内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

2014 エホバの証人の年鑑

シエラレオネとギニア

シエラレオネとギニア

から500ほど前,シエラレオン河口近く小さなカポック(キワタ)の張り,大きくなっゆきました。以来300わたり,そのは,前過ぎゆく人々痛ましい光景ました。無情奴隷商人たちが,15万近くもの男女子ども外国奴隷市場売り渡しです。

フリータウン有名コットンツリー

 1792311日,アメリカから戻っ解放奴隷カポック集まり,アフリカ帰還祝いました。そして居住設け,長年願い込めフリータウン(自由町)と名づけます。そこ自由なっ奴隷たち次々やって,アフリカ100以上グループ住むようなります。カポックコットンツリー呼ばれ,自由希望シンボルなりました。

シエラレオネエホバ証人100近くわたって,はるか大きな自由つい希望伝えました。「神子供栄光ある自由」です。(ロマ 8:21)その自由は,神メシア王国よっ地上平和パラダイスなるもたらされる,罪奴隷状態から解放ことです。―イザ 9:6,7; 11:6‐9

エホバ証人シエラレオネ支部50余り,隣国ギニア伝道活動管轄ます。ギニアこれまで政治社会経済大きな変動経験おり,多く聖書温まる音信傾けます。

シエラレオネギニアエホバ証人は,数々困難遭っ良いたよりふれ告げました。身体苦痛,深刻貧困,低い識字率,根深い慣習,民族分裂,ひどい暴力など困難です。そうエホバ忠節たち示し不動信仰専心記録を,どうぞお読みください。きっと大いに動かされ,「希望与えくださる神」へ信仰強めることできるでしょう。―ロマ 15:13

このセクションの内容

シエラレオネとギニアの概要

シエラレオネとギニアの人々,宗教,言語などについてご紹介します。

1915‐1947年 初期の活動(第1部)

1915年,バプテスマを受けたエホバの僕が初めてフリータウンに到着しました。多くの人が聖書に関心を持ちました。

1915‐1947年 初期の活動(第2部)

聖職者たちは神の民を沈黙させようと策を弄しましたが,エホバは「彼らにその害悪を返」されました。

1915‐1947年 初期の活動(第3部)

フリータウン会衆は「ひたすらみ言葉のことに携わる」ようになりました。

「1年もしないうちに死んでしまうよ」

ザキアス・マーティンはクリスチャンの集会に出席するため,8キロの山道を週に2回上り下りしました。ザキアスが聖書の真理を見つけたと確信したのはなぜでしょうか。

“バイブル”・ブラウンと呼ばれた人

ウィリアム・R・ブラウンはカリブ海諸島や西アフリカで広く伝道しました。人の得られる最高の特権を得ていると感じていました。

1945‐1990年 「多くの者を義に導」く ― ダニ 12:3(第1部)

伝道活動は大きく拡大しようとしていました。増加に弾みを付けるため,宣教者たちが派遣されました。

人気を集めた上映会

1956年,シエラレオネのフリータウンで,「躍進する新しい世の社会」という映画が上映されました。どれほどの人が見に来たでしょうか。

1945‐1990年 「多くの者を義に導」く ― ダニ 12:3(第2部)

エホバの証人はシエラレオネとギニアで,結婚を誉れあるものとする人たちとして知られています。

1945‐1990年 「多くの者を義に導」く ― ダニ 12:3(第3部)

ポロの政治家たちが議会に,エホバの証人の活動を禁じる法案を提出したのはなぜでしょうか。

秘密結社

西アフリカで広く見られる秘密結社はどんな活動をしているでしょうか。

1945‐1990年 「多くの者を義に導」く ― ダニ 12:3(第4部)

聖書について学ぶのを助けるため,会衆で識字クラスが開かれました。多くの人が字を読めるようになり,翻訳の必要が大きくなりました。

大会バッジが“パスポート”に

ギニアでの大会に行く代表者たちは,パスポートがなくても国境を通してもらえました。どうしてでしょうか。

エホバがわたしを抱き上げてくださいました

ポリオでまひを患うジェイ・キャンベルは,会衆の聖書研究に出席したいと思い,「木のブロックを使えば,歩いて行けます」と言いました。どうなったでしょうか。

1991‐2001年 「苦悩の溶鉱炉」― イザ 48:10(第1部)

エホバの証人は戦争中も,仲間や他の人たちに聖書からの慰めの言葉を伝え,物資を届けました。強さと勇気を示せたのはどうしてでしょうか。

1991‐2001年 「苦悩の溶鉱炉」― イザ 48:10(第2部)

エホバの証人は紛争のさなかでも,たゆみなく教え,良いたよりを宣明し続けました。

少年兵が正規開拓者に

ある少年兵はエホバの証人の集会に行き,そこで受けた温かい歓迎が心に残りました。生き方を変えるきっかけになったのは何でしょうか。

兵士から危害を受けずに済みました

1991年に内戦が勃発し,ペンデンブで殺戮や混乱が生じる中,幾人かのエホバの証人はどのようにして死を免れたでしょうか。

「ものみの塔の人」

内戦中,仲間のために,フリータウンからギニアのコナクリに通信物や物資を運んだエホバの証人がいます。どのようにして運んだのでしょうか。

ダイヤモンドに勝るもの

ダイヤモンド鉱山で働いていたタンバ・ジョサイアはエホバの証人になりました。今ではダイヤモンドより価値あるものを見つけたと感じています。どうしてでしょうか。

2002‐2013年 近年の進展(第1部)

内戦後,会衆が幾つも設立され,王国会館が建ち,エホバの証人の少ない地域に特別開拓者が派遣されました。

2002‐2013年 近年の進展(第2部)

この2つの国のエホバの証人は,今後もより多くの人が良いたよりにこたえ応じると確信しています。

エホバに仕えることを心に決めていました

住んでいたコインドゥが反政府軍に占領された時,フィリップ・テンベは妻と共に命からがら逃げました。エホバに仕えることを心に決めていた二人は,難民キャンプで生活しながら5つの王国会館の建設に携わりました。

シエラレオネが大好きになりました

シンディー・マッキンタイアは1992年からアフリカで宣教者として奉仕しています。シエラレオネでの伝道の魅力は何でしょうか。