんとか 殺す こと  でき ない  と,幾    霊媒   もと  訪ね ます。ルイス  言葉  よる と,トルヒーヨ は「自分  一番 偉い  思っ  いる   よう  人」でし た。ある 霊媒   訪ね  時,テーブル    あっ た「真理  汝ら  自由   べし」と いう     入り,それ  読み 始め まし た。その 内容  とても 興味  そそら れ,家  持ち帰り まし た。後 に,これ こそ 自分  探し求め    真理   確信  まし た。

 ルイス  シウダード  トルヒーヨ  行っ  時,エホバ  証人  集会  出席     雑誌      入れ,一   それら  出版   読み まし た。その 後,聖書 研究  申し込み ます。霊的  成長 する と,トルヒーヨ 政権 から 離れる 決心   ます。その こと  トルヒーヨ    入る と,プエルトリコ  領事  いう 高い ポスト  提示   まし た。迫害  れる こと  予期 でき まし  が,それ  断わり まし た。

「わたし  様々  虐待  受け まし た。政府 は,考え 得る 限り  わな  仕掛け   まし た。ですが,この   快楽  退ける,と 決意    まし た」と 述べ   ます。ルイス  良い たより  率直  語る 奉仕   なり,地元  カトリック  司祭 たち から「説教 師」と 呼ば  まし た。初めて 集会  出席   から 半年   1947  10  5   バプテスマ  受け まし た。

バプテスマ  受ける と,ルイス  警察  追わ れ,投獄  れ,独房  入れ られ まし た。また 様々  試み  受け まし た。それでも,逮捕    法廷  出さ れる たび に,その 状況  活用   証言  まし た。ルイス  こう 語り ます。「わたし  自分  信仰  擁護 する ため に,ライオン  よう  戦い まし た。そして,その こと  懐かしく 思い出し ます」。

  忠実       ルイス  経歴 が,注目     終わる こと  あり ませ  でし た。1994 年,ドミニカ 共和   エル  シグロ  に,ルイス  関する   よう  記事  掲載   まし た。「ルイス  エドアルド  モンタス   サン  クリストバル で,真摯      知ら   いる。思いやり  温和   備え    よう    なかなか  ない。サン  クリストバル  歴史   で,モンタス   つい  知ら   いる こと は,クリスチャン     活動  関連   いる」。