アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 シエラレオネ  ギニア

1915‐1947年 初期の活動(第2部)

1915‐1947年 初期の活動(第2部)

グラディエーターズ   対決

フリータウン  聖職  たち  教会   ブラウン 兄弟  講演  楽しむ    て,ねたみ  駆ら れ,怒り  募ら  ます。「ものみの塔」1923  12  15  号(英語)に  こう あり ます。「聖職  たち    煮やし,新聞  用い  真理  攻撃   いる。ブラウン 兄弟     なく 論駁 し,新聞   両者  見解  載せ られ た」。やがて 聖職  たち    つぐむ よう  なり,その 論法  偽り  ある こと  明らか  され まし た。聖書  真理  広く 知らさ れ,多く  新聞 読者  聖書 文書  求め まし た。聖職  たち      沈黙   よう    弄し まし  が,エホバ は「彼ら  その 害悪  返」され   です。―詩 94:21‐23

聖職  たち  援護  よう と,ある 教会  属する グラディエーターズ(剣闘   意)と いう 若者  グループ  一連  集会  開催  知らせ ます。彼ら が“ラッセル 主義”と 呼ぶ 王国  音信  批判  よう  いう  です。それ  対し,ブラウン 兄弟  討論     持ちかけ ます が,グラディエーターズ  参加  拒み,兄弟  挑戦  報じ  新聞 編集   非難  ます。しかも,自分 たち  集会  ブラウン 兄弟   られ ない よう 妨害   ため,代わり  アルフレッド  ジョセフ  行く こと  なり まし た。

集会  バックストン 記念 礼拝   開か  まし た。フリータウン  名高い メソジスト 教会 です。アルフレッド  こう 述べ   ます。「質疑 応答   で,わたし  英国 国教会  信条,三位一体  教理,    聖書   教え  つい  質問  投げかけ まし た。議長 は,最後   質問  受け付け なく なり まし た」。

その     グラディエーターズ  一員 メルバーン  ガーバー は,以前 に“バイブル”・ ブラウン  講演  聞い   まし た。「ブラウン   聖書  知り尽くし  いる!」と 言っ た,あの 若い 神学  です。ガーバー  聞い  事柄  つい  よく 考え  末,真理  見つけ   確信 し,ブラウン 兄弟  聖書 研究  依頼  まし た。すると ブラウン 兄弟 から 自宅  毎週 行なっ  いる「ものみの塔」研究  招か  ます。家族 から  勘当    しまい ます が,霊的  急速  進歩 し,ま  なく    たち    バプテスマ  受け まし た。

始まり出し  伝道 活動  押さえ込も   する サタン  たくらみ  失敗  まし た。フリータウン  市長  グラディエーターズ  述べ  とおり です。「それ    よる 活動 なら,いずれ 終わる でしょ う。しかし  から  もの なら,それ  やめ させる こと  でき ませ ん」。―使徒 5:38,39

ブラウン  宗教

1923  5   初め,ブラウン 兄弟  ロンドン 支部  電報  出版   依頼  ます。程なく   5,000   届き,その   次々  送ら    ます。兄弟  引き続き 公開 集会  開き,たくさん    関心  持ち まし た。

同じ   終わり に「ものみの塔」誌  こう 伝え   ます。「[シエラレオネ  の]業  急速  拡大   ため,ブラウン 兄弟  助け手  必要    おり,かつて  西 インド 諸島    ウィニペグ   クロード  ブラウン    なく 合流 する 予定  ある」。

クロード  ブラウン は,様々  困難  乗り越え    良い たより   奉仕  でし た。第   世界 大戦 中,クリスチャン  中立  貫い  ゆえに カナダ  英国  刑務   入れ られ,ひどい 扱い  耐え忍び まし た。シエラレオネ  4  奉仕 し,地元  兄弟 姉妹  大いに 強め まし た。

ポーリン  コール  当時  こと  こう 述べ   ます。「1925   バプテスマ  受ける 時,クロード 兄弟  丁寧  質問   ください まし た。

「『コール 姉妹,「聖書 研究」の   学ん  こと  理解   おら  ます か。聖書  教え  理解    ない ため  真理 から 漂い出る こと  わたしたち  望ん   ませ ん』。

「それ  こう 答え まし た。『クロード 兄弟,わたし  学ん  こと     読み返し まし た。そして 決め   です!』」

ポーリン  コール

ポーリン  エホバ  60  余り 仕え まし た。その ほとんど  特別  開拓     奉仕 し,1988   地上   歩み  終え まし た。

ウィリアム ・“バイブル”・ ブラウン も,良い 霊的 習慣  培う よう 人々  助ける こと  意欲  でし た。アルフレッド  ジョセフ  こう 言っ   ます。「朝,ブラウン 兄弟  会う と,こう 言わ   もの です。『こんにちは,ジョー 兄弟。お元気 です か。今日  聖句   です か』。答え られ ない と,『日々  マナ』[現在 の「日 ごと  聖書  調べる」]の  から 毎日 聖句  しっかり 見る よう   言わ  まし た。それ  翌朝,兄弟  聞か    答え られる よう,すぐ  聖句  読み まし た。最初 は,大切  訓練  受け  いる  いう 意識  さほど あり ませ  でし  が,後  なっ  とても ありがたく 思い まし た」。

こう   訓練  立派    結び まし た。1923 年,フリータウン  会衆  設立  れ,14   バプテスマ  受け   です。その    ジョージ  ブラウン  いう    て,会衆   ブラウン   3   なり まし た。3 家族  熱心  働き ゆえ に,聖書 研究  たち  フリータウン  人々 から“ブラウン  宗教”と 呼ば  まし た。