アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 シエラレオネ  ギニア

1915‐1947年 初期の活動(第3部)

1915‐1947年 初期の活動(第3部)

地方 ヘ,そして その  

真理   熱意  あふれ  フリータウン 会衆 は「ひたすら み言葉  こと  携わる」よう  なり ます。(使徒 18:5)アルフレッド  ジョセフ  こう 述べ   ます。「愛車  ノートン  大型 バイク に,よく 聖書 文書    くくり付け  もの です。そして トーマス  グラント  シルベスター  グラント  後ろ  乗せ,フリータウン 周辺  田舎  小さな 町々 に,わたしたち が“勧誘”と 呼ん    活動  出かけ まし た」。

1927  まで,奉仕  たち  おもに フリータウン    周辺  伝道    まし た。ザ  コロニー  呼ば   地域 です。しかし  1928  から 毎年,雨季  始まる  に,会衆  バス  借り  地方  出かける よう  なり ます。参加 でき ない  たち は,旅費  援助  まし た。メルバーン  ガーバー  奉仕  たち  率い,東  カイラフン,南  リベリア  国境 付近 まで 出かけ,町    伝道  まし た。そして    1  曜日  は,関心  示し     訪問  行き まし た。

その ころ,ブラウン 兄弟  西 インド 諸島  行き,1   自動     戻っ   まし た。当時  シエラレオネ    ほとんど ない 時代 です。その  は,公  証言  に,大 音量  出せる 音響 装置  付い   まし た。ブラウン 兄弟  公共  場所    停め,勇壮  音楽  かけ  人々  集め まし た。それ から,短い    たり  録音    講演  流し たり し,聖書 文書  受け取る よう 勧める  です。これ は“話す 自動 車”と 呼ば   話題  なり,大勢    聞き   まし た。

大胆  宣べ伝える

ブラウン 兄弟  次い で,霊的  未開      向け ます。英語  話す   いる 西 アフリカ    地域 です。1920 年代 後半,兄弟  ガンビア,ガーナ,リベリア,ナイジェリア  伝道 旅行  出かけ まし た。どの    関心  ある   見いだし まし  が,ナイジェリア  とりわけ 有望 でし た。それ  1930 年,兄弟  家族  一緒  フリータウン から ラゴス  移動  ます。そこ から 引き続き 西 アフリカ   王国  活動  監督  まし た。

現在,西 アフリカ   50万  以上   証人 たち  エホバ  奉仕   いる

  悪く   ため,兄弟  1950   ジャマイカ  戻ら なけれ  なら なく なり まし  が,大きな 成果  残し まし た。27  ほど   に,ブラウン 兄弟 姉妹  西 アフリカ  エホバ  証人      から 1万1,000  以上  増える      まし た。まさに イザヤ  預言  成就  経験    です。「小さな     なり,小 なる   強大  国民  なる」。(イザ 60:22)それ から 60  余り  経過   現在,西 アフリカ   50万  以上 もの「強大  国民」が エホバ  奉仕    ます。

禁令   堅く 立つ

   世界 大戦  アフリカ  暗い   落とし    ころ,シエラレオネ  エホバ    クリスチャン  中立  立場  取り まし た。(ミカ 4:3。ヨハ 18:36)英国 当局 は,事実  反し  兄弟 たち   体制 分子  決めつけ  活動  監視 し,出版   発禁 処分   まし た。フリータウン  税関  役人  出版   積荷  差し押さえ, 焼き払っ  こと  あり ます。発禁 文書  持っ  いる    逮捕    兄弟 たち   ます。幸い,ま  なく 釈放   まし た。 *

禁令   かかわら ず,証人 たち  伝道  続け まし た。ポーリン  コール  こう 述べ   ます。「定期   来る   乗組  だっ  兄弟 が『ものみの塔』誌     届け  くれ   まし た。それ  もと に,わたしたち  集会   写し  タイプ   作り まし た。聖書  話題  関する ビラ  印刷   人々  配る こと   まし た。特に 地方  村々 で,兄弟 たち  引き続き 公開 講演  し,ラザフォード 兄弟  ラジオ 講演  録音  流し まし た」。

そう   地道  努力  確か  エホバ  祝福  もたらし まし た。経験 豊か  長老  特別 開拓   ジェームズ  ジャレット  こう 述べ   ます。「戦時 中,石 切り  仕事       に,高齢  姉妹 が『避難 者』と いう 小冊子  ください まし た。多く  避難   フリータウン       で,その   興味  引か  まし た。その  それ  読み,すぐ  真理   悟り まし た。翌朝,姉妹  探し,兄       ため   小冊子  受け取り まし た。兄弟 4  全員  真理  受け入れ まし た」。

1945   戦争  終わっ  時,フリータウン 会衆   32   奉仕    まし た。兄弟 姉妹  忠誠  保ち,霊的  活発  あり 続け まし た。前進 する 意欲  満ち     です。

公開 集会 運動

1945  8  29 日,フリータウン 会衆  奉仕  で,「通知」(現在 の「わたしたち  王国 宣教」)の 1944  12    知らさ   新しい 運動  つい  話し合い まし た。その 知らせ  よれ ば,各  会衆  区域  の「すべて  都市,町,集落」で,一連  4   公開 集会  宣伝   開き ます。集会   1 時間  講演  行なわ れ,話す   神権 宣教 学校  割り当て  しっかり 果たして いる 18  以上  兄弟 です。4   集会  後,地域  関心  ある  たち  援助 する ため,聖書 研究  取り決め ます。

この 新しい 指示  奉仕  たち  どう 反応   でしょ  か。奉仕   メモ   こんな 記録  残っ   ます。

司会 者: 「この 新しい 運動  わたしたち  実施 できる  思い ます か」。

兄弟 1: 「アメリカ  よう   いか ない でしょ う。ここ   たち  違い ます」。

兄弟 2: 「わたし  そう 思い ます」。

兄弟 3: 「まず やっ   ませ  か」。

兄弟 4: 「でも,難しい でしょ  ね」。

兄弟 5: 「いえ,エホバ  組織 から  指示  従う べき です」。

兄弟 6: 「ですが,この    きっと うまく いか ない です よ」。

姉妹 1: 「と  言っ  も,『通知』の 指示  はっきり    ます。やっ   ましょ う!」

こう  て,兄弟 たち はやる こと   まし た。フリータウン  沿岸  から,南東  ボー,北部  高原  カバラ まで 出かけ,学校  教室  市場  個人    集会  開い   です。この 活動  より,会衆  さらに 活気づき,「エホバ  言葉  盛ん  なり,広まっ て」いき まし た。―使徒 12:24

それでも 奉仕  たち   神権   訓練  必要 でし た。エホバ  確か  それ  お与え  なり ます。

^ 10節 禁令  1948   解か  まし た。