内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 ドミニカ 共和 

留まって活動を続ける

留まって活動を続ける

彼ら  真理  見つけ 

フアナ  ベントゥーラ  宣べ伝える   禁止      とき  研究  始め,1960   オサマ   バプテスマ  受け まし た。ある 時,サントドミンゴ  福音  教会  牧師 が,フアナ  投獄   しまい たい  思い まし た。牧師 いわく,フアナ が「信者 たち  奪い去っ  いる」から です。牧師 は,エホバ  証人  うそつき  こと  証明  たい  考え まし た。また,フアナ  信用  落とし たい   思い,フアナ  教会    新た  見いだし  信仰  関する 質問  答える よう   言い まし た。

フアナ  こう 語り ます。「牧師  わたし  3   質問   まし た。『なぜ 選挙  行か ない  か,なぜ 戦争  行か ない  か,なぜ エホバ  証人  名乗る  か』と いう 質問 です。それぞれ   質問  聖書 から 答える と,集まっ   たち  皆,それら  聖句  開き,読ん  事柄  驚き まし た。多く    自分 たち  真理  見つけ  こと  気づき,全員  聖書 研究  始め まし た。やがて 25   エホバ  献身  まし た」。この 出来事  よっ て,サントドミンゴ   宣べ伝える   弾み  つき まし た。

エホバ  証人  留まっ  活動  続ける

トルヒーヨ  暗殺 後,政治    安定  状態  続き まし た。『1963 年鑑』(英語)は,「通り   兵士  あふれ,毎日  よう  ストライキ  暴力 事件  起き  いる」と 報告    ます。しかし,こう   政治  混乱   かかわら ず,宣べ伝え  弟子  作る   前進  まし た。1963 奉仕 年度  終わり  は,1155   伝道  最高   達し まし た。

1962   世界 本部 から ネイサン  ノア  訪問 し,土地  購入  手はず  整え まし た。急速  拡大     宣べ伝える   世話 できる さらに 大きな 施設  建設 する ため です。その 新た  土地  2  建て  施設  王国 会館  建設  れ,1963  10  12 日,土曜 日,世界 本部  フレデリック  フランズ  新しい 支部 施設  献堂    行ない まし た。エホバ  証人  ドミニカ 共和   活動  続ける つもり  いる こと  明らか でし た。施設  献堂      なく,ハリー  ダフィールド  パキタ  ダフィールド  到着  ます。兄弟 姉妹 は,キューバ から 強制 退去  なっ  最後  エホバ  証人  宣教  でし た。

革命   かかわら  増加 する

1965  4  24   革命  起き,困難  時期  続き まし  が,エホバ    霊的  繁栄  まし た。1970    3378   奉仕    おり,63  会衆  あり まし た。奉仕   半数 余り  過去 5  以内  組織  入っ     たち でし た。『1972 年鑑』(英語)は こう 述べ   ます。「彼ら  職業  様々 です。自動  整備 士,農業 従事 者,バス  運転 手,会計 士,建築 家,大工,弁護 士,歯科 医,それ  政治  だっ     ます。真理  対する   エホバ  対する   よっ  みな 引き寄せ られ   です」。