アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 シエラレオネ  ギニア

1991‐2001年 「苦悩の溶鉱炉」― イザ 48:10(第1部)

1991‐2001年 「苦悩の溶鉱炉」― イザ 48:10(第1部)

 内戦

1980 年代  は,社会   政治   経済  問題  火種  なり,西 アフリカ 全土  紛争  生じ まし た。隣国 リベリア  戦禍  被る と,多く    シエラレオネ  逃げ   まし た。支部  避難     証人 たち  住める よう   王国 会館  提供 し,兄弟 たち  世話  行ない まし た。

避難   とっ  苦難   でし  が,ほほえましい エピソード  あり ます。長年  宣教  イゾルデ  ローレンツ  こう   ます。「お父さん  頼ま       王国 会館  裏手  やっ   まし た。そこ  支部  所有  で,男      設け られ    食べ物  温め まし た。お父さん    戻る と,今日  食事  でき ない  伝え ます。どうして   尋ね られ て,こう 言い まし た。『だって 今日 はね,エホバ  ライオン   から ぼく  助け  くれ    もん』。何  起き    いう と,食べ物  持っ  帰る 途中,支部  飼っ  いる 大きな シェパード   ロボ  出くわし   です。ロボ  危険     あり ませ  でし  が,男    襲わ れる  では  思い まし た。手  できる 限り 伸ばし  食べ物    差し出し,逃げ よう   まし た。ロボ  もちろん   もらっ   思い,喜ん  食べ まし た」。

リベリア   武力 紛争  シエラレオネ   国境  まで 及び,1991  3  23 日,その  11  続く こと  なる 内戦  勃発  ます。革命 統一 戦線(RUF)と いう  政府 勢力  あっと いう   カイラフン   コインドゥ  攻め 進み,地元 住民  大半  ギニア  避難  ます。その     120   兄弟 姉妹   まし た。反 政府   来る  に,リベリア から シエラレオネ  避難   証人 たち  大勢  まし た。

当時  支部 委員   調整  ビリー  カウアン  こう 述べ   ます。「数 か月  わたり,おなか  すかせ 憔悴 しきっ  兄弟 たち  まとまっ     フリータウン  ベテル  やっ   まし た。言葉  なら ない 残虐 行為    し,野草  食べ  飢え  しのい      多く  まし た。わたしたち  すぐ  食べ物  着る   与え,一緒    家族  関心  ある   世話  まし た。地元  兄弟 姉妹  寛大  避難   自宅  招き入れ まし た。避難     証人 たち  すぐ  野外 奉仕  忙しく 行なう よう  なり,会衆  貢献  まし た。ほとんど    やがて 移動  まし  が,ここ  いる 間,わたしたち  強め  くれ   です」。

シエラレオネ   11   内戦  続い 

慰め  希望  与え られる

支部 は,ギニア 南部  難民 キャンプ  いる 証人 たち  ため,食料,薬,建築 資材,工具,調理 器具  供給  まし た。フランス から  大量  衣類  寄付  送ら  まし た。ある 父親  こう 書い   ます。「うち   たち  歌っ  踊っ  エホバ  賛美    まし た。集会    行く 新しい   もらえ   です」。こんな  おしゃれ      初めて,と 言っ  兄弟 姉妹   まし た。

しかし,避難      たち   物資 以上  必要  もの  あり まし た。「人 は,パン だけ  よら ず,エホバ   から 出る すべて  ことば  よっ  生き なけれ  なら ない」と イエス  言っ  とおり です。 マタ 4:4)支部  聖書 文書  送り,大会  通常 どおり 開き まし た。開拓   旅行 する 監督  避難   もと  遣わさ  まし た。

巡回 監督  アンドレ  バート  ギニア  クンドゥー  訪問   時,難民 キャンプ  係官 から,避難   聖書  講話     どう   言わ  まし た。そこで 50  ほど   に,詩編 18   基づく「エホバ  もと  避難 する」と いう    まし た。話  終わる と,年配  女性  立ち上がっ  こう 言い まし た。「話  聞い  本当    温まり まし た。お米   問題  解決 でき ませ  が,聖書    希望  置く こと  教え  いる  です ね。慰め  希望  与え  くださっ  本当  ありがとう ござい ます」。

宣教   ウィリアム  スローター    クラウディア  ギニア  ゲケドゥ  割り当て られ  時,100  以上  難民 から なる 会衆    燃え   まし た。(ロマ 12:11)ウィリアム  こう   ます。「多く  若い 兄弟  霊的  意欲  でし た。神権 宣教 学校  割り当て  果たせ ない   いる と,進ん  代わり  申し出る 若い 兄弟  10  から 15    まし た。たくさん    グループ  分かれ  熱心  伝道  出かけ まし た。そう   熱意 ある 若者 たち は,やがて 特別 開拓   旅行 する 監督  なり まし た」。

紛争  さなか  建設

内戦  始まっ    ない ころ,フリータウン  兄弟 たち  ウィルキンソン  ロード 133 番地 に,0.6 ヘクタール  土地  購入  まし た。支部 事務  から   数百 メートル 下っ    ある 土地 です。アルフレッド  ガン  こう 述べ ます。「そこ  新しい ベテル  ホーム  建て たい  思っ   まし  が,戦争  こと  心配 でし た。その  ころ 統治   ロイド  バリー  訪問  受け     で,気がかり    話し まし た。する とこ  言わ  まし た。『戦争  こと  しり込み する なら,何  成し遂げ られ ませ  よ』。この 励まし  おかげ  勇気   て,計画  進め られ まし た」。

この プロジェクト  ため,大勢  兄弟 たち  働き まし た。12 か国 から 50  以上  奉仕   駆けつけ,地元  会衆   たち  喜ん  手伝い まし た。建設  始まっ    1991  5  です。建設  監督   トム  ボール  こう   ます。「人々  現場  造ら れる  品質  ブロック    感心  まし た。鉄骨  建物  現地  建物   大きく 異なっ   まし た。ですが,人々  もっと 感銘  受け   は,外国 から   白人  現地  黒人  一緒  仲良く 働い  いる 様子 でし た」。

1997  4  19 日,喜び    迎え まし た。いろいろ   から    たち  新しい 支部 施設  献堂   集っ   です。しかし 1 か月 後,5   わたっ  地方    残虐 行為  働い    RUF  フリータウン  攻め込ん   ます。

フリータウン 支部  建設  様子  現在  支部

フリータウン   戦い

ごわごわ    赤い ヘッドバンド    RUF 兵士  集団  フリータウン  押し寄せ,略奪  レイプ,殺戮  行ない まし た。アルフレッド  ガン  こう 述べ   ます。「非常  緊迫   状況 でし た。外国 から   宣教   ほとんど  すぐ  国外  退避  まし た。あと  ビリー  カウアン    サンドラ,ジミー  ホランド    ジョイス,わたし    キャサリン だけ  なり まし た」。

「とどまる こと  申し出  くれ  地元  ベテル 奉仕  たち    祈っ  から,退避 場所  急ぎ まし た。途中 で,酒  酔っ  恐ろしげ   政府  兵士 20  ほど  止め られ まし  が,雑誌  お金  渡す と,行か   くれ まし た。そして,重 装備   海兵    配置     安全  チェックポイント  たどり着き,1,000  以上  避難   合流 でき まし た。米軍  ヘリコプター  乗り込み,洋上  軍艦  運ば  まし た。船  士官 から   聞い  ところ  よる と,この   民間   退避 作戦  ベトナム 戦争    海軍  行なっ    最大 規模  もの だっ  よう です。翌日,ヘリコプター  ギニア  コナクリ  行き,そこで   支部 事務   開き まし た」。

  避難     退避 する アルフレッド  ガン    キャサリン

宣教  たち  不安  抱き ながら フリータウン から  知らせ  待ち まし た。ようやく 届い  手紙   こう あり まし た。「混乱  さなか  も,『王国 ニュース』第 35 号,『いつ    すべて    互い  愛する よう  なり ます か』の 配布  行なっ   ます。人々  よく   傾け  くれ ます。反 政府      研究 する   いる ほど です。わたしたち  伝道 活動  いっそう   入れる 決意   ます」。

巡回 監督    奉仕     ジョナサン  ムボーマ は,当時  振り返っ  こう 言い ます。「特別 一日 大会  フリータウン  開く こと   まし た。霊的  とても 励まさ れる プログラム だっ   で,ボー  ケネマ   出かけ,そこ   プログラム  提供  まし た。戦争  被害  受け  そう     兄弟 たち は,素晴らしい 霊的 食物   られ  エホバ  感謝  まし た。

「1997   終わり に,フリータウン  ナショナル  スタジアム  地域 大会  開き まし た。最終 日,反 政府   兵士 たち  スタジアム  入っ   て,退去 する よう 要求    まし た。わたしたち  プログラム  終わる まで 待っ  くれ ない   必死  求め まし た。長い 話し合い  後,彼ら  態度  和らげ,立ち去り まし た。1,000  以上  大会  出席 し,27   バプテスマ  受け まし た。危険  顧み  ボー まで   し,大会  もう 一度 楽しん  兄弟 たち   ます。本当  素晴らしく,感動   大会 でし た」。