アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 シエラレオネ  ギニア

兵士から危害を受けずに済みました

アンドリュー  ボウン

兵士から危害を受けずに済みました
  • 生ま   1961 

  • バプテスマ 1988 

  • プロフィール 1991   戦争  始まっ  時,シエラレオネ  東部   ペンデンブ  正規 開拓 奉仕     た。

ある   午後,反 政府   兵士 たち    やっ   て,空  向け    撃ち,それ  2 時間 続き まし た。中   年若い 兵士   て,武器  抱える  もやっ   様子 でし た。とても 汚らしく て,髪  ぼさぼさ で,麻薬  ため  異様  雰囲気 でし た。

  日,殺戮  始まり ます。人々  手足  切ら  たり 殺さ  たり し,女性  レイプ され まし た。ひどい 状態 でし た。わたし   に,アマラ  ババオー 兄弟  家族  4   関心  ある   避難    まし た。わたしたち  恐怖  おびえ   まし た。

  なく,兵士  隊長  現われ,翌朝  戦闘 訓練  出る よう 命令    まし た。拒む こと    意味  ます が,中立  保つ 決意   まし た。祈っ  その   過ごし まし た。朝早く 起き,その   聖句  考慮  て,兵士 たち  来る   待ち まし た。ところが,来 ませ  でし た。

「日々  聖句  読む って こと は,エホバ  証人  な」

 後日,やっ    将校  4   部下  よっ て,家  占拠   まし た。家  とどまれ  言わ    で,その   通常 どおり 集会  開き,日々  聖句  討議  まし た。兵士 たち  こう 言い まし た。「日々  聖句  読む って こと は,エホバ  証人  な」。聖書   関心  ない よう でし  が,わたしたち  一目 置い     です。

ある 日,位  高い 隊長 が,家  寝泊まり   いる 兵士 たち  様子     まし た。隊長  ババオー 兄弟  敬礼 し,握手  ます。そして 兵士 たち  向かっ  こう 言い ます。「この   おれ  ボス だ。おまえ   ボス   ある。この   仲間 から        落ちる よう  こと  あれ ば,ただ じゃ 済ま ない ぞ。分かっ  な」。「はい!」と 兵士 たち  答え まし た。隊長 は,平和  民間   ある わたしたち  危害  加え   なら ない  革命 統一 戦線(RUF)に 命じる 手紙  くれ まし た。

 か月 後,幾つ    政府 勢力 同士  争い  始まっ  ため,わたしたち  隣国  リベリア  逃げ まし た。そこで    政府 グループ  止め られ  しまい まし た。「わたしたち  エホバ  証人 です」と 告げる と,「じゃあ,ヨハネ 3  16   言っ  みろ」と 言わ  まし た。聖句  そら  言う と,行か   くれ まし た。

    隊長  会い,ババオー 兄弟  わたし は,付い  くる よう   言わ  ます。襲わ れる  では  怖く なり まし  が,隊長 は,戦争    エホバ  証人  研究    こと  ある  言い まし た。そして お金  くれ,わたしたち  手紙  近く  会衆  兄弟 たち  届け  くれ まし た。ま  なく,救援 物資  持っ     兄弟   て,安全  場所  連れ  行っ  くれ まし た。