内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 シエラレオネギニア

1915‐1947年 初期の活動(第1部)

1915‐1947年 初期の活動(第1部)

 真理輝き出す

シエラレオネ良いたより届い1915ことです。その年,あるシエラレオネたち英国から聖書基づく出版持っ帰国ました。同年7月,バプテスマ受けエホバ初めてフリータウン到着ます。南米ガイアナ出身31アルフレッドジョセフです。アルフレッドは,すでに同じ西インド諸島バルバドスバプテスマ受けおり,機関仕事フリータウン来ることなっです。フリータウンコットンツリーから3ほど離れクラインタウン鉄道宿舎住み,すぐ同僚聖書音信伝え始めます。

翌年,アルフレッドもとに,かつて仕事仲間レナードブラックマンバルバドスからやっます。アルフレッド真理伝えは,そのレナードエルビラヒューイットでした。レナードアルフレッド住み,二定期聖書つい話し合い,友人関心ある聖書文書渡すようなりました。

フリータウンが「収穫待っ白く色づいて」いる見て取りました。(ヨハ 4:35)1923年,アルフレッドニューヨーク世界本部手紙書き,こう伝えます。「ここ多く聖書関心持っます。人々世話し,シエラレオネ伝道活動拡大するため,どなた遣わしいただけないでしょか」。返信ありました。「だれ派遣ます」。

ウィリアム・“バイブル”・ブラウンアントニア

 アルフレッドこう述べます。「数か月ある土曜夜遅く,突然電話鳴りました」。

「電話は,『奉仕求める手紙ものみの塔協会書いあなたですか』と言いました。

「『そうです』と答えると,

「力強いで,『わたし派遣です』と返っました。

「声は,ウィリアムRブラウンでした。妻アントニア幼い伴っその到着し,ゲインフォードホテル泊まっです。

「翌朝,レナード一緒毎週行なっ聖書研究いると,戸口大きな人影現われました。ウィリアムRブラウンでした。兄弟真理熱意あふれて,公開講演明日行ないたい言いました。わたしたちフリータウン一番大きな会館だっウィルバーフォースメモリアルホールすぐ予約 し,次木曜一連4公開講演最初もの行なえるよう計画ました。

「講演宣伝するために,数しかないわたしたち忙しく働きました。新聞ビラ使ったり,口頭伝えたりました。人々どう反応するだろ不安でしが,心配いりませでした。ホール500ほど詰めかけ,そのフリータウン聖職たくさんました。みんな大喜びました」。

1時間ほど間,ブラウン兄弟様々聖句引用し,スライド聖句スクリーン映し出しました。そしても,「ブラウン言うなく,聖書述べいるです」と言いました。聴衆引きつけられ,度々,拍手喝采ました。兄弟威厳ある話し方なく,確か根拠挙げられ聖句感銘受けです。ある若い神学こう言いました。「ブラウン聖書知り尽くしいる!」

1930

ブラウン兄弟講演町中知れ渡り,話聞こたくさん詰め寄せました。次日曜日,再び満員なっ聴衆は「地獄行っ戻る ― だれそこいるか」という講演聞きました。その晩,兄弟力強い真理ゆえに,著名教会脱退申し出るさえました。

一連講演最後だった「現存する万民決して死することなし」には,とりわけ大勢集まりました。フリータウンある述べところよると,「教会ブラウン兄弟講演行っしまうで,教会礼拝取りやめなけれなりませでした」。

ブラウン兄弟いつも最も重要論拠聖書用い で,人々から“バイブル”・ブラウン呼ばました。やがてこの呼び名定着し,西アフリカ知られるようなります。ウィリアムRブラウン地上歩み終えるまでこの呼ばれ,それ光栄感じました。