アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

エホバに近づきなさい

  10 

力の用い方において「神を見倣う者となりなさい」

力の用い方において「神を見倣う者となりなさい」

1 不 完全  人間 は,油断  なら ない どんな わな に,たやすく 陥っ  しまい ます か。

「巧妙  わな  隠さ    ない   ない」。19 世紀  詩人  述べ  この 言葉 は,油断  なら ない 危険  注意  引い   ます。力  誤用  いう 危険 です。残念  こと に,不 完全  人間  いとも たやすく,この わな  陥っ  しまい ます。事実,歴史  通じ て『人    支配   これ    及ぼし て』き まし た。(伝道  書 8:9)愛  欠け    行使  より,人間  計り知れない 苦しみ  経験    まし た。

2,3 (イ)エホバ    用い方  関し て,どんな   注目  値し ます か。(ロ)わたしたち     どんな もの  あり ます か。その よう    すべて どの よう  用いる べき です か。

2 一方 エホバ  は,無限    持っ    も,決して その   誤用   ませ ん。これ  注目  値する    ない でしょ  か。これ まで    取り上げ  とおり,エホバ  ご自分   を,つまり 創造 する 力,破壊 する 力,保護 する 力,回復  せる  を,常  ご自分   ある 目的  添っ  お用い  なり ます。神  どの よう    行使  れる   熟考 する とき,わたしたち    近づき たい  願う よう  なり ます。そして,そう 願う とき,自分 自身    用い方   で「神  見倣う 者」に なり たい  いう 意欲  生ま  ます。(エフェソス 5:1)ところで,取る  足り ない 人間  ある わたしたち  は,どんな   ある  でしょ  か。

3 人間 は「神   に」,また       創造   た,と いう こと  思い出し  ください。(創世記 1:26,27)ですから わたしたち も,少なく   幾らか    有し   ます。わたしたち      は,仕事  行ない 物事  成し遂げる 能力,他  もの  対する 支配   権力,自分  愛し  くれる 人々  はじめ    たち   影響 力,身体   力(体力),資力 など  あり ます。詩編 作者  エホバ  対し て,『命    あなた  もと  あり ます』と 述べ   ます。(詩編 36:9)ですから,直接     間接   も,神 こそ,わたしたち  持つ あらゆる 正当     です。それゆえ,わたしたち    喜び  なる よう  仕方    用い たい  願い ます。どう すれ  そう できる でしょ  か。

  かぎ

4,5 (イ)力  正しく 用いる ため  かぎ   です か。神 ご自身  手本  それ  どの よう  実証    ます か。(ロ)愛  どの よう に,わたしたち    正しく 用いる 助け  なり ます か。

4   正しく 用いる ため  かぎ は,愛 です。神 ご自身  手本  それ  実証   いる    ない でしょ  か。神  四つ  主要  属性,つまり 力,公正,知恵,愛  関し   1   論じ  事柄  思い出し  ください。その 四つ  特質  うち  卓越   いる   どれ です か。愛 です。『神   です』と ヨハネ  一 4  8   述べ   ます。そう です,エホバ  真髄     です。それ は,神  行なわ れる すべて  こと  反映     ます。ですから,神    表明      動機    おり,神  愛する  たち  最終     図っ  なさ  ます。

5 わたしたち  とっ  も,愛 は,力  正しく 用いる 助け  なり ます。そもそも 聖書  よれ ば,愛 は「親切 で」,『自分    求め ませ ん』。(コリント  一 13:4,5)それゆえ,愛  ある なら,自分  持つ 何らか  権威  もと  ある 人々  対し て,厳しい,あるいは 冷酷  態度  接する こと  ない でしょ う。むしろ,尊厳  認め    接し,自分 より     気持ち  必要  する もの  優先  せる はず です。―フィリピ 2:3,4

6,7 (イ)敬虔  恐れ    です か。この 特質 が,力  誤用  避ける 助け  なる   なぜ です か。(ロ)神  不興  買う こと  対する 恐れ        関連 を,例え  説明   ください。

6  は,力  誤用  避ける 助け  なる   特質   関連    ます。それ は,敬虔  恐れ です。この 特質   どんな 価値  ある でしょ  か。「エホバ   恐れ  よっ     から 遠ざかる」と,箴言 16  6   述べ   ます。確か に,力  誤用 は,わたしたち  遠ざかる べき 悪い 歩み  一つ です。神   恐れ  あれ ば,自分    もと  ある 人々  虐待 する よう  こと  ない でしょ う。なぜ でしょ  か。一つ  は,そう    人々  扱い方  関し    言い開き   なけれ  なら ない こと  知っ  いる から です。(ネヘミヤ 5:1‐7,15)と  いえ,敬虔  恐れ  は,それ 以上  こと  関係    ます。「恐れ」と 訳さ   いる 聖書  原語  しばしば,神  対する 深い 崇敬  畏敬    指し ます。ですから 聖書 は,恐れ       結び付け  いる  です。(申命記 10:12,13)この 恭しい 畏敬    は,神  不興  買う こと  対する 健康   恐れ  含ま  ます。それ は,単に 結果  恐れる から   なく,神  本当  愛する  ゆえに 抱く 恐れ です。

7 例え   て,小さな 子ども  父親  健全  関係  つい  考え   ましょ う。子ども は,お父さん の,愛  こもっ  温かい 関心  感じ ます。しかし 同時 に,自分  対する 父親  要求  わきまえ  おり,行儀  悪けれ  父親 から 懲らしめ  受ける  いう こと  知っ   ます。しかし 子ども は,父親  対する 病的  恐れ  抱い  生活  たり   ませ ん。それどころか,父親  親愛    抱い   ます。お父さん  ほほえみ ながら 認め  くれる 事柄  行なう こと  喜び  感じ ます。神   敬虔  恐れ  場合  同様 です。わたしたち     エホバ  愛し  いる  で,何  せよ エホバ の「心  痛み を」感じ させる よう  事柄  行なう こと  怖れ  覚え ます。(創世記 6:6)むしろ,是非       歓ばせ たい  切望  ます。(箴言 27:11)それゆえに,自分    正しく 用い たい  思う  です。では,どう すれ  そう できる   詳しく 考え   ましょ う。

家庭  

8 (イ)夫  家庭   どんな 権威  有し   ます か。それ  どの よう  行使  べき です か。(ロ)夫 は,妻  誉れ ある もの    いる こと  どの よう  表わせ ます か。

8 まず,家庭   事柄  取り上げ ましょ う。『夫      ある』と,エフェソス 5  23   述べ   ます。夫 は,神 から 与え られ  この 権威  どの よう  行使  べき でしょ  か。聖書   たち に,「知識  したがって」妻    住み,「弱い   ある 女性    これ  誉れ  配し なさい」と 命じ   ます。(ペテロ  一 3:7)「誉れ」と 訳さ   いる ギリシャ    は,「価格,値打ち,……尊敬」と いう 意味  あり ます。この   変化  は,「贈り物」また「貴重 な」と  訳さ    ます。(使徒 28:10。ペテロ  一 2:7)妻  誉れ ある もの  する  は,妻  身体   暴行  加え たり   ませ ん。妻  辱める こと も,さげすむ こと も,自分   価値   感じ させる こと  あり ませ ん。むしろ,妻  価値  認め,敬意  こめ    扱い ます。二  だけ    も,人前  も,言葉  行ない  より,妻  自分  とっ  貴重  存在  ある こと  示し ます。(箴言 31:28)その よう   は,妻    敬意  受ける だけ  なく,さらに 重要  こと   て,神  是認  受け ます。

夫婦 は,愛  敬意  こめ  互い  扱う こと  よっ て,自分    正しく 用いる

9 (イ)妻  家庭   どんな   持っ   ます か。(ロ)どう すれ   は,夫  支える ため  自分  能力  用いる こと  でき ます か。それ  どんな 結果  なり ます か。

9  も,家庭  で,幾らか    持っ   ます。聖書  敬虔  女性 たち  つい  述べ   ます。それら  女性 は,正当      越え ない よう   つつ 自主   行動  て,夫  良い 影響  与え たり,判断  誤ら ない よう    助け たり  まし た。(創世記 21:9‐12; 27:46–28:2)妻   より   回転  速い  か,夫  ない 能力  持っ  いる など  いう こと  ある でしょ う。それでも,妻    対し て「深い 敬意」を 持ち,『主  対する よう    服す』べき です。(エフェソス 5:22,33)神  喜ばせる  いう 観点  物事  考える なら,妻 は,夫  見下し たり 操ろ    たり する    なく,夫  支える ため  自分  能力  用いる でしょ う。その よう な「真に 賢い 女」は,夫  密接  協力   家族  築き上げ ます。そう する とき,妻     平和  保て ます。―箴言 14:1

10 (イ)神    どんな 権威  授け  おら  ます か。(ロ)「懲らしめ」と いう    どんな 意味  あり ます か。どの よう  それ  施す べき です か。(脚注  ご覧 ください。)

10  も,神 から 授け られ  権威  持っ   ます。聖書  こう 訓戒    ます。「父 たち よ,あなた方  子供  いら立た せる こと なく,エホバ  懲らしめ  精神  規整   もっ  育て  ゆき なさい」。(エフェソス 6:4)聖書  で,「懲らしめ」と いう   は,「薫陶,訓練,教え」と いう 意味  あり ます。子ども  懲らしめ  必要     ます。はっきり   指針,境界  線,限界  設け られる なら,それ  添っ  すくすく  育っ  ゆき ます。聖書 は,そう   懲らしめ,つまり 教え を,愛  結び付け   ます。(箴言 13:24)ですから,「懲らしめ  むち棒」は,感情    身体   も,虐待   もの  なっ   なり ませ ん。 *箴言 22:15; 29:15)愛  こもっ   ない 厳格,過酷  懲らしめ は,親  権威  誤用  あり,子ども  意気  くじ  かね ませ ん。(コロサイ 3:21)それ    に,平衡  取れ  懲らしめ  適切  施さ れるなら,子ども は,親  愛さ   いる こと,また 自分  どんな   なる       かけ  いる こと  感じ取り ます。

11 子ども は,どう すれ  自分    正しく 用いる こと  でき ます か。

11 子ども  どう でしょ  か。どう すれ  自分    正しく 用いる こと  でき ます か。「若者  美しさ  その 力」と,箴言 20  29   述べ   ます。若者  体力  活力  用いる  で,「偉大  創造 者」に 仕える こと  勝る もの  ない はず です。(伝道  書 12:1)若い  たち は,自分  行動    気持ち  影響  及ぼす,と いう こと  忘れ   なり ませ ん。(箴言 23:24,25)神   恐れ  抱く   従順  あり,義    しっかり 守る 子ども は,親    喜び  もたらし ます。(エフェソス 6:1)そう  た振る 舞い は,「主  あっ  大いに 喜ば れる こと」です。―コロサイ 3:20

会衆  

12,13 (イ)長老 たち は,会衆    自分 たち  権威  つい て,どの よう  見方  持つ べき です か。(ロ)長老 たち  群れ  優しく 扱う べき 理由 を,例え  説明   ください。

12 エホバ は,クリスチャン 会衆   指導    当たら せる ため,監督 たち  立て  おら  ます。(ヘブライ 13:17)それら 資格 ある 男子 は,神 から 与え られ  権威  用い て,必要  援助  与え,群れ  福祉  貢献  なけれ  なり ませ ん。長老 たち は,その 立場 ゆえに 仲間  信者  対し  威張っ   よい でしょ  か。決して その よう  こと  あり ませ ん。 長老 たち は,会衆    自分  役割  つい て,平衡  取れ  謙遜  見方  持つ べき です。(ペテロ  一 5:2,3)聖書  監督 たち に,『神  ご自身  み子    もっ  買い取ら     会衆  牧し なさい』と 命じ   ます。(使徒 20:28)この 強力  理由  ゆえに,群れ   成員  優しく 扱わ なけれ  なり ませ ん。

13 この  を,次  例え  説明 できる   しれ ませ ん。親しい  から,大切  持ち物  世話  頼ま     ましょ う。あなた は,友  それ  買う ため  大金  支払っ  こと  知っ   ます。では,細心  注意  払っ  それ  慎重  扱う    ない でしょ  か。同様 に,  長老 たち に,非常  価値  ある 持ち物  世話 する 責任  ゆだね  おら  ます。その 持ち物   会衆  あり,その 成員    なぞらえ られ   ます。(ヨハネ 21:16,17)エホバ    エホバ  とっ  大事  もの です。実際,神  ご自分  独り子 イエス  キリスト  貴重    もっ  買い取ら   ほど 大事  もの です。エホバ  その  たち  買う ため に,ご自分  とっ  最高  代価  支払わ  まし た。謙遜  長老 たち  その   思い  留め,エホバ    ふさわしく 扱い ます。

「舌  力」

14 舌   どんな   あり ます か。

14 聖書 は,「死        うち  ある」と 述べ   ます。(箴言 18:21)確か に,舌  大きな   もたらす こと  あり ます。わたしたち  だれしも,他     思慮 な,あるいは さげすみ  言葉  傷つけ られ  こと  ある    ない でしょ  か。と  いえ   は,修復 する   あり ます。「賢い  たち      いやす」と,箴言 12  18   述べ   ます。そう です,積極   健全  言葉 は,痛み  和らげ    いやす 塗り薬  よう  効果    及ぼす  です。幾つ     考え   ましょ う。

15,16 他    励ます ため,どの よう    用いる こと  でき ます か。

15 『憂い  沈ん    慰め  ことば  かけ なさい』と,テサロニケ  一 5  14   勧め   ます。実際,エホバ  忠実   も,憂い  気持ち   悩まさ れる こと  あり ます。どう すれ ば,その よう    助け  なれる でしょ  か。その   自分  エホバ    価値  ある  いう こと  自覚 できる よう,具体   誠実  称賛  言葉  かけ  ください。「心  打ち砕か  た」人 や「霊  打ちひしが  た」人 たち  エホバ  深く 気遣い,愛し  おら れる  いう こと  示す,力強い 聖句  一緒  読み ましょ う。(詩編 34:18)他    慰める ため      用いる なら,「憂い  沈ん  いる   慰め  くださる」,同情   富む   見倣っ  いる こと  なり ます。―コリント  二 7:6,「新 アメリカ 標準  聖書」。

16 大いに 必要  され  いる 励まし  与える ため  も,舌    用いる こと  でき ます。仲間  信者   に,愛する   亡くし    いる でしょ  か。気遣い  思いやり  伝わる 親身  言葉  述べる なら,嘆き悲しむ   慰める こと  でき ます。お年寄り  兄弟  姉妹 が,自分  必要  され   ない よう  感じ  いる でしょ  か。舌  思慮深く 用いる なら,お年寄り  も,自分  高く 評価 され 感謝    いる  いう 自信  持っ  もらえ ます。慢性   病気  悩まさ   いる    ます か。電話 で,あるいは じかに 会っ  親切  言葉  かける なら,病気    意気  大いに 高める こと  でき ます。わたしたち  話す 能力  用い て,「築き上げる    良い」言葉  発する 時,創造   大いに 喜ば れる  違いあり ませ ん。―エフェソス 4:29

良い たより  伝える ― 自分    用いる 優れ  方法

17 舌  用い        与える どんな 重要  方法  あり ます か。そう  べき    なぜ です か。

17     用い方    最も 重要   は,他      王国  良い たより  伝える こと です。「あなた      行なう   ある  に,それ  受ける べき  から 控え   なら ない」と,箴言 3  27   述べ   ます。わたしたち  は,命  救う 良い たより      伝える 務め  あり ます。エホバ  寛大   与え  くださっ  緊急  音信  自分 たち だけ  もの    おく  は,正しい こと   あり ませ ん。(コリント  一 9:16,22)では,エホバ  わたしたち に,この   どの 程度 参加 する こと  求め  おら れる  でしょ  か。

 「力  こめ て」エホバ  仕える

18 エホバ  わたしたち    求め  おら  ます か。

18 わたしたち  エホバ  対する   動かさ  て,できる 限り クリスチャン 宣教  参加  たい  思い ます。この   エホバ は,わたしたち    求め  おら れる でしょ  か。事情  かかわら  だれ   ささげ 得る,ある もの  求め  おら  ます。それ は,「何      も,人  では なく エホバ  対する よう    こめ  それ  携わ(る)」こと です。(コロサイ 3:23)イエス は,最大  おきて  つい  述べ  際,こう 言わ  まし た。「あなた は,心  こめ,魂  こめ,思い  こめ,力  こめ  あなた   エホバ  愛さ   なら ない」。(マルコ 12:30)そう です,エホバ  わたしたち 各人  求め  おら れる  は,魂  こめ    愛し,神  仕える こと です。

19,20 (イ)魂    思い    含む   あれ ば,マルコ 12  30   それら   機能  つい   述べ  いる   なぜ です か。(ロ)魂  こめ  エホバ  仕える  は,どう いう 意味 です か。

19   こめ    仕える   どう いう 意味 でしょ  か。魂 は,身体  また 知的  能力 すべて  含む,人  全体  指し   ます。魂    思い    包含 する   あれ ば,マルコ 12  30   それら   機能  つい   述べ  いる   なぜ でしょ  か。例え  考え   ましょ う。聖書 時代,人  自分 自身(自分  魂)を 奴隷    売る こと  あり まし た。と  いえ,奴隷    こめ  主人  仕える こと  なかっ    しれ ませ ん。主人    図っ    尽くす こと も,知的 能力  尽くす こと  なかっ    しれ ませ ん。(コロサイ 3:22)ですから,イエス  これら   機能  つい  述べ   は,神  対する 奉仕  おい  何一つ 差し控え   なら ない  いう こと  強調 する ため だっ   でしょ う。魂  こめ    仕える  は,自分 自身  差し出し,神   奉仕  おい  可能  限り 自分  体力  エネルギー  用いる,と いう 意味 です。

20   こめ  仕える  は,すべて    宣教 奉仕  おい  同じ だけ  時間  エネルギー  費やさ なけれ  なら ない,と いう 意味 でしょ  か。その よう  こと  まず 不可能 でしょ う。人  それぞれ,置か   状況  能力  異なっ  いる から です。例えば,健康  身体   スタミナ   満ち  若い  は,年  取っ  体力  衰え   より 多く  時間  伝道  費やす こと  できる でしょ う。家族  責任  ない 独身   は,家族  世話   なけれ  なら ない  より 多く  こと  行なえる でしょ う。宣教 奉仕  おい  多く  行なえる 体力  状況  恵ま   いる なら,それ  大いに 感謝  べき こと です。当然  こと ながら,この   自分       比較  て,批判   気持ち  抱く よう  こと  決して  たく あり ませ ん。(ローマ 14:10‐12)むしろ,自分    用い      励まし たい もの です。

21 自分    用いる 最善 かつ 最も 重要  方法   です か。

21 エホバ は,力  正しく 用いる   完全  手本  示し  おら  ます。わたしたち は,不 完全  人間   あり ます が,自分  能力  限り  尽くし  エホバ  見倣い たい  思い ます。自分  持つ 何らか  権威  もと  ある  たち  敬意  こめ  扱う なら,自分    正しく 用い  いる こと  なり ます。さらに,エホバ  わたしたち  与え,遂行    おら れる,命  救う 伝道 活動    こめ  携わり たい もの です。(ローマ 10:13,14)忘れ  なら ない    て,あなた が,つまり あなた    ささげ 得る 最良  もの  ささげる 時,エホバ  喜ば  ます。あなた  自分    促さ  て,その よう  理解    富む   仕える ため に,できる こと     行ない たい  思う    ない でしょ  か。それ こそ,自分    用いる 最善 かつ 最も 重要  方法 です。

^ 10節 「むち棒」と 訳さ   いる ヘブライ  は,聖書 時代  は,羊飼い    導く   用いる よう   あるいは   指し   まし た。(詩編 23:4)同様 に,親  権威 の「むち棒」も,過酷  あるいは 残酷  処罰   なく,愛 ある 導き  連想   ます。

もっと調べる

あなたは王国のために進んで犠牲を払いますか

神の王国を支持するために,どのように自分の時間,お金,エネルギー,能力を活用できるかを学びましょう。