アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

エホバに近づきなさい

  9 

『神の力なるキリスト』

『神の力なるキリスト』

1‐3 (イ)ガリラヤ   で,弟子 たち  どんな 恐ろしい 経験   まし  か。イエス    行ない まし  か。(ロ)イエス を『神   なる キリスト』と 呼ぶ   適切  ある   なぜ です か。

弟子 たち  おびえ   まし た。ガリラヤ    渡る 途中,突然,あらし  襲わ    です。それ まで  も,この   あらし  遭遇   こと  あっ   違いあり ませ ん。その    は,経験  積ん  漁師 だっ  から です。 *マタイ 4:18,19)しかし 今回  もの は「猛烈   あらし」で,たちまち   水しぶき  上げ  荒れ狂い ます。弟子 たち  必死  なっ    操ろ    ます が,その あらし   かない ませ ん。押し寄せる  が「舟    打ちつけ」,舟    たまり 始め ます。これ だけ  騒ぎ   かかわら ず,イエス はと もの ほう  ぐっすり 眠っ   ます。一日 じゅう 群衆  教え    すっかり 疲れ  いる  です。自分 たち    危ぶん  弟子 たち は,イエス  起こし,「主 よ,わたしたち  お救い ください,わたしたち  死ん  しまい そう です!」と 懇願  ます。―マルコ 4:35‐38。マタイ 8:23‐25

2 イエス  恐れ   ませ ん。全き 確信  抱い      叱りつけ,「静まれ! 静か  なれ!」と 言い ます。すると たちまち     その 言葉 どおり  なり,大荒れ  収まり,波  穏やか  なっ て,『大なぎ  なり』ます。弟子 たち  一方 なら  恐れ  抱き,「これ  いったい どう いう    だろ う」と ささやき 合い ます。確か に,聞き分け  ない 子ども  たしなめる   よう        叱りつける こと  できる  は,どう いう    でしょ う。―マルコ 4:39‐41。マタイ 8:26,27

3 もと より イエス は,普通     異なっ   まし た。エホバ     イエス  対し て,また イエス  通し て,普通  超え  仕方  示さ      です。使徒 パウロ  霊感  もと に,適切   イエス  こと を『神   なる キリスト』と 呼び まし た。(コリント  一 1:24)神    どの よう  イエス  うち  発揮    いる  でしょ  か。さらに,イエス    用い方 は,わたしたち  生活  どの よう  かかわっ  いる でしょ  か。

  独り子  

4,5 (イ)エホバ  ご自分  独り子  どんな   権威  ゆだね まし  か。(ロ)創造  関する み父  目的  遂行 する ため,み子     付与   まし  か。

4 イエス  人間  なる   持っ      つい  考え   ましょ う。エホバ は,後  イエス  キリスト  呼ば   独り子  創造   とき,ご自身 の「とこしえ  力」を 行使   まし た。(ローマ 1:20。コロサイ 1:15)その  エホバ は,この み子  計り知れない   権威  ゆだね,創造  関する ご自身  目的  遂行 する 任務  与え まし た。み子  関し  聖書  こう 述べ   ます。「すべて  もの    通し  存在 する よう  なり,彼  離れ  存在 する よう  なっ  もの  一つ  ない」。―ヨハネ 1:3

5 わたしたち は,その 膨大  任務  ごく 一部 しか 理解 でき ませ ん。おびただしい   強大  み使い,幾十幾百億  銀河  有する 物質 宇宙,多種 多様  生命  あふれる 地球 など  生み出す   要する   想像     ください。その よう  仕事  成し遂げる ため,独り子 は,宇宙  最も 強い   ある   聖霊    まま  用いる こと  でき まし た。この み子 は,“優れ  働き手”で ある こと  大きな 満足  覚え,エホバ    すべて  もの  創造 する  あたっ  この 働き手  お用い  なり まし た。―箴言 8:22‐31

6 地上     復活  後,イエス   どんな   権威  授け られ まし  か。

6 この 独り子  さらに 大きな   権威  与え られる,と いう こと  ある でしょ  か。地上     復活  後,イエス  こう 述べ まし た。「わたし      おける すべて  権威  与え られ   ます」。(マタイ 28:18)そう です,今や イエス は,力   宇宙   行使 する 能力  権利  授け られ   ます。「王   また   主」で ある イエス は,み父  対立 する 「あらゆる 政府,また あらゆる 権威  力」を,見える  見え ない   問わ ず『無  帰せ しめる』権威  有し  いる  です。(啓示 19:16。コリント  一 15:24‐26)神 は『イエス  服さ ない もの  何一つ 残し  おら  ませ ん』。もちろん,それ   エホバ ご自身  含ま  ませ ん。―ヘブライ 2:8。コリント  一 15:27

7 エホバ から ゆだね られ    イエス  誤用 する こと  決して ない,と 確信 できる   なぜ です か。

7 イエス    誤用 する    ない か,と 心配 する 必要  ある でしょ  か。全く あり ませ ん。イエス  み父  ほんとう  愛し  おり,み父  不興  被る よう  こと  何一つ 行ない ませ ん。(ヨハネ 8:29; 14:31)イエス は,エホバ  全能    決して 誤用   ない こと  よく 知っ   ます。エホバ が『ご自分  対し    全き  たち  ため  み力  表わす』機会  探し  おら れる 様子 を,イエス  じかに 観察    まし た。(歴代  二 16:9)確か  イエス  人類  対し て,み父  同じ よう    抱い   ます。ですから わたしたち は,イエス  どんな 場合   自分    善い こと  ため  用いる  信頼 でき ます。(ヨハネ 13:1)この   イエス は,非  打ちどころ  ない 記録  残し   ます。では,地上      イエス  どんな   持っ    か,また それ  どの よう  用い たい  願っ    考察  ましょ う。

「言葉  おい  強力」

8 油そそが   イエス  は,何  行なう   与え られ まし  か。イエス  自分    どの よう  用い まし  か。

8 イエス は,ナザレ  暮らし    少年 時代   奇跡  行なわ なかっ  よう です。しかし,西暦 29 年,およそ 30   バプテスマ  受け  後,変化  生じ ます。(ルカ 3:21‐23)聖書  こう 述べ   ます。『神  聖霊    もっ  この   油そそが れ,この   善い こと  行ない ながら,また 悪魔  虐げ られ  いる  すべて  いやし ながら,国じゅう  回り まし た』。(使徒 10:38)『善い こと  行なう』― これ は,イエス  自分    正しく 用い   いう こと   ない でしょ  か。イエス は,油そそが   後,「業  言葉  おい  強力  預言   なり まし た」。―ルカ 24:19

9‐11 (イ)多く  場合,イエス  どこ  教え まし  か。何  要求   まし  か。(ロ)群衆  イエス  教え方  驚き入っ    なぜ です か。

 9 どんな 意味 で,イエス  言葉  おい  強力   だっ   でしょ  か。イエス  しばしば 屋外 で,つまり 湖畔    中腹,街路    立つ 広場 など  教え まし た。(マルコ 6:53‐56。ルカ 5:1‐3; 13:26)聴く  たち は,イエス  言葉  興味  なくなっ たら,いつ   立ち去る こと  でき  でしょ う。印刷      なかっ  その 時代,聴い  いる 事柄  価値  認める 人々 は,イエス  言葉  思い    収め なけれ  なり ませ  でし た。ですから,イエス  教え は,人々  注意  しっかり  引き付ける もの,はっきり  理解 でき,覚え やすい もの  なけれ  なり ませ  でし た。しかし,そう   要求  イエス  とっ  問題   なり ませ ん。一例   て,山上  垂訓  取り上げ ましょ う。

10 西暦 31  前半  ある 朝,ガリラヤ    近い   中腹  群衆  集まり まし た。100  以上  離れ  エルサレム  ユダヤ から     いれ ば,北  ティルス  シドン  海岸 地方 から      ます。多く  病人  イエス  触ろ     近づき,イエス  その  たち 全員  いやし ます。群衆    深刻  病気        なく なる と,イエス  教え 始め ます。(ルカ 6:17‐19)しばらく   イエス  話し 終え  時,人々  聞い  事柄  驚い   まし た。なぜ でしょ  か。

11 その 垂訓  聞い      は,幾     こう 書い   ます。「群衆  その 教え方  驚き入っ   た。権威  ある   よう  教え  おら れ……たか   ある」。(マタイ 7:28,29)イエス は,群衆  感じ 得る   もっ    まし た。神  代弁   話し,自分  教え  裏付け   て,権威 ある   言葉  用い まし た。(ヨハネ 7:16)イエス  陳述  明快  あり,勧める 言葉   説得   あり,論議  反ばく  余地  ない もの でし た。イエス  言葉 は,物事  核心  突く  同時 に,聴き手    訴え まし た。幸福  見いだす 方法,祈り方,神  王国  求め方,安全  将来  ため  建てる 方法 など  教え   です。(マタイ 5:3–7:27)イエス  言葉 は,真理    飢え  人々    目覚め させ まし た。その よう   人々 は,イエス  従う ため  喜ん  自分 を「捨て」,一切  もの     まし た。(マタイ 16:24。ルカ 5:10,11)イエス  言葉    示す   明白  証拠   でしょ う。

『業  おい  強力』

12,13 イエス  どんな 意味 で『業  おい  強力』でし  か。イエス  奇跡  どの よう  多岐  わたっ   まし  か。

12 イエス は『業  おい  強力』な    あり まし た。(ルカ 24:19)福音  は,イエス  行なっ  30 余り  奇跡  つい  伝え   ます。その すべて は「エホバ  力」に よっ  行なわ  まし た。 *ルカ 5:17)イエス  奇跡 は,大勢  人々  生活  影響  及ぼし まし た。5,000    に,また   4,000     食事  させ   いう 二つ  奇跡 だけ  とっ  も,いずれ  場合 も「ほか    幼子 たち   た」の ですから,おそらく 合計 2万  ほど   たち  関係     こと でしょ う。―マタイ 14:13‐21; 15:32‐38

『彼ら は,イエス      歩い  いる    た』

13 イエス  奇跡  非常  多岐  わたっ   まし た。イエス  悪霊  対する 権威  持っ  おり,難なく 悪霊  追い出し まし た。(ルカ 9:37‐43)物質  元素  対する   有し,水  ぶどう   変え  こと  あり ます。(ヨハネ 2:1‐11)風  吹き荒れる ガリラヤ      歩い て,弟子 たち  驚か   こと  あり ます。(ヨハネ 6:18,19)病気  制する   あり,器質   疾患,慢性 病,命  かかわる 病気 など  治し まし た。(マルコ 3:1‐5。ヨハネ 4:46‐54)イエス は,そう  たい やし  さまざま  方法  行ない まし た。離れ   から いやさ     いれ ば,イエス  直接 触れ  もらっ     ます。(マタイ 8:2,3,5‐13)たちどころ  いやさ    や,徐々  いやさ      まし た。―マルコ 8:22‐25。ルカ 8:43,44

14 どんな 状況 で,イエス    過程  逆行  せる   持っ  いる こと  実証  まし  か。

14 特筆  べき    て,イエス    過程  逆行  せる   持っ    まし た。記録  残る 三つ  場面  イエス  死者  よみがえらせ,12   少女  両親   に,独り 息子  その   ある やもめ   に,愛さ     男性  その 姉妹 たち    戻し まし た。(ルカ 7:11‐15; 8:49‐56。ヨハネ 11:38‐44)どんな 状況    負え ない もの   あり ませ  でし た。イエス は,亡くなっ  ばかり  12   少女     から よみがえらせ まし た。やもめ  息子  葬儀  棺台 から 復活     は,その 息子  亡くなっ  当日  こと  あっ   違いあり ませ ん。そして,ラザロ を,亡くなっ  から 4   に,葬ら   いる  から よみがえらせ まし た。

利他  で,分別  思いやり  富む   用い方

15,16 イエス    用い方    利他   あっ  こと  示す,どんな 証拠  あり ます か。

15 イエス  あっ     完全  支配     ゆだね られ  なら,おそらく 悪用  れる    ない でしょ  か。しかし,イエス    ない  でし た。(ペテロ  一 2:22)そして,自分 たち  持つ       害する よう   完全  人間  駆り立てる 利己 心,野心,貪欲 など  毒さ れる こと  あり ませ  でし た。

16 イエス    用い方    利他   あり,自分 個人    ため    使う こと  決して あり ませ  でし た。空腹    も,自分  ため    パン  変え よう    ませ  でし た。(マタイ 4:1‐4)所有   わずか しか なかっ  こと は,自分    用い  物質   利益   たり   なかっ  こと  証拠 です。(マタイ 8:20)イエス  利他   動機  強力    行なっ  こと  裏付け  ほか   あり ます。奇跡  行なう 時,イエス  自分 自身  幾らか  犠牲  払っ  そう  まし た。病気    治し  時,イエス から     行き まし た。一     治し  だけ  も,イエス  その よう    流れ出る   感じ まし た。(マルコ 5:25‐34)それでも イエス は,大勢  人々  ご自分  触る こと  許し,その 人々  いやさ  まし た。(ルカ 6:19)何  利他   精神   でしょ う。

17 イエス は,力  用い方    分別  働か   こと  どの よう  示し まし  か。

17 イエス  自分    用い方    分別  働か  まし た。単に 見せつける  だけ  ため に,あるいは 芝居 がかっ   意味  行為    強力    行なう こと  決して あり ませ  でし た。(マタイ 4:5‐7)間違っ  動機  抱く ヘロデ  好奇   満足  せる だけ  ため  しるし  行なお     ませ  でし た。(ルカ 23:8,9)自分    宣伝 する どころ か,いやし  人々  対し て,だれ   言わ ない よう   指示 する こと     あり まし た。(マルコ 5:43; 7:36)自分  関し て,人々  センセーショナル  うわさ  基づい  判断 する   望ま なかっ   です。―マタイ 12:15‐19

18‐20 (イ)何  イエス    用い方  影響    まし  か。(ロ)耳  聞こえ ない 男性  いやし    イエス  振る舞い  つい て,あなた  どう 感じ ます か。

18 この 強力  人物 イエス は,無 神経       必要  苦しみ    介さ     振るう 支配  たち   全く 異なっ   まし た。イエス  人々  気遣い まし た。つらい 境遇  ある     だけ  深く   動かさ れ,その 苦しみ  除き たい  いう 気持ち  駆ら  まし た。(マタイ 14:14)人々  気持ち  必要  思いやり,その 優しい 関心    用い方  影響    まし た。一つ  感動   事例 が,マルコ 7  31‐37   記録     ます。

19 この 時,大 群衆  イエス  見つけ,大勢  病気    連れ     で,イエス  それら   すべて  治し まし た。(マタイ 15:29,30)同時  イエス は,一   男性  特別  思いやり  示し ます。その     聞こえ ず,ほとんど 話せ ませ  でし た。イエス  その   とりわけ 緊張 し,きまり悪 そう    いる   気づい   でしょ う。思慮深く,その   連れ出し て,群衆 から 離れ た,人目  付か ない   連れ  行き ます。それ から イエス は,何らか  しぐさ で,自分   よう    いる 事柄  その   伝え ます。そして,「ご自分    その   両耳  入れ,つば  かけ  から,彼    触れ」まし た。 *マルコ 7:33)次い で,天   見上げ,祈り  こめ    つき ます。こう   所作 は,その 男性 に『わたし  あなた  ため   よう    いる  は,神 から    よる  です』と 言っ  いる   よう です。最後  イエス は,「開か れよ」と 言い ます。(マルコ 7:34)すると,その   聴力  回復 し,普通  話せる よう  なり ます。

20  から 与え られ    用い  つらい 境遇  ある   いやす   も,イエス  人々  気持ち  親身  配慮  示し  こと  考える と,強く   打た  ます。その よう  気遣い  思いやり  富む 支配     エホバ メシア 王国 ゆだね  おら れる こと  知る と,安心 できる    ない でしょ  か。

来たる べき 事柄  前触れ

21,22 (イ)イエス  奇跡    前触れ でし  か。(ロ)イエス  自然   制御 できる こと  考える と,その 王国 支配  もと   どんな こと  期待 でき ます か。

21 イエス  地上  行なっ  強力   は,王 なる イエス  支配  もと  実現 する いっそう 壮大  祝福  先触れ  すぎ ませ  でし た。神  新しい   おい て,イエス  再び 奇跡 を,しかも  地球   規模  行なう  です。興奮  誘う 将来  見込み  幾つ   考え   ましょ う。

22 イエス は,地球  生態   完全  バランス  取り戻さ  ます。思い出し  ください。イエス   あらし  静め,自然   制御 できる こと  実証  まし た。ですから,キリスト  王国 支配  もと  人類 は,台風,地震,噴火 など  自然 災害  よる 被害  恐れる 必要  ない,と 断言 でき ます。イエス は,地球  その   すべて  生命  創造 する   エホバ  用い られ  優れ  働き手   で,地球  構造  熟知    ます。地球  資源  適切  用い方  ご存じ です。イエス  支配  もと で,この 全地  パラダイス  変わる でしょ う。―ルカ 23:43

23 王     イエス は,どの よう  人類  必要  満たし ます か。

23 人類  必要  する もの  つい   どう です か。イエス  は,わずか ばかり  食糧 だけ  用い  幾千      食物  豊か  供給 する 能力  ある  ですから,その 支配  飢え から  解放  もたらす こと   確信 でき ます。豊富  食物  公平  分配  れる こと  より,飢え  永久  存在  なく なる  違いあり ませ ん。(詩編 72:16)イエス   疾患  制する   ある  で,病気  人,目  見え ない 人,耳  聞こえ ない 人,体  障害  ある 人,足  なえ   など は,完全 に,そして 恒久   いやさ れる こと でしょ う。(イザヤ 33:24; 35:5,6)そして,死者  復活  せる 能力  ある こと から する と,天       イエス  力強さ  は,み父  好意  受け  記憶    いる 膨大    人々  復活  せる   含ま れる はず です。―ヨハネ 5:28,29

24 イエス    つい  思い巡らす とき,何  忘れ   なり ませ  か。なぜ です か。

24 イエス    つい  思い巡らす とき,み子  み父  完璧  見倣っ  いる,と いう   忘れ ない よう   ましょ う。(ヨハネ 14:9)つまり,イエス    用い方 は,エホバ    用い方  はっきり  示し  いる  です。例えば,イエス     らい病   いやし  とき  優しい 接し方  つい  考え    ください。イエス  哀れ  思い,その   触っ て,「わたし  そう 望み ます」と 言い まし た。(マルコ 1:40‐42)あたかも,この よう  記述  通し て,エホバ が『わたし  この よう    用いる』と 言っ  おら れる   よう です。あなた も,全能    賛美  たい,その よう   ある 仕方    用い  くださる こと  感謝  たい,と お感じ  なる    ない でしょ  か。

^ 1節 突然  あらし  ガリラヤ     珍しく あり ませ ん。水面  低い(海抜 マイナス 200  ほど)ため  周辺 地域 より 気温  かなり 高く,その せい   気流  発生  ます。北方  ヘルモン  から ヨルダン 渓谷  強風  吹き下ろし ます。無風 状態  一転  て,ひどい あらし  なる こと  ある  です。

^ 12節 さらに 福音  は,多く  奇跡  ひとまとめ   て,一つ  包括   記述  する こと  あり ます。例えば,「全市」が イエス    やっ   て,イエス が「大勢 の」病人  治し  場合  そう です。―マルコ 1:32‐34

^ 19節 つば  かける こと は,ユダヤ  から  異邦  から  認め られ  いやし  手段 あるいは しるし でし た。治療  おい  唾液  用い られ  こと は,ラビ  書物   記さ    ます。イエス  つば  かけ   は,これ から いやさ れる こと  当人  伝える ため  過ぎ なかっ     しれ ませ ん。いずれ  せよ イエス は,自分  唾液  自然 治癒     用い     あり ませ ん。

もっと調べる

「あなたの王国が来ますように」― その時はいつか

油そそがれた王は,神のご意志が地上で十分に行なわれるように,さらなる行動を間もなく起こされます。なぜそれを確信できますか。