アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 シエラレオネ  ギニア

1945‐1990年 「多くの者を義に導」く ― ダニ 12:3(第3部)

1945‐1990年 「多くの者を義に導」く ― ダニ 12:3(第3部)

ポロ  立ち向かう

最初  攻撃 は,コインドゥ  近く    起き まし た。そこ   男性  グループ  聖書  学び,集会  定期   出席    まし た。キシ   多く  男性  同様,その  たち は,心霊   かかわり  深い ポロ  いう 秘密 結社  属し   まし た。シエラレオネ  奉仕   ギレアデ 卒業   宣教  ジェームズ  メンサ  こう 説明    ます。「聖書 研究   悪霊   儀式  参加 する   拒む と,ポロ    激怒  まし た。頭  取り巻き たち  研究  たち  殴打 し,持ち物  奪い,家  焼き払い,鎖  縛っ  草むら  置き去り    餓死   よう   まし た。大 首長  ポロ  メンバー  あおり立て   です。こう   仕打ち  受け  も,研究  たち  堅く 立ち まし た」。

コインドゥ  兄弟 たち  警察  通報 する と,ポロ    仲間 たち,そして  首長  逮捕   まし た。その  裁判  かけ られ,厳しく とがめ られ ます。大 首長  1  近く その 立場 から 退かさ  まし  た。この 法的 勝利  広く 知ら れ,新しい  たち  集会  行き やすく なり まし た。後 に,大 首長    入れ替え,真理  関心  示す よう  なり ます。近く  巡回 大会  開か     は,出席  たち  泊まる 場所  準備 し,大きな  1   寄付   ほど です。

ポロ    リーダー たち       攻撃  試み,悪賢く も「布告  よっ  難儀  仕組み」ます。(詩 94:20)ポロ  政治  たち  議会 に,エホバ  証人  活動  禁じる 法案  提出    です。チャールズ  チャペル  こう 述べ   ます。「しかし,大 首長  わたしたち  弁護  回り,自分  2 年間 エホバ  証人  研究   こと  ある  議会  告げ まし た。エホバ  証人  組織  全く 政治   もの   なく,人々  教育   道徳  向上    いる  言い まし た。そして,いつか 自分  その 一員  なり たい  宣言  まし た。研究       議員   首長  同調 し,法案  通り ませ  でし た」。

「神  食べ させ  もらえ  いい!」と やじら  まし 

秘密 結社  やめ   たち は,家族 から 厳しい 反対  受け まし た。コインドゥ     若者 ジョナサン  セル は,4  続く まじない   家庭  生まれ,仕事  継ぐ よう 育て られ まし た。しかし,聖書  研究  始める と,心霊    儀式  捧げ物   なく なり ます。家族  激しく 反対  まし た。学校  通え ない よう  し,クリスチャン  集会  行く    食べ物  与え ず,「神  食べ させ  もらえ  いい!」と やじり まし た。それでも,ジョナサン  堅く 立ち まし た。おなか  すか   困る こと  なく,読み書き  学び,後  正規 開拓   なり まし た。しかも,うれしい こと  母親  真理  受け入れ まし た。

  地域   増加

1960   時点 で,会衆  孤立   群れ は,ボー,フリータウン, キッシー,コインドゥ,ルーンサル,マグブラカ,マケニ,モヤンバ,ポート  ロコ,ウォータールー,そして 北方  カバラ  あり まし た。伝道    その 年,182  から 282   跳ね上がり まし た。拡大 する 会衆  強める ため,ガーナ  ナイジェリア から 多く  特別 開拓   やっ   まし た。

新しい  たち は,おもに 2   民族  成っ   まし た。フリータウン  その 周辺  住む クリオ と,東部   住む キシ  です。しかし,良い たより  広め られる  つれ,他  民族  こたえ応じる よう  なり ます。クランコ 族,リンバ 族,北  テムネ 族,南  メンデ  など です。

1961 年,フリータウン  会衆  王国 会館  献堂  ます。次い  コインドゥ 会衆 が,泥 れんが 造り  座席  300 の,大会 ホール  兼ね  王国 会館  献堂  ます。その    なく,40   長老  シエラレオネ  最初  王国 宣教 学校  出席  まし た。この 歴史     終わり  は,「新 世界  聖書」を   提供 する キャンペーン  行なわ れ,成功  収め まし た。

シエラレオネ   王国 宣教 学校,1961 年。ウィリアム  ヌーシー(後ろ  列,中央),チャールズ  チャペル(真ん中  列,右 から 2  目),レバ  チャペル(前  列,右 から 3  目)

エホバ  確か  ご自分    祝福   おら  まし た。1962  7  28 日,多く    用い られ    法人  ある「国際 聖書 研究  協会」が シエラレオネ 政府  よっ  正式  認可   まし た。

ギニア     開く

ここ     ギニア(旧称 フランス  ギニア)に   向け   ましょ う。1958  より  は,この   一時   訪れ      兄弟 たち  簡単  証言   まし  が,フランス 植民  当局  エホバ  証人  活動  反対    まし た。しかし 1958 年,門戸   開か  ます。ギニア  フランス  支配  退け,共和     独立    です。

その 後,同じ  に,フランス   話す 30  前半  マヌエル  ディオゴ  ダオメー(現在  ベナン)から やっ   ます。そして 首都 コナクリ   80    フリア  ボーキサイト 鉱山  働き 始め ます。手つかず  区域  伝道 する 意欲  満ち  マヌエル は,フランス 支部  手紙  書き,出版   発送  特別 開拓   助け  要請  ます。手紙  こう 結ん   ます。「伝道 活動  エホバ  祝福   くださる こと  祈っ   ます。ここ   関心  ある   非常  多く いる から です」。

 フランス 支部  マヌエル  励まし  手紙  送り,可能  限り ギニア  とどまる よう 勧め ます。そして 宣教  訓練  与える ため,特別 開拓   訪問  取り決め ます。マヌエル  励まし から    て,1968   亡くなる まで,フリア  熱心  伝道  まし た。

1960   地帯 監督 ウィルフレッド  グーチ  コナクリ  訪問   時,ほか      アフリカ   兄弟  そこで 伝道    まし た。グーチ 兄弟 は,フランス 支部   なく シエラレオネ 支部  ギニア  世話 する こと  推薦  ます。その 変更  1961  3  1   実施  れ,1 か月 後,ギニア  最初  会衆  コナクリ  設立   まし た。

熱帯 雨林  霊的    差す

良い たより  ギニア 南部   広め られ  ゆき ます。かつて リベリア  住ん    キシ   ファリャ  ゴンド は,ゲケドゥ  西 13   故郷   フォデドゥ  戻り まし た。その 際,「失楽園 から 復楽園 まで」と いう   持ち帰り まし た。ファリャ    読め ませ  でし  が,同じ 民族   たち    挿絵  説明 でき まし た。その   こと  こう 述べ   ます。「その   きっかけ  いろんな   でき まし た。みんな は“アダム  エバ  本”と 呼び まし た」。

ファリャ  リベリア  戻っ  バプテスマ  受け,後  特別 開拓   なり ます。そして   2 度,フォデドゥ  帰っ  30  ほど  グループ  研究  まし た。程なく  て,リベリア から   キシ   特別 開拓  ボーボー  シーシー  加わり,二   ゲケドゥ   グループ  研究  始め ます。やがて 2   グループ  どちら  会衆  なり まし た。

キシ   エホバ  証人  増える  つれ,長 たち  その 立派   行状    留める よう  なり ます。証人 たち  勤勉  働き,正直 で,村  平和  貢献  まし た。その ため,フォデドゥ  王国 会館  建てる 許可  願い出  時,長 たち  喜ん  3 ヘクタール  土地  譲っ  くれ まし た。ギニア  最初  その 王国 会館  1964   完成  まし た。

コナクリ  生じ  変動

その ころ,コナクリ  問題  起ころ      まし た。政治  混乱  より,役人 たち  外国   疑い    見る よう  なっ   です。ギレアデ  宣教  4   永住 ビザ  取得  拒ま れ,強制 退去  なり まし た。ガーナ  兄弟    事実 無根    逮捕  れ,2 か月 近く 勾留   まし た。

その    うち    イマニュエル  オウス‐アンサ  釈放 後,すぐ   逮捕 され,劣悪  環境  置か  まし た。不 衛生  監房 から 手紙  書い   ます。「霊的   健康 です が,ずっ    あり ます。でも 伝道  続け られ ます。先月 は,野外 奉仕  67 時間  費やし,二   聖書 研究   わたし  一緒  伝道 する よう  なり まし た」。研究      真理  入り まし た。5 か月 後,オウス‐アンサ 兄弟  釈放  れ,シエラレオネ  追放   ます。コナクリ  奉仕     だけ  なっ  しまい まし た。

政治  緊張  和らい  1969 年,特別 開拓  たち  コナクリ  到着  ます。彼ら  当局  許可   て,王国 会館  設け,看板  掲げ ます。ま  なく 関心  ある 30  ほど  定期   集会  出席 する よう  なり まし た。

逮捕  危険  あっ  ため,兄弟 たち  当初,慎重  伝道    まし た。しかし 状況  把握 する  つれ,奉仕  拡大   ゆき ます。1973  中,コナクリ  小さな 会衆  6,000    パンフレット   配布  ます。その 後,商業 地区   雑誌  提供  開始  ます。役人  一般   たち  徐々 に,エホバ  証人  活動  理解   評価 する よう  なり まし た。兄弟 たち  辛抱強い 不断  努力  より,ついに 1993  12  15 日,「ギニア  エホバ  証人  クリスチャン 協会」が 法的  認可   まし た。