内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 シエラレオネギニア

1991‐2001年 「苦悩の溶鉱炉」― イザ 48:10(第2部)

1991‐2001年 「苦悩の溶鉱炉」― イザ 48:10(第2部)

ベテル襲撃れる

19982月,政府西アフリカ諸国経済共同監視団(ECOMOG)の軍隊が,反政府フリータウンから排除するため,全面攻勢ます。悲しいことに,激しい戦闘さなか炸裂榴散よって,兄弟亡くなりました。

150ほど奉仕キッシーコクリル宣教ホーム避難ました。ベテル夜警うちラディーサンディーこう述べます。「夜遅く,フィリップトゥーレイ警備いると,武装RUF兵士現われ,ロビーガラスドア開けるよう要求ました。わたしたちすぐ安全場所移動すると,二ドア撃ちました。でも持ちこたえました。結局,ガラス撃つことず,いら立っ様子で,立ち去りました。

「二夜,兵士たちは,血気はやる武装仲間20ほど引き連れ再びやっました。わたしたちすぐベテル家族知らせ,地下作っおい避難場所急ぎました。真っ暗中,72大きな恐怖おびえながら潜めました。兵士たち建物侵入ようと,何発砲溶かししまいました。『エホバ証人やつら見つけろ! のどかき切っやれ!』というどなり声聞こえました。兵士たち建物荒らし回る間,わたしたちじっうずくまっました。7時間後,ついに彼らけりつけ,帰っ行きました。

「わたしたち荷物まとめ,コクリル宣教ホーム走っ行きました。以前ベテルホームだっ場所で,道少し 上っあります。行く途中,兵士たちグループ奪わました。宣教ホーム着い恐怖震えましが,命あること感謝ました。数休ん後,ベテル戻り,荒らさ建物片付けました」。

2か月後,ECOMOG軍隊都市制圧ます。それより,宣教たちギニアから戻れるようなりました。といえ,長くとどまれないことを,その知るありませでした。

皆殺し作戦

8か月199812ことです。フリータウンナショナルスタジアムで「神道」地域大会開かれ,数百プログラム楽しんました。しかし突如,低いとどろき,丘から立ち上ります。反政府戻っです。

その後,フリータウン状況悪化ます。支部委員小型飛行チャーターし,宣教12人,外国ベテル奉仕8人,建設奉仕5コナクリ避難ます。3199916日,反政府は「皆殺し作戦」と呼ぶ殺戮始めます。この恐ろしい侵略より,フリータウン壊滅し,およそ6,000民間殺さます。反政府手当たり次第人々手足切断し,何百子ども連れ去り,何千建物破壊ました。

とても慕わ兄弟,エドワードトビー残忍仕打ち受け殺害しまいました。精神負っ奉仕たち200以上ベテルコクリル宣教ホーム寝泊まりました。自宅潜めたちます。都市東端あるキッシー宣教ホーム避難証人たちましが,そこで,緊急必要なりました。しかし都市横断届ける 極めて危険です。だれ行くでしょか。ベテル勇敢夜警ラディーサンディーフィリップトゥーレイすぐさま買っます。

フィリップこうます。「都市混乱状態ありました。幾つ検問政府兵士配置れ,人々蛮行働いました。厳重外出禁止より,日中わずか時間しか移動できませでした。ベテルから後,やっとキッシー宣教ホーム到着ましが,そこ荒らされ,火焼かました。

「周囲見回ると,アンドリューコルカーいう兄弟見つけました。ぞっするよう負っました。兵士たち縛ら殴らものの,奇跡免れ,逃げ です。わたしたち急い病院担ぎ込みました。兄弟そこで徐々回復し,その正規開拓なりました」。

(左から右)ラディーサンディー,アンドリューコルカー,フィリップトゥーレイ

クリスチャン中立立場取るいう評判おかげで,死けが免れ証人たちます。ある兄弟こう述べます。「兵士たちから,白いバンダナ巻い踊り,彼ら主張支持するよう求められました。『やらないと,手切り落とす殺すか,どっぞ』と言わました。妻わたし恐怖駆らながら寄り,無言エホバ助け祈り求めました。すると,追い詰められわたしたちて,反政府支持する近所若者が,兵士隊長言いました。『彼我々の“兄弟”です。政治かかわりません。代わりわたしたち踊ります』。兵士それよしとし,立ち去っで,わたしたちすぐ戻りました」。

そのうち都市不気味静けさ漂うようなり,兄弟たち用心ながら集会野外奉仕再開ます。検問エホバ証人あること示すため,大会バッジ着けました。そして,そこ出来る長い並ぶ際,巧み聖書つい会話始めました。

都市枯渇ため,英国支部から200カートン救援物資送らます。コナクリからフリータウン物資空輸ビリーカウアンアランジョーンズ付き添い,幾つ検問通過ました。ベテル物資着いは,夜間外出禁止時間入る直前でした。ほかも,ジェームズコロマ遣わされ,コナクリから聖書文書その他必需運びました。そう霊的食物ボーケネマ孤立奉仕届けられました。

救援物資フリータウン到着する

199989日,コナクリ宣教たちフリータウン 戻り始めます。翌年,英国遠征政府フリータウンから締め出します。しばらく戦闘散発生じましが,20021月,戦争終結宣言ます。11及ぶ戦闘より,5万殺され,2万失い,30万破壊れ,120万退去余儀なくされました。

その間,エホバ組織どのよう進展でしょか。エホバ保護祝福確か経験ました。戦争中,約700バプテスマ受けました。何百証人たち戦闘地域離れなけれなりませでしが,シエラレオネ伝道50増加ました。ギニア300以上増加ありました。何より,証人たち忠誠貫きました。「苦悩溶鉱炉」のただ中で,クリスチャン揺るが一致示し,「たゆみなく教え……良いたより宣明続けた」のです。―イザ 48:10。使徒 5:42