アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 全地  宣べ伝え  教える

アジアと中東

アジアと中東
  •   地域 47

  • 人口 42億8,217万8,221 

  • 伝道 者 67万4,011 

  • 聖書 研究 67万2,318 

見る こと  聞く こと  話す こと  でき ない   援助 する

1999 年,日本  神戸  手話 会衆 は,裕史  いう ろう者  男性  いる こと  知り ます。一   兄弟    訪ね まし  が,母親  裕史  会わせ  くれ ませ  でし た。兄弟     訪問   お願い する と,ついに 玄関  裕史  連れ    くれ まし た。現われ   裕史 は,髪  ぼさぼさ で,ひげ  伸び 放題 で,無人  から 何十  ぶり        よう でし た。表情  全く あり ませ ん。耳  聞こえ ない だけ  なく,目  見え ませ  でし た。兄弟  驚き まし  が,裕史    取っ   手話  試み まし た。でも   反応  あり ませ ん。31     視力  失い,それ から 10     閉じこもり,だれ   コミュニケーション  取ら      です。

  後,兄弟  再び 訪問 する と,母親  驚い  様子 でし た。裕史  こと    兄弟  あきらめる だろ   思っ    から です。裕史  会わせ  ください  お願い する と,連れ    くれ まし た。その  1 か月 ほど 訪問  続け まし  が,裕史  反応  ない まま で,母親 から 迷惑  から もう  ない  ほしい  言わ  まし た。それでも 兄弟  あきらめ ませ  でし た。お菓子  持っ  行っ たり   気遣う よう     です。しかし 2 か月 たっ   相変わらず  反応 で,兄弟  もう だめ   しれ ない  思い まし た。

兄弟  最後  もう 一度 行っ  みる こと   まし た。家  訪ねる  に,訪問  続ける べき  どう   はっきり 分かる よう    ください,と エホバ  祈り まし た。家  着く と,裕史    取っ  手話  し,この よう  伝え まし た。エホバ  いう     おら れ,その   あなた  こと   から これ まで ずっ     て,だれ より  あなた  苦しみ  理解    ます。エホバ   あなた  こと  気遣い,今  状況 から 救い たい  願っ  おら  ます。だから こそ わたし  あなた  出会う こと  でき   です。裕史  最初,反応  ませ  でし  が,やがて 兄弟    握る   強く なり,一筋      伝い まし た。それ    兄弟  涙し まし た。聖書 研究  始まり まし た。

11  研究  続け  ころ,裕史  それ まで 長い 距離  移動   交わっ    手話 会衆 から,近く  会衆  移り まし た。その 会衆   手話  できる       ませ  でし  が,1    うち  22   兄弟 姉妹  手話  学び,裕史  助け られる よう  なり まし た。2012  1 月,裕史  神権 宣教 学校  初めて 割り当て  果たし まし た。裕史  する 手話      通訳   まし た。そして 10    バプテスマ  受け   ない 伝道   なり まし た。

警備  たち   研究

フィリピン  開拓  フローレン は,いつも 25  ほど  聖書 研究  司会    ます。その ほとんど  警備  で,夜  働く   多く,一   働く    ます。その ため 兄弟  研究   予定  合わせ なけれ  なり ませ ん。警備  たち  職場  行き,休憩   など 仕事  妨げ  なら ない 時間  研究    ます。夜  7  から 11     研究 する   いれ ば,朝  5  から 9     する    ます。また,シフト  交替 時間  少し   着く よう  する こと  あり ます。そうすれば,まず 勤務    と,次  勤務  終え    研究 できる から です。フローレン  こう 言っ   ます。「たくさん  研究    て,楽しく  仕方 あり ませ ん」。研究      王国 会館   集会  出席   いる    ます。一   すでに バプテスマ  受け,正規 開拓     奉仕    ます。

フィリピン: 朝早く,聖書 研究  司会 する フローレン

思い切っ  会お    

アルメニア で,ある   日,二   姉妹  伝道   いる と,道端      親子  いる   見つけ,パンフレット  渡し まし た。すると 驚い  こと に,マルシャ  いう 母親 は,エホバ  証人  会い たい  思っ   天候  中,娘  エバ  2 時間    た,と 言い まし た。なぜ でしょ  か。マルシャ    刑務   いる 間,中立  ゆえに 服役     兄弟 たち から 真理  学び まし た。マルシャ は,兄  無情  乱暴    なっ  出所    くる  思っ   まし  が,むしろ 落ち着い  穏やか    なっ  帰っ   まし た。兄  その   エホバ  証人  交わる こと  より,さらに 変化  遂げ まし た。こう   こと  マルシャ    とっ  理解  がたい こと でし た。町中  ポスター  テレビ 番組  エホバ  証人  つい   批判           から です。娘  エバ  こう 考え まし た。「今  伯父さん  とても いい   わ。なのに どうして エホバ  証人  こんな  悪く 言わ   いる   しら」。答え  出し たい  思い,母親  こう 言い まし た。「思い切っ  会っ   ない 限り,この  たち  つい     分から ない わ。今 から エホバ  証人  探し  行っ て,はっきり   ましょ う」。そう いう わけ で,二       待っ     です。二  後,聖書 研究  始まり まし た。二    集会  出席 する よう  なり,進歩   バプテスマ  受け   ない 伝道   なっ   ます。

子ども たち  持っ    雑誌

トルコ  イスタンブール: 街路 証言 で「良い 知らせ」の ブロシュアー  使っ  いる

トルコ  アダナ  住む ある 女性 は,自分  家族  大きな 問題  経験 し,自殺  考え  こと  あり まし た。ある 時,玄関   エホバ  証人  雑誌  2  見つけ まし た。どうやら 近所  子ども たち  地面  落ち    雑誌  気づき,その 女性  もの   思っ  玄関   置い  よう です。女性  雑誌  ライフ  ストーリー  とても 感銘  受け,自分  人生  同じ よう  変わっ  ほしい  思い まし た。雑誌  書き込ん  あっ  電話 番号  かけ,近く  住む 開拓   姉妹  連絡  取り まし た。聖書 研究  始まり まし た。女性  良い こと  学べ   思い, 集会   行っ   たい  言い まし た。王国 会館  自宅  アパート  近く でし た。集会  すぐ  出席 する よう  なり,今  そう    ます。

10   留置      気持ち  変わら なかっ 

ネパール  バム  警察  で,教会  通っ   まし た。ある 日,勤務   道端  特別 開拓   夫婦  出会い まし た。二   どんな 質問   聖書 から 答え   で,感心  まし た。聖書 研究  応じ,ま  なく 集会  出席  始め ます。研究  進む  つれ,仕事  関し  良心  痛む よう  なり,上司  事務    仕事  変え  くれる よう 掛け合い ます。武器  持た なく  済む 仕事  から です。上司  認め  くれ まし た。しかし バム  地域 大会  出席 する と,再び 良心  痛み 始め,警察   仕事  辞める 決意   まし た。

バム    この 決断  喜び ませ  でし た。警察    から 尊敬  れる 仕事 で,給料  よく,優遇  受け られ,年金  高い から です。考え直さ  よう   て,妻  こう 言い まし た。「警察  続け  くれれ ば,エホバ  証人  研究    いい わ」。それ  通じ ない と,今度  警察  上官  バム  留置   入れる よう 願い出 ます。気持ち  変わる こと    期待  まし  が,バム  10    釈放     も,別  仕事  探す 決意   まし た。結局,リキシャ  運転 する 仕事  就き まし た。炎天    時間 働か なけれ  なら ない 仕事 です。大変   あり ます が,バム  幸せ でし た。霊的  進歩  続け,伝道   なり まし た。やがて,妻  反対  なく なり,会衆  兄弟 姉妹 から 親切   示さ れ,研究  始め まし た。バム  家族  しっかり 養い 続け  おり,警察    より 収入  多く なっ   ます。2013  2   大会  バプテスマ  受け,妻  息子  集会  出席    ます。

ネパール: バム  仕事  変える と,家族 みんな  霊的  進歩  

補助 開拓 奉仕   たい

韓国  姉妹 ミョンヒ は,2     患っ  まひ  ため,片方    障害  あり ます。その ため 疲れ やすく,転倒 する こと  あり ます。加え て,度々 起こる パニック 発作     作用   耐え なけれ  なり ませ ん。呼吸 困難  なる こと や,緊張  不安  苦しむ こと  あり ます。それでも ミョンヒ  補助 開拓 奉仕   たい  思い,ここ 2 年間 ほぼ 毎月 行なっ   ます。宣教  行なう   エホバ  与え  くださる こと  感謝    ます。

「30   この   探し     です よ」

インドネシア  宣教  アグネス は,妊娠   中年  女性  証言     まし た。女性  地元  市場  野菜  売っ  おり,エホバ  証人  雑誌  読む   好き で,忙しく ない    聖書  話し合い   喜ん  応じ まし た。ある 日,アグネス  市場  会い  行く と,女性   ませ  でし た。夫  言う  は,少し   出産     こと でし た。そこで 訪ね  みる こと  し,プレゼント   て「わたし  聖書 物語  」を 包装   持っ  行き まし た。女性 は,赤ちゃん      くれ  こと  とても  喜び まし た。しかし もっと 喜ん   は,渡し  プレゼント でし た。包み  開け,驚き  様子      こう 言い まし た。「どこ  見つけ   です か。30   この   探し     です よ。いろんな 本屋 さん  行き,みんな  聞い   です が,どこ   売っ   なく て,だれ  知り ませ  でし た。こんな  いい   ほか  ない  です」。女性  よる と,昔,叔父さん が「聖書 物語」の   持っ   て,子ども  ころ,それ  読む   大好き だっ   です。こう  て,女性  再び その   読める よう  なり,いちばん     楽しく 読ん   ます。二    聖書 研究  始まり まし た。

インドネシア: アグネス  この   プレゼント