内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 シエラレオネギニア

1915‐1947年 初期の活動(第2部)

1915‐1947年 初期の活動(第2部)

グラディエーターズ対決

フリータウン聖職たち教会ブラウン兄弟講演楽しむて,ねたみ駆られ,怒り募らます。「ものみの塔」19231215号(英語)にこうあります。「聖職たち煮やし,新聞用い真理攻撃いる。ブラウン兄弟なく論駁し,新聞両者見解載せられた」。やがて聖職たちつぐむようなり,その論法偽りあること明らかされました。聖書真理広く知らされ,多く新聞読者聖書文書求めました。聖職たち沈黙よう弄しましが,エホバは「彼らその害悪返」されです。―詩 94:21‐23

聖職たち援護ようと,ある教会属するグラディエーターズ(剣闘意)という若者グループ一連集会開催知らせます。彼らが“ラッセル主義”と呼ぶ王国音信批判よういうです。それ対し,ブラウン兄弟討論持ちかけますが,グラディエーターズ参加拒み,兄弟挑戦報じ新聞編集非難ます。しかも,自分たち集会ブラウン兄弟られないよう妨害ため,代わりアルフレッドジョセフ行くことなりました。

集会バックストン記念礼拝開かました。フリータウン名高いメソジスト教会です。アルフレッドこう述べます。「質疑応答で,わたし英国国教会信条,三位一体教理, 聖書教えつい質問投げかけました。議長は,最後質問受け付けなくなりました」。

そのグラディエーターズ一員メルバーンガーバーは,以前に“バイブル”・ブラウン講演聞いました。「ブラウン聖書知り尽くしいる!」と言った,あの若い神学です。ガーバー聞い事柄ついよく考え末,真理見つけ確信し,ブラウン兄弟聖書研究依頼ました。するとブラウン兄弟から自宅毎週行なっいる「ものみの塔」研究招かます。家族から勘当しまいますが,霊的急速進歩し,まなくたちバプテスマ受けました。

始まり出し伝道活動押さえ込もするサタンたくらみ失敗ました。フリータウン市長グラディエーターズ述べとおりです。「それよる活動なら,いずれ終わるでしょう。しかしからものなら,それやめさせることできません」。―使徒 5:38,39

ブラウン宗教

19235初め,ブラウン兄弟ロンドン支部電報出版依頼ます。程なく5,000届き,その次々送らます。兄弟引き続き公開集会開き,たくさん関心持ちました。

同じ終わりに「ものみの塔」誌こう伝えます。「[シエラレオネの]業急速拡大ため,ブラウン兄弟助け手必要おり,かつて西インド諸島ウィニペグクロードブラウンなく合流する予定ある」。

クロードブラウンは,様々困難乗り越え良いたより 奉仕でした。第世界大戦中,クリスチャン中立貫いゆえにカナダ英国刑務入れられ,ひどい扱い耐え忍びました。シエラレオネ4奉仕し,地元兄弟姉妹大いに強めました。

ポーリンコール当時ことこう述べます。「1925バプテスマ受ける時,クロード兄弟丁寧質問くださいました。

「『コール姉妹,「聖書研究」の学んこと理解おらますか。聖書教え理解ないため真理から漂い出ることわたしたち望んません』。

「それこう答えました。『クロード兄弟,わたし学んこと読み返しました。そして決めです!』」

ポーリンコール

ポーリンエホバ60余り仕えました。そのほとんど特別 開拓奉仕し,1988地上歩み終えました。

ウィリアム・“バイブル”・ブラウンも,良い霊的習慣培うよう人々助けること意欲でした。アルフレッドジョセフこう言っます。「朝,ブラウン兄弟会うと,こう言わものです。『こんにちは,ジョー兄弟。お元気ですか。今日聖句ですか』。答えられないと,『日々マナ』[現在の「日ごと聖書調べる」]のから毎日聖句しっかり見るよう言わました。それ翌朝,兄弟聞か答えられるよう,すぐ聖句読みました。最初は,大切訓練受けいるいう意識さほどありませでしが,後なっとてもありがたく思いました」。

こう訓練立派結びました。1923年,フリータウン会衆設立れ,14バプテスマ受けです。そのジョージブラウンいうて,会衆ブラウン3なりました。3家族熱心働きゆえに,聖書研究たちフリータウン人々から“ブラウン宗教”と呼ばました。