内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 全地宣べ伝え教える

オセアニア

オセアニア
  • 地域 29

  • 人口 3,950万8,267

  • 伝道者 9万6,088

  • 聖書研究 6万3,333

「意味分かるようなっからです」

ろう者聖書研究フリーダは,司会姉妹一緒パプアニューギニア最初手話会衆移れる,と聞いとても喜びました。その会衆201331設立ました。フリーダ集会内容以前よりずっよく理解できるようなっ感じます。出版なくステージて,手話する兄弟姉妹 手話ビデオ思い集中できるからです。本人驚いことに,これまで内気なかなかできなかっ注解を,今できるようなっます。20134は,バプテスマ受けない伝道なり,集会来るようろう者たち助けます。集会中,フリーダからこぼれることよくあります。どうして尋ねられて,こう答えました。「意味分かるようなっからです」。

知らない

オーストラリアで,野外奉仕グループ向かっバーバラは,再訪問メモ持っどう確認ようと,歩道寄せ停車ました。すると,いきなりドア開き,女性乗ろました。

「すみません。どなたお間違えないですか」とバーバラ言います。

女性は「ごめんなさい。迎えくれ思いました」と答えます。そして姉妹の「ものみの塔」と「目ざめよ!」をこう言いました。「だいぶ前,聖書教えくれから,よくこの雑誌いただきました」。バーバラ喜ん雑誌渡し,後女性聖書研究始まりました。

“神様から手紙”

ニュージーランド: バイオレット手紙よっ大勢真理伝えいる

バイオレットは,ニュージーランドクライストチャーチ住む82姉妹で,体弱く,あまりられません。でも,近く 老人ホームホスピスに,定期手紙聖書文書送っます。家くれる看護手紙届けくれるです。看護よると,施設高齢たちそれを“神様から手紙”と呼んで,心待ちます。手紙文書読ん交換合ったり,目悪い読ん聞かたります。また,手紙文書読むは,読まないより,穏やか前向き仲良くできることです。バイオレット自分証言ついて,こう言っます。「人々助けるためエホバわたし 用いくださっいる感じます。真理こう伝えられ本当うれしいです」。

最初バラつい読ん

「これ,もう読みました」。ある土曜朝,サイパンで「ものみの塔」誌最新紹介バーニーは,思いがけずからそう言わました。そのバーナデットいう大学でした。バーニーは,どうやっ読んだろ思いながら,かばんから雑誌出しました。でも,「それ読みました」とバーナデット言います。どうしてだろ思い,こう尋ねます。「どこ読んですか。あなたエホバ証人で,休暇ここいるですか」。すると,エホバ証人なく,雑誌インターネット読んことです。バーナデットある日,花つい情報探して,「バラ」と打ち込んところ,検索結果あった「魅惑バラ ― アフリカから」という記事興味引かました。それは,エホバ証人ウェブサイト載った「目ざめよ!」の記事でした。記事面白かっで,そのサイトもっとみることました。最初植物動物記事ましが,やがて聖書つい興味深い情報ある気づきました。この聞いて,バーニー無料家庭聖書研究勧め,次訪問で「聖書実際教えます」の渡しました。3訪問は,1から話し合えました。約1201211月,バーナデットバプテスマ受けました。こう急速進歩で,友人たちよく,バーナデット真理と“ばったり出会った”と言います。ウェブサイトおかげで,よいスタート切れです。