アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2015 エホバの証人の年鑑

 全地  宣べ伝え  教える

ヨーロッパ

ヨーロッパ
  •   地域 47

  • 人口 7億4131万1996 

  • 伝道 者 161万1036 

  • 聖書 研究 84万7343 

クラス  王国 会館  訪ねる

フィンランド: 王国 会館  見学     小学 4    子ども たち

フィンランド  小学 4    イネス は,宗教 教育  一環   て,クラス  エホバ  証人  つい  話し合う こと  なっ  いる  知り まし た。それで,自分  クラス  王国 会館  招待 する こと   まし た。生徒  先生 も,良い 考え   賛成   くれ まし た。

翌週,38   生徒 たち  自転   5    ある 王国 会館  行き まし た。2   先生  校長 先生  同伴   まし た。王国 会館  は,2   兄弟  3   姉妹  迎え られ,飲み物 など  出さ  まし た。生徒 たち は,王国 会館  エホバ  証人  つい  いろいろ 質問  まし た。「集会   どんな こと  する  です か」,「あの 部屋   です か」,「壁  6 割る 10  書い  ある   なぜ です か」と いっ  質問 です。生徒 たち  質問   部屋  図書  で,壁  書か    た“6 割る 10”と は,年句 の“マタイ 6:10”でし た。 *

この 小学   いじめ 防止 プロジェクト  参加      で,兄弟 たち  生徒 たち  jw.org  ホワイトボード  アニメ,「いじめっ子  殴ら   撃退 する」の ビデオ  見せ まし た。また,ウェブサイト    セクション  見せ,王国    流し まし た。見学  1 時間 ほど  なり まし た。

校長  先生 たち,生徒 たち は,見学  終わっ  から も,その こと ばかり 話し   まし た。校長 は,エホバ  証人  ウェブサイト  情報  関心  示し まし た。宗教  時間  使う こと  できる  考え  から です。また,ほか  クラス  王国 会館  見学 できる  知り,喜び まし た。早速 その 翌日,他  クラス  先生 から  問い合わせ   まし た。

ごみ   から   探し当てる

ルーマニア  住む クリスティーナ は,学校  通っ  こと  なく,読み書き  でき ませ  でし た。とても 貧しかっ  ため,市  ごみ 処分   空き缶  ペットボトル  集め  生活    まし た。ある 日,いつも  よう  探し  いる と,ふと ある     留まり ます。幸福 そう   たち  美しい 挿絵  載っ  聖書 文書  です。「こう    たち  世界  どこ   いる はず だ」と 思い まし た。何  書か   いる  か,ほか    読ん  もらい まし た。それ  宗教   読み物   分かる と,とても 悲しく なり まし た。人々  聖書  読み物  ごみ    捨て    から です。その   ごみ 処分   行っ  は,ブロシュアー  パンフレット  雑誌  拾い集め ます。傷ん   ない もの  あれ ば, 破れ  いる もの  あり まし た。その 内容  もっと 知り たい  思っ  クリスティーナ は,読み書き  覚え まし た。

その 後,クリスティーナ  エホバ  証人  会い,聖書 研究  始め ます。ほか    見向き   なかっ  文書  用い て,エホバ  自分  引き寄せ  くださっ  こと  知り,とても うれしく 思い まし た。クリスティーナ  集会   出席   おり,学ん  事柄    引き付け られ   ます。また,自分   新しい 雑誌  書籍  ブロシュアー  持てる こと  とても 大きな 喜び  感じ   ます。もう ごみ    探す 必要  あり ませ ん。ごみ   から   探し当て   です。

“森林”聖書 研究

ドイツ: 森  聖書 研究  司会   いる マルグレート

ドイツ  住む マルグレート  毎朝,犬  連れ    散歩  ます。姉妹  こう 語り ます。「通りがかっ    話しかける よう     ます。少し くつろい  話せる よう なら,会話  聖書  ほう  持っ  ゆき ます」。

ある 日,姉妹    連れ  70   女性  会い まし た。話しかける と,その 女性  楽し そう  話し  し,毎日   祈り 聖書  読ん  いる  言い まし た。その  から,2   毎日 会っ て,霊的    する よう  なり ます。ある 日,女性 から,「どうして そんな  聖書  こと  知っ  いる  です か」と 尋ね られ,姉妹  自分  エホバ  証人  ある こと  説明  まし た。

姉妹 は,何   家庭 聖書 研究  勧め まし  が,断わら  まし た。しかし,その   話し合い  続き まし た。数 か月  たっ  ころ,再び 家庭 聖書 研究  勧める と,女性 から,一緒  暮らし   いる 男性  エホバ  証人  嫌っ  いる  で,研究 する   怖い  打ち明け られ まし た。

姉妹    散歩  とき,聖書 と『聖書  教え』の   持っ    出かけ まし た。そして その 女性  思い切っ  こう 言い まし た。「今回 は,家庭 聖書 研究  勧める つもり  あり ませ ん。でも,“森林”聖書 研究  お勧め  たい  です」。女性      浮かべ,喜ん  応じ まし た。“森林”聖書 研究    6  行なわ    ます。季節  天候  よっ  は,傘  懐中 電灯  持っ  聖書 研究  司会     ます。

紛らわしい   振り方

ブルガリア  デルフィン  いう 姉妹 は,イリナ  聖書  研究    まし た。イリナ  学ん  事柄  感謝 し,集会  定期   出席    まし た。しかし,イリナ   は,妻  エホバ  証人  一切 かかわり  持っ  ほしく ない  思っ   まし た。それで,家族  連れ  スウェーデン  小さな   引っ越し,イリナ  デルフィン  連絡  取れ なく なり まし た。しかし 引っ越し  で,アレクサンドラ  レベッカ  いう 2   開拓   訪問  受け ます。イリナ  スウェーデン   話せ なかっ   で,姉妹 たち は,「あらゆる   人々  ため  良い たより」の 小冊子 から ブルガリア   メッセージ  読ん  もらい まし た。それ から,小冊子  助け  借り て,もっと ブルガリア   文書  欲しい  尋ね まし た。イリナ  盛ん      振っ   で,姉妹 たち  関心  ない  思い,帰っ  行き まし た。

その 後,アレクサンドラ は,ブルガリア  奉仕   いる スウェーデン   姉妹 リンダ     帰省 する こと  思い出し ます。イリナ  母語  真理  聞い たら 違う 反応  示す   しれ  ない  思い,帰省   リンダ  一緒  イリナ  訪問  まし た。イリナ は,聖書 研究  続け られる よう 助け  ください  毎晩 エホバ  祈っ  いる こと  リンダ  話し まし た。また,イリナ  ブルガリア  の『聖書  教え』の   よく 持ち歩い   まし た。道  エホバ  証人  見かけ   に,すぐ 見せる ため です。しかし,だれ   会え ませ  でし た。ようやく ブルガリア   文書  受け取る こと  でき,本当  喜び まし た。

リンダ  アレクサンドラ に,最初  訪問  なぜ イリナ   関心  ない  思っ    尋ね  ところ,首    振っ    関心  ない  判断     こと でし た。リンダ  微笑ん で,ブルガリア  は「いいえ」の       振り,「はい」の       振る  説明  まし た。こう  て,イリナ は,スウェーデン   話せる よう  なる まで,ブルガリア   研究  続ける こと  なり まし た。どの よう  でしょ  か。デルフィン  再び 連絡  取る こと  でき,今  ビデオ 通話  研究     ます。

父親  良い 手本

スペイン  住む ヘミマ は,子ども  ころ  真理  教え られ まし  が,7   時,生活  一変  ます。母親  エホバ  証人  いる     なり,父親  離婚    です。ヘミマ  13   なる と,エホバ  証人  交わる   やめ,父親 から  霊的  援助  一切 拒否 する よう  なり ます。

成長 する  つれ,民衆  ため の“公正”を 求め て,社会 運動  政治 運動  参加 する よう  なり ます。しかし その 後,仕事  なかっ  時,父親  ドミンゴ から,一緒  塗装  仕事   ない   誘わ  ます。

ある 日,2   仕事    いる と,父親 から 聖書 研究  勧め  られ まし た。ヘミマ  断わり まし  が,関心  持っ  なら 伝える  言い まし た。父親  仕事   ながら,聖書  雑誌  朗読  聴い   まし  が,娘  イヤホン  ポップ  ミュージック  聴く ほう  好み まし た。

2012  11 月,再婚     父親  ドミンゴ が,「クリスチャン  夫婦  ため  聖書 学校」に 招待   ます。ヘミマ は,父親  学校  2 か月  出席   から,すべて       て,遣わさ   場所  どこ    赴く こと  感銘  受け まし た。そして 初めて,父親    どれ ほど 深く 真理  根づい  いる   気づき まし た。それ  どうして    知り たい  思い まし た。

ヘミマ  ポップ  ミュージック  流す   やめ,父親  よう  聖書  雑誌  朗読  聴く よう  なり ます。そして 質問  する よう  なり ます。ある 日,ドミンゴ  はしご    ペンキ  塗っ  いる と,ヘミマ  こう 言い まし た。「お父さん,聖書 研究 する   なっ たら 教える って   言っ   覚え  る? 今 やる気    けど」。

それ  聞い  ドミンゴ  とても 喜び まし た。2013  1  から  2  研究  する よう  なり,4   聖書 学校  始まる と,ビデオ 通話  研究  続け まし た。ヘミマ  父親  卒業   出席 し,プログラム  楽しみ まし た。2013  12  14 日,ヘミマ  バプテスマ  受け まし た。

ヘミマ  こう 言い ます。「エホバ  わたし  こと  とても 辛抱   くださり,わたし  見捨て ませ  でし た。そして,この   決して  られ なかっ      与え  ください まし た。世界   兄弟 関係  よっ て,エホバ  偉大    対する 感謝  気持ち  いっそう 深まり まし た」。

 敬意  

2014  3  30 日,ロシア  長年 ベテル 奉仕  行なっ  いる ワシーリー  いう 兄弟  支部  近く  文書 カート  用い  証言  行なっ  いる と,パトカー  近づい   まし た。車 から 警察      て,近所 から 苦情  寄せ られ  いる   証言 活動  やめる よう,丁寧  口調  言い まし た。別  警察   その 様子  ビデオ  撮っ   まし た。兄弟 は,自分  権利  主張 する より,指示  従う   最善   思い まし た。かなり 大勢  通行     止め て,様子  うかがっ    から です。それで,その   立ち去り まし  が,2  後,警察     会見  申し入れる  受理   まし た。会見  兄弟  署長 に,警察  地域  ため  行なっ  いる 重要  奉仕  対し,また 2    警察   丁寧  態度  対し  感謝  述べ まし た。すると 署長  部下  ほう  向い て,こう 言い まし た。「32   警察  勤務   いる が,我々  仕事  感謝   くれ    初めて だ」。話し合い   で,署長 は,エホバ  証人  活動  全く 合法   ある こと  理解 できる よう  なり まし た。ワシーリー  署長 から,権利  ある こと  分かっ     に,証言  やめる よう    命令  なぜ 抗議  なかっ   か,と 尋ね られ まし た。兄弟  こう 答え まし た。「わたし  警察  敬意  抱い   ます。大勢  通行    で,警察  法律  知ら ない  非難   なら,それら   たち  どんな 印象  与え  でしょ  か」。署長  部下  感心 し,これ から  文書 カート  用い  活動  行なっ   全く 問題 ない  保証  まし た。

^ 2節 フィンランド  は,“:(コロン)”は 割り算  記号     使わ    ます。