アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2015 エホバの証人の年鑑

百年前の年 ― 1915

百年前の年 ― 1915

 「今  試み    ある。我々  活発  奉仕      は,西暦 1914   輝かしい 変化  経験  たい  いう 理由 だけ  ため だろ  か,それ       伝え  音信,及び 兄弟 たち  対する   忠節  ため だろ  か」。これ は「ものみの塔」1915  3  1  号(英語)に 載せ られ  言葉 です。1915 年,一部  聖書 研究  たち  失意  闘っ   まし た。しかし,世  大半  人々 は,別  種類  戦い     まし た。

     世界 大戦    知ら れる よう  なっ た“大 戦争”は,ヨーロッパ  呑み込ん  ゆき まし た。機械     戦い  より,戦争  姿  大きく  変わり し,前例  ない 規模  民間   巻き込み まし た。例えば,1915 年,英国 周辺 水域  航行  始め    U ボート つまり ドイツ  潜水  が,5  7   英国 客船 ルシタニア  撃沈 し,1100   超す 犠牲    まし た。

中立  問題

聖書 研究   戦争  関与 する こと  望み ませ  でし  が,当時,クリスチャン     厳正 中立  立場  関し  十分 理解    ませ  でし た。それで,進ん  入隊 する こと  なかっ  もの の,兵役   応じ,非 戦闘      任務  就く よう 努め     まし た。また,前線  送り込ま   なら,「敵  頭上  目がけ  撃っ   差し支え ない」と 考え   たち   まし た。

「ものみの塔」1915  7  15   に,ある ハンガリー  兵士  経験  掲載   まし た。その 兵士  戦場  負傷 し,けが  回復  待っ      バプテスマ  受け まし た。その 後,再び 前線  送り込ま  ます が,どんな こと  起き   か,記事  こう 述べ   ます。「彼ら[ハンガリー  兵士 たち]は ロシア  戦列  800 ㌳[約 250 ㍍]の  まで 近づく と,『銃剣 突撃!』の 命令   た。ハンガリー   兄弟   部隊 左翼  一番    た。敵 から   守る こと だけ  考え    兄弟 は,相対し  ロシア    から 銃剣  たたき落とそ    た。その 時,相手  同じ こと   よう    いる こと  気づい た。……ロシア  兵士  自分  銃剣  地面  落とし,泣い   た。兄弟  その“敵”を よく 見る と,何  上着  は“十字架  冠”の 飾り ピン  着い   た。その ロシア  も,主  ある 兄弟 だっ   だ」。 *

「ものみの塔」1915  9  1   に「クリスチャン  義務  戦争」と いう 記事  掲載   まし た。クリスチャン  中立  つい  扱わ   その 記事  は,こう 述べ られ   まし た。「軍隊  一員  なっ  軍服  着用 する こと は,兵士     務め  義務  認識  受け入れ  いる こと  示し  いる。……そう   状況    置く こと は,クリスチャン    いかが  もの だろ  か」。やがて,クリスチャン  戦争   決して 関与  ない,と いう こと  明らか  なり まし た。

本部  行なわ   調整

1915 年,ニューヨーク  ベテル 家族  成員 70  は,資金  不足   いる ため,ベテル    野外   奉仕  続ける よう    手紙  受け取り まし た。こう 述べ られ   まし た。「我々  負債  抱え たり  全体  危険  さらし たり する よう  こと   べき   あり ませ ん。従っ て,あらゆる   出費  抑える 決定  なさ  まし た」。

「ものみの塔」1915  5  1    は,クレイトン  J  ウッドワース    2   兄弟  署名  付さ  た「去り行く 70 人」から  共同  手紙  掲載   まし た。手紙  は,自分 たち は,喜び  ベテル 家族  成員    経験   数多く  祝福  特権  対する 感謝  気持ち  もっ  ベテル    行く,と 述べ られ   まし た。

 この 奉仕  割り当て  変更 は,難しい もの でし た。しかし,兄弟 たち      忠節  示し  いる   明らか  する 機会  なり まし た。神  忠実  あり 続ける でしょ  か。それ   苦々しい 気持ち  なる でしょ  か。ウッドワース 兄弟  宣べ伝え 続け,後  ベテル  戻り ます。そして 1919  に,現在「目ざめよ!」誌    知ら れる「黄金 時代」誌  最初  編集   なり まし た。兄弟  1946  まで 編集     奉仕  まし た。

奉仕  機会

その 多難     ずっ と,「ものみの塔」誌  兄弟 たち  宣べ伝え 続ける よう   勧め まし た。以前 関心  示し   たち に,特別  注意  向け られ まし た。1915  12  15      よう  述べ   ます。「全国 各地 から,はがき  文書  注文   人々  リスト  ある。……それら    訪問  て,関心    それ   ない  どう か……を 確認 する よう 勧める」。訪問  目的 は,人々  関心,つまり   真理  対する 熱意 を「燃え立た せる」こと でし た。

現在  同じく,当時  クリスチャン  王国  関心事  焦点  合わせ 続ける こと  重要 でし た。「ものみの塔」1915  2  15   は,「今 目覚め  いる  たち は,神   奉仕  おい  非常  活発 かつ 精力   ある 必要  ある」と 述べ   ます。神   たち  警戒   いる 必要  あり まし  が,「ものみの塔」は こう 続け   ます。「我々  見張っ  いる べき  ある。何  見張る  だろ  か。何 より も,今  時代    かから ない よう,自分 自身  見張る べき  ある」。

1916   年句 は,「ジェームズ  欽定 訳」(英語)の ローマ 4  20   基づく もの で,兄弟 たち に「信仰  おい  強さ」を 保つ よう 勧め   ます。これ から 数々  試練  直面  よう      忠実  兄弟 たち  励ます 聖句  なり まし た。

^ 4節 聖書 研究       間,自分  身分  示す しるし   て,十字架    バッジ  着け   まし た。その 標章  長年,「ものみの塔」誌  表紙      まし た。しかし 1930 年代 初め,エホバ  証人  十字架    標章  使用  やめ まし た。