内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

 シエラレオネギニア

“バイブル”・ブラウンと呼ばれた人

ウィリアムRブラウン

“バイブル”・ブラウンと呼ばれた人
  • 生ま1879

  • バプテスマ 1908

  • プロフィール 西アフリカ初期伝道活動おい先頭立った。

パナマ運河建設携わっ1907年,ウィリアムブラウン聖書研究者(エホバ証人当時名称)のアイザイアリチャーズ街角行なっ講演ます。リチャーズ兄弟は,神目的説明用いられる「世々図表」をもと話しました。ウィリアムブラウンすぐ真理受け入れ,ジャマイカ戻っ伝えます。やがてその聖書研究なりました。

ブラウン兄弟しばらくパナマパナマ奉仕ます。そこいる間,講演旅行パナマ訪れ聖書研究代表イベンダーJカワード出会います。力強い生き生き話し手で,たくさんその聞きました。カワード兄弟ブラウン兄弟真理対する熱意て,トリニダード伝道旅行誘いました。

 続く10余り間,ブラウン兄弟西インド諸島旅行回り,開拓奉仕ながら小さな群れ強めます。1920は,忠実姉妹アントニア結婚ます。結婚後,二リーワード諸島小島モントセラト向かいます。「創造写真劇」(聖書基づく4からなる映画スライド)を持参ました。二は,バルバドス,ドミニカ,グレナダいっ島々伝道ました。エホバ奉仕いう新婚旅行楽しんです。

2後,ブラウン兄弟は,当時エホバ活動監督ジョセフFラザフォード手紙書きます。「エホバ助けより,カリブ諸島大半証言回り,多く弟子作ることできました。再び回るよいでしょか」。数後,返事ありました。「妻子ども連れて,西アフリカシエラレオネ行っください」。

家族西アフリカ奉仕27間,兄弟いつも,事務座っいるより出かけ伝道すること望みました。聖書大切強調で,“バイブル”・ブラウン呼ばれるようなりました。

1950年,71兄弟一緒ジャマイカ戻り,そこ開拓奉仕行ないました。そして1967地上歩み終えるまで続けました。開拓奉仕本当愛し,人られる最高特権感じです。