アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 シエラレオネ  ギニア

1945‐1990年 「多くの者を義に導」く ― ダニ 12:3(第4部)

1945‐1990年 「多くの者を義に導」く ― ダニ 12:3(第4部)

低い 識字   取り組む

1963   初め,ミルトン  ヘンシェル  シエラレオネ  2    訪問   に,支部  しばらく 取り組ん    課題    向け ます。低い 識字   対処 する ため,いっそう 努力  払う よう 勧め   です。

すでに 幾つ   会衆  英語  識字 クラス  開い   まし た。しかし ヘンシェル 兄弟  訪問 後,生徒 たち  母語  読み書き  教える よう  なり ます。クラス  2 つや 3   言語  設け  会衆  あり ます。識字 クラス  評判  呼び,国内  奉仕   3   1  参加  まし た。

1966 年,リベリア  兄弟 たち が,キシ   読み方  教える 挿絵 付き  小冊子  作り ます。リベリア 政府  役人 たち  その 教本  見せる と,役人  感銘  受け,無償  印刷   配布 する こと   まし た。教本  ギニア,リベリア,シエラレオネ  配ら れ,キシ   話す 大勢    読み書き  学ぶ   役立て まし た。後 に,教本    言語 グループ  ため  応用  れ,多く    それ  使っ  読み書き  できる よう  なり まし た。

シア      ひも  使っ  伝道  記録  取っ   

識字 クラス  読み書き  教える だけ  なく,霊的  進歩  助け まし た。バプテスマ  受け   ない 伝道  だっ  50   女性 シア  ンガラ    あり ます。シア  読み書き  でき ず,黒    ひも  使っ  伝道  記録  取っ   まし た。1 時間 伝道 する     ひも  結び目  1  作り,1   訪問  する    ひも  結び目  1  作る  です。しかし 識字 クラス  参加 し,宣教  記録  正確  付け られる よう  なり まし た。進歩   バプテスマ  受け,より 効果   伝道  たり 教え たり できる よう  なり まし た。

シエラレオネ  ギニア  は,現在   多く  会衆  識字 クラス  開か    ます。シエラレオネ  ある 政府 高官 は,支部 事務   兄弟 たち  こう 語り まし た。「皆さん は,聖書 教育 活動  加え,この 社会  人々  読み書き  教える  いう 立派  活動  行なっ  おら  ます」。

「石  叫ぶ」

様々  民族  多く      読める よう  なる と,翻訳  必要  大きく なり まし た。大半  民族  は,自分  言語  読める 一般  出版   なく,あっ   ごく わずか でし た。教育  受け    シエラレオネ   英語,ギニア   フランス   読め ます。では,母語  書か   聖書 文書  提供 する ため,何  できる でしょ  か。

1959 年,二   ギレアデ  宣教   パンフレット  小冊子  メンデ   翻訳  まし  が,この 2   限ら     配布    だけ でし た。10  後,「御国  この 良い たより」と「正義  新しい   待ち望ん  生活 する」と いう 小冊子  キシ   翻訳   ます。これら   3万  配布 され,聖書 研究  用い られ まし た。

1975 年,支部 は「ものみの塔」の 研究 記事  キシ   発行  始め ます。キシ   奉仕  たち  とても 喜び まし た。ある 兄弟   こう 書い   ます。「エホバ  わたしたち  ため  驚く べき こと  行なわ  まし た。わたしたち  皆,学校  行っ  こと  あり ませ ん。話す こと  でき ない   よう でし た。そんな わたしたち    は,キシ  の『ものみの塔』を   し,エホバ  偉大    つい  語れ ます」。(ルカ 19:40)ほか   幾つ   出版   キシ   翻訳   まし た。

  も,シエラレオネ  ギニア  ほとんど    英語  フランス   出版   読ん  おり,集会  それら  言語  開か    ます。しかし,地元  言語  出版   大幅  増え   ます。聖書 文書  いまや,ゲルゼ 語,キシ 語,クリオ 語,マニンカカン 語,メンデ 語,プラール 語,スス   入手 でき ます。「神  言わ れる こと  聞い て,いつ まで  生き つづけ  ください」と「神  言わ れる こと  聞い  ください」の ブロシュアー は,これら すべて  言語  入手 可能 です。こう   読み やすい 手引き   おかげ で,読解   限ら   多く   たち  聖書  素晴らしい 音信  理解 でき,感謝    ます。

支部 事務   建てる

1960 年代  初め,フリータウン  兄弟 たち  新しい 支部 事務   建設 用地  探し   まし た。ついに 1965 年,ウィルキンソン  ロード  面し  土地  取得  ます。海  見渡せる,都市  住宅      指折り  場所 です。

そこ  建てる  は,王国 会館  宣教  ホーム  事務   一つ  なっ  立派  建物 です。建設 中,ウィルキンソン  ロード  よく 渋滞  なり まし た。車 から 現場   よう  する   たくさん   から です。完成   建物  1967  8  19   献堂   まし た。300  近く  献堂   出席 し,中   地元  名士 たち や,1923   に“バイブル”・ ブラウン から バプテスマ  受け  長年  奉仕  たち   まし た。

フリータウン  支部 事務   宣教  ホーム(1965‐1997 年)

新しい 支部  建物  でき  こと  より,エホバ  証人  活動  多く    高く 評価 する よう  なり まし た。そして,エホバ  証人  シエラレオネ   続ける こと  ない だろ う,と 言っ  宗教 批評  たち   答え  出さ  まし た。新しい 建物 は,エホバ  証人  そこ  ずっ  居る こと  はっきり  告げ     です。

増加  貢献   熱心  宣教  たち

野外 奉仕 で,ぬかるん  田んぼ    通る 兄弟 姉妹

1970 年代 半ば から,ギレアデ  訓練  受け  宣教  たち  相次い  やっ   て,シエラレオネ  ギニア   活動  後押し  まし た。アフリカ      奉仕   経験  あり,すぐ  順応     いれ ば,初めて アフリカ       まし た。この“白人   墓場”で  生活  どの よう  慣れ  いっ   でしょ  か。何    コメント     ましょ う。

「人々  謙遜 で,霊的  飢え   まし た。そう    たち  真理  知っ  生活  変える    て,深い 満足   味わい まし た」。―ハンネロール  アルトミヤ。

「熱帯 特有  気候  病気  たいへん でし た。でも,エホバ  仕える よう   正直   たち  助ける 喜び  それ   比べもの  なり ませ  でし た」。―シェリル  ファーガソン。

「辛抱強さ  学び まし た。ある 姉妹 に,お客さん  いつ 来る    尋ねる と,『今日   しれ ませ ん。明日   しれ ませ ん。いや,あさって   しれ ませ ん』と 言わ  まし た。わたし  けげん  表情     でしょ う。姉妹 は『でも,必ず  ます』と 言い まし た」。―クリスティン  ジョーンズ

「民族  文化  違う 14   宣教   フリータウン  宣教  ホーム  一緒  暮らし まし た。2   トイレ,1   シャワー,1   洗濯 機,1   台所  共同  使い まし た。食べ物  限ら    て,質  よく あり ませ ん。突然 停電  なっ て,何   続く こと  あり まし た。ほとんど  マラリア など  熱帯   かかり まし た。悪い 条件  そろっ  いる   よう です が,わたしたち  一緒  生活  て,許し 合い,難しい    ユーモア  示す こと  学び まし た。伝道  とても 楽しく,宣教  たち  友情  固い   結ば  まし た」。―ロバート  ランディス  ポーリン  ランディス。

聖書 研究  司会 する ポーリン  ランディス

「わたしたち  人生     シエラレオネ   日々  特に 充実    まし た。何  後悔  不満  あり ませ ん。本当  良い 思い出  です」。―ベンジャミン  マーティン  モニカ  マーティン。

「ある 関心  ある 女性    泊め  もらっ  時,得体  知れ ない 食べ物     まし た。『これ,ヘビ です。毒牙  取っ  あり ます  で,どうぞ』。失礼  なら ない よう  断わり まし  が,それでも 勧め   まし た。こう いう 怖い 経験   まし  が,温か  もてなし  とても ありがたく,そんな 人々  大好き  なり まし た」。―フレデリック  モリッシー  バーバラ  モリッシー。

「43   わたる 宣教  奉仕   に,100  余り  宣教   生活     まし た。これ ほど 大勢    知り合う こと  でき    本当  大きな 特権 です。みな 個性  違い ます が,同じ 目標  持っ  奉仕   いる  です。神    働く   なり,人々  聖書  真理  受け入れる   見る こと  でき   は,何  いう 喜び でしょ う」。―リネット  ピータース。

「神    働く   なり,人々  聖書  真理  受け入れる   見る こと  でき   は,何  いう 喜び でしょ う」

1947  以来,シエラレオネ   154 人,ギニア   88   宣教   奉仕    まし た。必要  大きな   奉仕 する ため  やっ      証人 たち  たくさん  ます。現在,シエラレオネ   44 人,ギニア   31   宣教    ます。その 粘り強い 努力  献身   奉仕 は,大勢    生き方  感化  与え   まし た。支部 委員   長年 奉仕   いる アルフレッド  ガン  こう 言い ます。「彼ら  つい  思う 時,本当  温か  気持ち  なり ます」。