アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

エホバに近づきなさい

  16 

『公正を行なって』神と共に歩む

『公正を行なって』神と共に歩む

1‐3 (イ)なぜ わたしたち  エホバ  恩義  あり ます か。(ロ)愛 ある 救い主 は,わたしたち    求め  おら  ます か。

沈ん  ゆく     取り残さ   自分  想像     ください。もう 駄目   あきらめ かけ  ところ  救助   到着 し,助け  くれ ます。危難 から 救い出さ れ,「もう 大丈夫 です よ」と   かけ  もらう なら,どんな   ほっ  する こと でしょ う。その   恩義  感じる    ない でしょ  か。まさに   恩人   です。

2 この 例え  幾つ    で,エホバ  わたしたち  ため    くださっ  事柄  当てはまり ます。確か  わたしたち  エホバ  恩義  あり ます。何  いっ  も,エホバ  贖い  備え,罪    手中 から  救出  可能    ください まし た。わたしたち は,その 貴重  犠牲  信仰  働か せる 限り   許さ れ,とこしえ  将来  保証  れる こと  知っ  いる  で,安心 でき ます。(ヨハネ  一 1:7; 4:9)第 14     とおり,贖い は,エホバ    公正  最高  表明 です。では,わたしたち  どう こたえ応じる べき でしょ  か。

3  ある 救い主 ご自身  わたしたち    求め  おら れる か,と いう   考察 する   ふさわしい こと です。エホバ  預言  ミカ  通し て,こう 述べ  おら  ます。「地   よ,何  善い こと     あなた  お告げ  なっ た。そして,エホバ  あなた  求め  おら れる  は,ただ 公正  行ない,親切  愛し,慎み  もっ  あなた      歩む こと   ない か」。(ミカ 6:8)エホバ  求め  おら れる 事柄  一つ は『公正  行なう』こと  ある,と いう   注目   ください。どう すれ  公正  行なえる  でしょ  か。

「真  義」を 追い求める

4 エホバ  わたしたち      規準  調和   生きる こと  期待   おら  ます が,どうして それ  分かり ます か。

4 エホバ は,わたしたち  正邪  関する   規準  添っ  生きる こと   期待   おら  ます。神  規準  公正    かなっ  いる  で,わたしたち  それ  従う とき,公正    追い求め  いる こと  なり ます。『善  行なう こと  学び,公正  尋ね求めよ』,と イザヤ 1  17   述べ   ます。神  言葉 は,『義  求める』こと  強く 勧め   ます。(ゼパニヤ 2:3)さらに,「神  ご意志  そい つつ   義……の うち  創造    新しい 人格  着ける」こと  勧め   ます。(エフェソス 4:24)真  義,つまり   公正 は,暴虐,汚れ,不 道徳  退け ます。それら   なる 物事  反する から です。―詩編 11:5。エフェソス 5:3‐5

5,6 (イ)エホバ  規準  従う こと  重荷  ない   なぜ です か。(ロ)義  追い求める   継続   過程  ある こと を,聖書  どの よう  示し   ます か。

5 エホバ    規準  従う こと  重荷 でしょ  か。いいえ,エホバ  引き寄せ られ  いる  は,神  ご要求  いらだっ たり   ませ ん。わたしたち      特性 すべて  愛し  いる  で,神  喜ばせる 生き方   たい  思っ   ます。(ヨハネ  一 5:3)エホバ は「義 なる 行為  愛さ れる」,と いう こと  思い出し  ください。(詩編 11:7)神  公正 つまり   見倣い たい  真に 願う   あれ ば,エホバ  愛さ れる もの  愛し,憎ま れる もの  憎む よう  なる こと  必要 です。―詩編 97:10

6   追い求める  は,不 完全  人間  とっ  容易  こと   あり ませ ん。古い 人格  その 罪深い 習わし    脱ぎ捨て,新しい 人格  着け なけれ  なり ませ ん。新しい 人格  正確  知識  よっ て「新た  され  ゆく」,と 聖書  述べ   ます。(コロサイ 3:9,10)「新た  され  ゆく」と いう 表現  示す とおり,新しい 人格  着ける こと  継続   過程,勤勉  努力  要する 過程 です。わたしたち は,正しい こと  行なお   どれ ほど 努力   も,罪深い 性質  ゆえに 考え  言葉  行ない    つまずく こと  あり ます。―ローマ 7:14‐20。ヤコブ 3:2

7 義  追い求め よう  努力   いる   後退   しまう とき,その こと  どの よう  みなす べき です か。

7   追い求め よう  努力   いる   後退   しまう とき,その こと  どう みなす べき です か。言う まで  なく,罪  犯す こと  重大   軽視  たい   思い ませ ん。しかし 同時 に,決して あきらめ   なり ませ  ん。短所  ゆえに 自分  エホバ  仕える 資格  ない,など  考え   なら ない  です。慈しみ深い  は,誠実  悔い改める   ご自分  恵み  もと  復帰  せる ため  備え  設け  おら  ます。使徒 ヨハネ  心強い 言葉  注目   ください。まず,「わたし  これら  こと  書い  いる  は,あなた方    犯す こと  ない ため です」と 述べ  から,現実  基づき,こう 付け加え   ます。「もし だれ  が[受け継い   完全   ゆえに]罪  犯す こと  あっ  も,わたしたち     もと  助け手,すなわち……イエス  キリスト  おら  ます」。(ヨハネ  一 2:1)そう です,エホバ  イエス  贖い  犠牲  備え,わたしたち  罪深い 性質  持ち ながら  受け入れ られる 仕方    仕える こと  できる よう    くださっ  いる  です。その こと  考える    動かさ れ,エホバ  喜ばせる ため  最善  尽くし たい  思う    ない でしょ  か。

良い たより    公正

8,9 良い たより  ふれ告げる  は,エホバ  公正  どの よう  実証  ます か。

8 わたしたち は,神  王国  良い たより      宣べ伝える   十分 携わる こと  より,公正  行なう,つまり   公正  見倣う こと  でき ます。では,エホバ  公正  良い たより   どんな 関係  ある  でしょ  か。

9 エホバ は,この 邪悪  事物  体制  終わり  もたらす  に,まず 警告  鳴り響か せる よう  され ます。イエス は,終わり    生じる 事柄  関する 預言   で,「あらゆる 国民   で,良い たより  まず 宣べ伝え られ   なり ませ ん」と 述べ まし た。(マルコ 13:10。マタイ 24:3)「まず」と いう   使わ   いる こと から 分かる とおり,世界   宣べ伝える   続い    出来事  生じ ます。その 出来事  は,予告    いる  患難  含ま  ます。その  患難  より,邪悪  人々  滅び,義  新しい      開か  ます。(マタイ 24:14,21,22)確か に,エホバ  邪悪  人々  対し  不正  こと  される,と 正当  非難 する こと  だれ   でき ませ ん。エホバ  警告  鳴り響か せる こと  より,そう   人々 に,歩み  改めて 滅び  免れる ため  機会  十分  与え  おら れる  です。―ヨナ 3:1‐10

良い たより  公平      伝える とき,わたしたち    公正  発揮   いる

10,11 良い たより  宣べ伝える   携わる こと は,どんな     公正  反映  なり ます か。

 10 では,わたしたち  行なう 良い たより  宣べ伝える  は,どんな     公正  反映  なる  でしょ  か。そもそも,他    救い  得る   助ける ため 自分  できる 限り  事柄  行なう  は,全く 正しい こと です。沈ん  ゆく  から  救助  関する 例え を,もう 一度 考え   ましょ う。無事  救命 ボート  乗り移っ  あなた は,まだ     いる  たち  助け たい  思う  違いあり ませ ん。それ  同様,わたしたち  は,この 邪悪   の“水”の   まだ もがい  いる 人々  対し て,一   責務  あり ます。音信  拒む   多い   確か です。しかし,エホバ  辛抱  続け  おら れる 限り,わたしたち  は,『悔い改め  至って』救い  見込み  得る 機会  人々  与える 責任  あり ます。―ペテロ  二 3:9

11 会う  すべて  良い たより  宣べ伝える なら,もう 一つ  重要     公正  発揮   いる こと  なり ます。公平   示す  いう  です。『神   公平     なく,どの 国民  も,神  恐れ,義  行なう     受け入れ られる』と いう こと  思い出し  ください。(使徒 10:34,35)神  公正  見倣い たい なら,先入   もっ  人々     なり ませ ん。むしろ,人種,社会  地位,経済 状態   なく,人々  良い たより  伝える べき です。その よう   て,耳  傾ける すべて   に,良い たより  聞い  こたえ応じる 機会  与える  です。―ローマ 10:11‐13

    どの よう  接する 

12,13 (イ)他    性急  裁く べき  ない   なぜ です か。(ロ)「裁く   やめ なさい」,「罪  定める   やめ なさい」と いう イエス  諭し  は,どんな 意味  あり ます か。(脚注  ご覧 ください。)

12 さらに,エホバ  わたしたち  接し  くださる とおり      接する こと  よっ  も,公正  行なう こと  でき ます。他    裁い て,落ち度  批判  たり 動機  疑っ たり する こと  あり がち です。しかし,エホバ  自分  動機  短所  容赦なく 探ら れる こと  望む   いる でしょ  か。エホバ は,わたしたち  その よう   扱わ  ませ ん。詩編  作者 は,「ヤハ よ,あなた  見つめる もの  とが  ある なら,エホバ よ,いったい だれ  立ち 得る でしょ  か」と 述べ   ます。(詩編 130:3)公正  憐れみ深い  は,わたしたち  欠点  注目  続け たり  され ませ ん。わたしたち  その こと  感謝   いる    ない でしょ  か。(詩編 103:8‐10)では,他    どの よう  接する べき でしょ  か。

13   公正  憐れみ深さ  備え  もの  ある こと  認識   いる なら,自分  全く かかわり  ない 事柄 や,あまり 重要  ない 事柄  関し て,他    性急  裁く こと   ない でしょ う。イエス  山上  垂訓   で,「自分  裁か  ない ため に,人  裁く   やめ なさい」と 警告   おら  ます。(マタイ 7:1)ルカ  記述  よる と,イエス  言葉  続け,「罪  定める   やめ なさい。そうすれば,あなた方    定め られる こと  決して ない でしょ う」と  述べ  おら  ます。 *ルカ 6:37)この よう  イエス は,不 完全  人間     裁く 傾向  ある こと  ご存じ でし た。イエス    聴い     たち  うち,他    厳しく 裁く   ある  は,それ  やめ なけれ  なり ませ  でし た。

14 どんな 理由  ゆえに,他   を『裁く   やめる』べき です か。

14    を『裁く   やめる』べき    なぜ でしょ  か。一つ  は,わたしたち  権限   限界  ある から です。弟子 ヤコブ は,「立法  また 裁き主  ある   ひとり」,つまり エホバ  ある こと  指摘    ます。そして,的    質問  し,「自分  隣人  裁く あなた は,いったい だれ   です か」と 問いかけ   ます。(ヤコブ 4:12。ローマ 14:1‐4)また,罪深い 性質  持つ わたしたち  往々     公平  裁き  行なっ  しまい ます。偏見,傷つい  自尊 心,ねたみ,独善 など,多く  態度  動機  より,仲間  人間  対する 見方  ゆがん  しまい ます。ほか   様々  限界  あり ます。そう   限界  つい  考える なら,性急      あら探し  する こと  避け られる でしょ う。わたしたち     読む こと  でき ませ ん。他    私的  状況  全部 知っ  いる わけ   あり ませ ん。そう  あれ ば,仲間  信者  動機  悪く 解釈  たり,神   奉仕  おける 努力  批判  たり する わたしたち は,いったい だれ   でしょ  か。兄弟 姉妹  欠点  注目 する より も,エホバ  見倣っ  兄弟 姉妹  長所  探す ほう が,どれ ほど 良い でしょ う。

15 どんな 言葉  接し方    崇拝     あっ   なり ませ  か。なぜ です か。

15 家族  成員  つい   どう でしょ  か。残念  こと に,今日  世界  は,平和  憩い    ある べき 家庭 で,極めて 厳しい 裁き  言い渡さ    ます。夫      虐待  行ない,家族  成員  言葉  暴力  よる 絶え間 ない 虐待  あらし  いう“刑”に 処し  いる,と いう   まれ   あり ませ ん。しかし,意地  悪い 言葉,辛らつ  皮肉,身体   虐待 など    崇拝     あっ   なり ませ ん。(エフェソス 4:29,31; 5:33; 6:4)「裁く   やめ なさい」,「罪  定める   やめ なさい」  いう イエス  諭し は,自分    いる とき   適用   ない  いう もの   あり ませ ん。思い出し  ください。公正  行なう こと  は,エホバ  わたしたち  接し  くださる とおり      接する こと  含ま  ます。そして,神  決して,わたしたち  とげとげしく,あるいは 冷酷  扱っ たり  され ませ ん。それどころか,ご自分  愛する  たち  対する『優しい 愛情  富ん で』おら  ます。(ヤコブ 5:11)わたしたち  見倣う べき   素晴らしい 手本   でしょ う。

「まさに 公正  ため に」仕える 長老 たち

16,17 (イ)エホバ  長老 たち    期待   おら  ます か。(ロ)罪人    悔い改め  示さ ない 場合,何   なけれ  なり ませ  か。なぜ です か。

16 わたしたち すべて  は,公正  行なう 責任  あり ます。と  いえ,クリスチャン 会衆  長老 たち  は,この   特に 責任  あり ます。「君  ある  たち」つまり 長老 たち  関する,イザヤ  記録   預言   描写  注目   ください。こう あり ます。「見よ,ひとり      ため  治める。君  ある  たち は,まさに 公正  ため      支配 する」。(イザヤ 32:1)そう です,エホバ は,長老 たち  公正  ため  仕える こと  期待   おら  ます。では,長老 たち  どの よう  それ  行なえる でしょ  か。

17 これら 霊的  資格  ある 男子 は,公正 つまり   要求    会衆  清く 保た  なけれ  なら ない,と いう   よく 承知    ます。長老 たち は,重大  悪行  問題  裁か ざる   ない こと  あり ます。その よう    は,神  公正  可能  限り 憐れみ  差し伸べ よう  する,と いう こと  念頭  置き ます。それゆえ,罪人  悔い改め  導く よう 努め ます。しかし,助け よう  する そう   努力   かかわら ず,罪人    悔い改め  示さ ない 場合  どう でしょ  か。エホバ  言葉 は,完全  公正  基づき,次  よう  断固 たる 措置  取る よう  命じ   ます。「その 邪悪    あなた方   から 除き なさい」。これ は,その   会衆 から 追放 する いう 意味 です。(コリント  一 5:11‐13。ヨハネ  二 9‐11)長老 たち は,そう   行動  取ら   なら ない こと  残念  思い ます が,会衆  道徳  また 霊的  清さ  守る ため   それ  必要  ある  こと  認め ます。その よう  場合  も,長老 たち は,罪人  いつ    本心  立ち返り,会衆  戻っ  くる こと  望み ます。―ルカ 15:17,18

18 長老 たち は,聖書  基づく 助言  与える 際,何  思い  留め ます か。

18 公正  ため  仕える こと  は,必要  とき に,聖書  基づく 助言  与える こと  含ま  ます。もちろん,長老 たち      欠陥  探し たり   ませ ん。事 ある ごと  矯正  与え よう  する こと  あり ませ ん。と  いえ,仲間  信者 が「それ  知ら     誤っ  歩み  する」場合  あり ます。長老 たち は,神  公正  冷酷   無情   ない  いう こと  銘記   いる  で,「温和    もっ  その よう     調整  施す こと  努め」ます。(ガラテア 6:1)ですから 長老 たち は,過ち  犯し    しかりつけ たり,とげとげ   言葉  用い たり する こと  避け ます。むしろ,愛  もっ  助言  与える こと  より,その   励まし ます。的    戒め  与え,賢明  ない 歩み  結末  つい  率直  述べる 場合  も,過ち  犯し  仲間  信者  エホバ    群れ  一員  ある こと  思い  留め ます。 *ルカ 15:7)愛  動機    助言  戒め    うち  与え られ  いる こと  明らか  あれ ば,過ち  犯し       その  調整  受け入れ やすい でしょ う。

19 長老 たち  どんな 決定  下さ なけれ  なり ませ  か。そう   決定 は,何  基づい  下す べき です か。

19 長老 たち  しばしば,仲間  信者  影響  与える 決定  下さ なけれ  なり ませ ん。例えば,会衆     兄弟 たち  長老 あるいは 奉仕      推薦  れる 資格  備え  いる  どう  考慮 する ため,会合  持つ こと  あり ます。長老 たち は,公平  ある こと  重要   わきまえ   ます。決定  下す  当たっ て,単なる 個人   印象  頼る    なく,そう   任命  関する   ご要求  導き   ます。その よう    て,「早計  判断  下す こと なく」行動 し,「何事  偏っ  見方  行なう こと  ない よう に」する  です。―テモテ  一 5:21

20,21 (イ)長老 たち    なる よう 努め ます か。なぜ です か。(ロ)「憂い  沈ん  魂」を 助ける ため,長老 たち    でき ます か。

20 長老 たち は,他  分野     公正  施行  ます。イザヤ は,長老 たち が「まさに 公正  ため に」仕える こと  予告   後,続け  こう 述べ   ます。「各々  必ず  から  隠れ場,雨 あらし から  隠れ場所,水  ない 地方  おける   流れ,やせ    おける 重い 大岩    よう  なる」。(イザヤ 32:2)ですから 長老 たち は,仲間  崇拝   とっ  慰め  さわやか     なる よう 努め ます。

21 今日,落胆  原因  なり やすい 問題  たくさん ある ため,多く    励まし  必要     ます。長老  皆さん,「憂い  沈ん  魂」を 助ける ため,あなた     でき ます か。(テサロニケ  一 5:14)その    感情 移入  し,耳  傾け  ください。(ヤコブ 1:19)その  は,信頼 できる   自分   の「煩い事」を 聞い  もらい たい    しれ ませ ん。(箴言 12:25)その   エホバ から  兄弟 姉妹 たち から  必要  され,高く 評価 され,愛さ   いる こと  確信    あげ  ください。(ペテロ  一 1:22; 5:6,7)さらに,その   ため  一緒  祈る こと  でき ます。自分  ため  長老   から  祈り  ささげ  くれる   聞く と,本当  慰め られる もの です。(ヤコブ 5:14,15)憂い  沈ん   たち  助け よう  する あなた   ある 努力 を,公正    見逃さ れる こと  あり ませ ん。

気落ち   いる   励ます とき,長老 たち  エホバ  公正  反映   いる

22 どんな 分野  エホバ  公正  見倣う こと  でき ます か。どんな 結果  期待 でき ます か。

22 確か に,神  公正  見倣う こと  より,わたしたち  エホバ  いっそう 近づく こと  でき ます。神    規準  擁護 する とき,また   救う 良い たより      伝える とき,そして     落ち度  探す    なく 長所  注目  よう  する とき,わたしたち    公正  発揮    ます。長老  皆さん,あなた  会衆  清さ  守る とき,築き上げる 聖書   助言  与える とき,公平  決定  下す とき,そして 気落ち   いる   励ます とき,神  公正  反映   いる  です。エホバ は,ご自分   が『公正  行なっ て』神    歩も   最善  尽くし  いる 様子   から ご覧  なり,心  大きな 喜び  お感じ  なる  違いあり ませ ん。

^ 13節 幾つ   聖書 翻訳 は,「裁い   なり ませ ん」,「罪  定め   なり ませ ん」と 訳し   ます。その よう  訳し方  は,「裁く こと  始め   なり ませ ん」,「罪  定める こと  始め   なり ませ ん」と いう 意味合い  あり ます。しかし,ここ  聖書 筆者 たち は,否定 命令  現在(継続 的)時制  用い   ます。ですから,述べ られ  いる 行動   時点  進行   あり,それ  停止  なけれ  なら なかっ   です。

^ 18節 聖書  テモテ  二 4  2  で,長老 たち  時折「戒め,けん責 し,説き勧め」なけれ  なら ない こと  述べ   ます。『説き勧める』と 訳さ   いる ギリシャ 語(パラカレオー)に は,「励ます」と いう 意味  あり ます。関連  ある ギリシャ  パラクレートス は,法律   問題  おける 弁護   指す こと  あり ます。ですから 長老 たち は,断固 たる 戒め  与える 場合  も,霊的  援助  必要    いる  たち  助け手  なけれ  なり ませ ん。

もっと調べる

ある人たちが排斥されるのはなぜか

神の愛ある懲らしめは,悪行を悔い改めた人のためになりますか。

クリスチャンの長老たち ― わたしたちの「喜びのための同労者」

幸福に神に仕えられるよう,長老たちは兄弟姉妹たちをどのように助けていますか。