内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 シエラレオネギニア

少年兵が正規開拓者に

少年兵が正規開拓者に

わたし16時,反政府兵士たちよっ無理やり入隊られました。麻薬アルコール与えられ,錯乱状態戦うことよくありました。何戦闘加わり,ひどく残虐ことました。とても後悔ます。

ある日,一年配エホバ証人バラック伝道やっました。たいていわたしたち兵士恐れ,嫌いましが,その証人聖書学ぶよう勧めくれました。集会招かで,行くことました。集会内容覚えませが,そこで受け温かい歓迎はっきり覚えます。

戦争激化すると,エホバ証人連絡取れなくなりました。そのころ,わたし重傷負い,治療ため政府支配地域送らました。戦争終わるに,政府支配地域逃げ込み,そこで,兵士武装解除動員解除社会復帰図る教育プログラム受けました。

霊的助け強く求めました。ペンテコステ集会行きましが,教会たちからサタン呼ばました。それで,エホバ証人探しはじめました。証人会うことでき,研究始め,集会出席するようなりました。自分犯し悪行つい兄弟たち打ち明けると,慰めなるイエス言葉読んくれました。「健康医者必要なく,病んいる必要です。……わたしは,義人たちなく,罪人たち招くためです」。―マタ 9:12,13

この言葉とても感動ました。聖書教えくれ兄弟に,持っ短刀渡し,こう言いました。「報復 守れるよう持っです。でも,エホバイエスわたし愛しいること知っで,もう持ったくありません」。

兄弟たちから読み書き教わりました。そしてバプテスマ受けて,正規開拓なりました。反政府兵士伝道すると,生き方改めこと尊敬いる,と言っくれます。わたし隊長だっ研究することできました。

兵士だっ時,3父親なりました。真理学んで,息子たち聖書教えたい思いました。うれしいことに,二こたえ応じました。一バプテスマ受けない伝道なり,長男補助開拓奉仕ます。