アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

エホバに近づきなさい

  15 

イエスは「地に公正を定める」

イエスは「地に公正を定める」

1,2 どんな  に,イエス  怒り まし  か。なぜ です か。

イエス  明らか  怒っ   まし た。それ   もっとも  理由  あり まし た。その よう  イエス  様子 など 想像  にくい  思わ れる   しれ ませ ん。イエス  気質  とても 温和   だっ  から です。(マタイ 21:5)もちろん イエス は,その    自分  完全  制御   おら  まし た。これ    かなっ  憤り だっ   です。 * しかし,この 平和  愛する   それ ほど 憤然      なぜ でしょ  か。甚だ しく  公正  行為      から です。

2 エルサレム  神殿  イエス    とっ  慕わしい  でし た。そこ は,天  み父  崇拝  ため  献納   た,全 世界  唯一  神聖  場所 でし た。各地  ユダヤ  は,はるばる      て,そこで 崇拝  行ない まし た。神  恐れる 異邦   やっ   て,神殿  中庭  うち 異邦   ため  指定      入り まし た。しかし イエス は,宣教 奉仕  初期  神殿  境内  入っ  とき,唖然  する よう  光景     まし た。何と そこ は,崇拝    いう より,市場  よう だっ   です。商人  両替   大勢  まし た。と  いえ,その どこ   公正  あっ   でしょ  か。それら    とっ て,神  神殿 は,人々 から 搾取 する 場所,いわば 強盗  働く 場所  すぎ なかっ   です。どの よう  でしょ  か。―ヨハネ 2:14

3,4 エホバ   で,貪欲   どの よう  搾取  行なわ    まし  か。事態  正す ため,イエス  どんな 行動  取り まし  か。

3 宗教 指導  たち は,神殿   納入   特定  1 種類  硬貨 しか 使え ない,と いう 規則  設け   まし た。訪ね     たち は,その 硬貨     入れる ため,手持ち  貨幣  両替  なけれ  なり ませ  でし た。それで,両替   神殿  ただ中    置き,取り引き  たび  手数   取っ   まし た。動物  売る 商売  たいへん 利益  上げ   まし た。犠牲  ささげ よう  する 訪問   市内  どの 商人 から   買う こと  でき まし  が,神殿  役人 に,その 捧げ物  ふさわしく ない  言っ  拒ま れる こと  あり まし た。それ  対し,神殿  境内  買っ  捧げ物  あれ  必ず 受け入れ られ まし た。その ため 人々 は,法外  値段  ふっかける こと  ある 商人  言いなり  なっ   まし た。 * これ は,ひどい 金もうけ 主義 より  さらに 悪質 でし た。強盗  等しい もの だっ   です。

「これら    ここ から 持っ  行き なさい!」

4 イエス は,そう    公正  大目  見る こと  でき ませ  でし た。そこ  自分       です。イエス    むち  作り,牛    群れ  神殿 から 追い出し まし た。それ から,足早  両替   近づき,その   倒し まし た。たくさん  硬貨  大理石    ばっと 散らばる ところ  想像   ください。イエス は,はと  売っ  いる  たち  向かっ て,厳しく こう 命じ ます。「これら    ここ から 持っ  行き なさい!」(ヨハネ 2:15,16)この 勇気 ある 男性  手向かう       なかっ  よう です。

「この    て,この  あり」

5‐7 (イ)人間  なる   生活 は,イエス  公正  感覚  どんな 影響  及ぼし まし  か。イエス  手本  調べる と,何  学べ ます か。(ロ)エホバ  主権  み名  かかわる  公正  対し て,キリスト  どの よう  闘っ   まし  か。

5 言う まで  なく,商人 たち  また 戻っ   まし た。3  ほど 後,イエス  その 同じ  公正  注意  向け,今度 は,エホバ   を「強盗  洞くつ」と する  たち    する  ご自身  言葉  引用  まし た。(マタイ 21:13。エレミヤ 7:11)そう です,イエス は,民  貪欲  搾取  悩まさ れ,神  神殿  汚さ   いる     とき,み父  同じ 気持ち  抱い    です。それ  意外  こと   あり ませ ん。イエス は,計り知れない ほど 長い 年月  間,天   から 教え  受け     です。その 結果,エホバ  公正  感覚  深く   つい   まし た。まさに,「この    て,この  あり」と いう ことわざ どおり だっ   です。ですから,公正  いう エホバ  特質  明確  把握  たい なら,イエス  キリスト  手本  つい  熟考 する  勝る 方法  あり ませ ん。―ヨハネ 14:9,10

6 サタン  不当   エホバ   偽り者  呼び,その 支配    かなっ  もの  どう   つい  疑問  唱え  時,エホバ  独り子  その    まし た。何  いう 中傷 でしょ う。後  み子 は,サタン が,利己   ない   動機  エホバ  仕える   ひとり   ない,と 述べ  挑戦 する   聞き まし た。その よう  偽り  非難  接し て,み子    かなっ    痛め   違いあり ませ ん。そして,偽り  正す   自分  重要  役割  果たす こと  知っ て,大いに 喜ん  こと でしょ う。(コリント  二 1:20)では,み子  それ  どの よう  果たす  でしょ  か。

7  14   学ん  とおり,イエス  キリスト は,エホバ   造物  忠誠  疑問  する サタン  非難  対し  究極 かつ 決定   答え  提出  まし た。そう する こと  より イエス は,エホバ  主権  最終   立証 と,神  み名  神聖  もの  する こと  ため  基盤  据え まし た。エホバ  主要  代理   ある イエス は,全 宇宙    公正  確立  ます。(使徒 5:31)イエス  地上   生涯  歩み    公正  反映  まし た。エホバ  イエス  関し て,「わたし  自分        置き,彼 は,公正       国民  明りょう  する  あろ う」と 言わ  まし た。(マタイ 12:18)イエス  この 言葉  どの よう  成就   でしょ  か。

イエス は「公正    か」を 明らか  する

8‐10 (イ)ユダヤ   宗教 指導  たち  口頭 伝承 は,ユダヤ  以外    女性  見下す 態度  どの よう  助長  まし  か。(ロ)口伝 律法  どの よう に,安息   関する エホバ  律法  重荷   まし  か。

8 イエス  エホバ  律法  愛し,それ  従っ  生き まし た。しかし, イエス  時代  宗教 指導  たち は,その 律法  ゆがめ,誤っ  適用     まし た。その  たち  向かっ  イエス  こう 言わ  まし た。「偽善  なる 書士  パリサイ  たち,あなた方  災い です! あなた方 は,……律法  より 重大  事柄,すなわち 公正  憐れみ  忠実  無視   いる から です」。(マタイ 23:23)それら   律法  教師 たち が「公正    か」を 明りょう     なかっ  こと  確か です。むしろ,神  公正  あいまい       です。どの よう  でしょ  か。幾つ     考え   ましょ う。

9 エホバ  ご自分   に,周囲  異教  国民 から 離れ  いる よう   命じ  おら  まし た。(列王  一 11:1,2)ところが,一部  狂信   宗教 指導  たち は,ユダヤ  以外  すべて    見下す こと    奨励    まし た。「ミシュナ」に は,この よう  規則 さえ あり まし た。「家畜  異邦   宿屋  置い  おい   なら ない。異邦   獣姦  行なう   しれ ない から  ある」。ユダヤ  以外  すべて    十把  からげ  扱う こう   偏見  不当  あり,モーセ  律法  精神    反対 でし た。(レビ 記 19:34)人間  作っ  規則    は,女性  卑しめる もの  あり まし た。口伝 律法  よれ ば,妻    並ん    なく,夫  後ろ  歩か なけれ  なり ませ  でし た。男性 は,自分    含め,女性       会話    なり ませ  でし た。奴隷  同様,女性  法廷   証言  許さ    ませ  でし た。さらに,公式  祈り   て,自分  女性   ない こと  男性    感謝 する もの まで あり まし た。

10 宗教 指導  たち    律法 を,人間  作っ  膨大    規則  規定  覆い隠し  しまい まし た。例えば,安息   律法  本来,安息   仕事  する こと  禁じ,崇拝  霊的  さわやか   休息  ため  その   取り分ける だけ  もの でし た。ところが,パリサイ   その 律法  重荷  変え まし た。厳密  言っ   が“仕事”に 当たる   自分 たち  勝手  決め   です。彼ら  仕事  判定   39  活動    は,刈り入れ  狩猟  含ま    まし た。そう   分類  よっ て,次 から    質問  生じ まし た。安息   ノミ  殺し   は,狩猟  行なっ  こと  なる  でしょ  か。歩き ながら 一握り  穀物  むしり取っ  食べる  なら,刈り入れ    こと  なる  でしょ  か。病気    いやす なら,仕事    こと  なる  でしょ  か。そう   質問  厳格  詳細  規則  適用 する こと  精力  傾け られ まし た。

11,12 イエス は,パリサイ    聖書   伝統  どの よう  論ばく  まし  か。

11 そう   風潮    イエス は,公正      理解 する よう,どの よう  人々  助け たら よい  でしょ  か。イエス は,教え  生き方  より,それら 宗教 指導  たち  勇気  もっ  立ち向かい まし た。では まず,イエス  教え  幾つ   考察    ましょ う。イエス は,人間  作っ  無数  規則  誤り  単刀直入  指摘 し,「あなた方 は,自分 たち  伝え  伝統  よっ    言葉       ます」と 述べ   ます。―マルコ 7:13

12 イエス は,安息   律法  関し  パリサイ   間違っ  いる こと  力強く 教え まし た。実  ところ,パリサイ   その 律法  趣旨  全く つかみ損なっ     です。メシア は「安息   主」で あり,それゆえ 安息   人々  治す 権限  ある,と イエス  説明  まし た。(マタイ 12:8)その   強調 する ため,イエス  安息   公然 と,奇跡   治療  行ない まし た。(ルカ 6:7‐10)そう   治療 は,イエス    統治   全地  行なう いやし  予告  でし た。その 千年期 自体  究極  安息   なり,その  ついに,忠実  人々 すべて は,罪    重荷  もと    世紀  及ぶ 労苦 から  休息  得る  です。

13 キリスト  地上   宣教  結果,どんな 律法  制定   まし  か。その 律法 は,以前  もの   どの よう  異なっ   まし  か。

13 さらに,地上   宣教 奉仕  完了    に「キリスト  律法」と いう 新しい 律法  制定     いう   おい  も,イエス  公正      明りょう   まし た。(ガラテア 6:2)以前  モーセ  律法    なり,この 新しい 律法  おもに,書き連ね  命令   なく,原則  依拠    まし た。と  いえ,幾つ   単刀直入  命令  含ん   まし た。その 一つ  イエス は「新しい おきて」と 呼び,追随  たち に,わたし  あなた方  愛し  とおり  あなた方  互い  愛し合い なさい,と 教え まし た。(ヨハネ 13:34,35)そう です,自己 犠牲    が,「キリスト  律法」に 従っ  生きる  すべて  顕著  特徴  なる  です。

 公正  生き  手本

14,15 イエス は,自分  権限  限界  わきまえ  いる こと  どの よう  示し まし  か。その こと から 心強く 感じ られる   なぜ です か。

14 イエス は,愛  つい  教える 以上  こと  行ない まし た。「キリスト  律法」に 添っ  生き   です。その 律法 は,イエス  生き方  具体   表われ   まし た。では,イエス  手本  公正      明りょう    三つ  分野  考慮  ましょ う。

15   に,イエス  細心  注意  払っ て,いかなる  公正  行なう こと  ない よう   まし た。あなた  おそらく ご存じ  とおり,多く   公正 は,不 完全  人間  尊大  なり,自分  権限  適正  境界   踏み越える とき  生じ ます。イエス  その よう  こと   ませ  でし た。ある 時,一   男性  イエス  近づき,こう 言い まし た。「師 よ,わたし  兄弟 に,相続 財産  わたし  分ける よう  言っ  ください」。すると,イエス  こう 答え まし た。「人 よ,だれ  わたし を,あなた方  裁き人 また 分配   任命    です か」。(ルカ 12:13,14)これ  注目  値する こと   ない でしょ  か。イエス  知力  判断 力,さらに  から 与え られ  権限  レベル は,地上  いかなる    しのい   まし た。それでも,イエス  この   かかわる こと  拒ん   です。かかわる ため  特別  権限  与え られ   なかっ  から です。人間  なる   幾万    期間  含め,これ まで  に,イエス  この よう  慎み深い  でし た。(ユダ 9)何  公正   見極める ため  謙遜  エホバ  依り頼ん  いる  いう こと は,イエス  どんな   ある   よく 物語っ   ます。

16,17 (イ)神  王国  良い たより  宣べ伝える  で,イエス  どの よう  公正  発揮  まし  か。(ロ)イエス は,自分  公正  感覚  憐れみ深い もの  ある こと  どの よう  示し まし  か。

16   に,イエス は,神  王国  良い たより  宣べ伝える 仕方    公正  発揮  まし た。イエス    偏り見る こと  あり ませ  でし た。むしろ,貧富  かかわり なく,あらゆる     差し伸べ よう  真剣  努力  まし た。それ   対照   パリサイ  は,貧しい 民衆 を「アム ハーアーレツ」つまり「地  民」と いう 蔑称  呼び,退け   まし た。イエス  勇敢  も,その  公正  正し まし た。人々  良い たより  教える   だけ  なく,とも  食事   たり,食事  させ たり,治し たり,さらに  復活   たり する   も,「あらゆる 人」に   差し伸べる こと  望ま れる   公正  擁護  まし た。 *テモテ  一 2:4

17   に,イエス  公正  感覚  非常  憐れみ深い もの でし た。イエス  罪人  助け  差し伸べ まし た。(マタイ 9:11‐13)自分  守る   ない 人々  快く 援助    です。例えば,異邦  すべて  対する 不信   助長 する 宗教 指導  たち  くみする こと  あり ませ  でし た。憐れみ深く 異邦   助け,教え まし た。主  任務  ユダヤ   対する もの  あっ   に,そう    です。ある ローマ 士官  ため  奇跡   治療  行なう こと  承諾 し,「イスラエル    だれ  も,わたし  これ ほど  信仰    こと  あり ませ ん」と 言い まし た。―マタイ 8:5‐13

18,19 (イ)イエス は,女性  尊厳  どの よう  高め まし  か。(ロ)イエス  手本 から,勇気  公正  関係  つい  どんな こと  分かり ます か。

18 イエス は,女性  対する 一般   見方  支持 する こと  あり ませ  でし た。それどころか,勇気  もっ  公正  事柄  行ない まし た。サマリア   女性 は,異邦   同じく 汚れ    みなさ    まし た。それでも イエス は,スカル  井戸 で,ためらう こと なく サマリア   女性  伝道  まし た。実  ところ,自分  約束  メシア  ある こと  イエス  明らか    最初  相手 は,この 女性 でし た。(ヨハネ 4:6,25,26)パリサイ  は,女性     律法  教え なく  よい  唱え   まし  が,イエス  女性  教える こと  多く  時間  エネルギー  費やし まし た。(ルカ 10:38‐42)また,女性  証言  信頼  置く こと  でき ない  いう 伝統  あっ    かかわら ず,イエス は,復活   イエス  最初  会う 名誉 ある 特権      女性  お与え  なり まし た。その 上,この 極めて 重大  出来事  男性  弟子 たち  告げ  行き なさい,と  お命じ  なり まし た。―マタイ 28:1‐10

 19 そう です,イエス  公正       国民  明りょう   まし た。そして,多く  場合,自ら  大きな 危険  さらし  まで そう   まし た。イエス  手本 から,真  公正  擁護 する   勇気  求め られる,と いう こと  分かり ます。適切  も,イエス は「ユダ     ある ライオン」と 呼ば    ます。(啓示 5:5)ライオン  勇気 ある 公正  象徴  ある,と いう こと  思い出し  ください。さらに,近い 将来,イエス  いっそう  規模  公正  施行  ます。全き 意味 で,「地  公正  定める」の です。―イザヤ 42:4

メシア なる  は「地  公正  定める」

20,21 わたしたち  時代 に,メシア なる  は,地  全域 で,また クリスチャン 会衆  で,どの よう  公正  促進   こら  まし  か。

20 1914   メシア なる   なっ  以来,イエス    おける 公正  促進   こら  まし た。どの よう  です か。マタイ 24  14   記録    いる ご自分  預言  成就  推進   こら    です。地上  いる イエス  追随  たち は,全地  人々  エホバ  王国  関する 真理  教え   ます。そして イエス  同様,偏り  ない 公正  方法  伝道 し,老若,貧富,男女   なく すべて   に,公正   エホバ  知る 機会  与え よう  努め   ます。

21 クリスチャン 会衆    ある イエス は,会衆    公正  促進   おら  ます。預言      とおり,会衆   率先 する 忠実  クリスチャン  長老 たち  いう「人々  賜物」を 与え  おら  ます。(エフェソス 4:8‐12)それら  男子 は,神  貴重    群れ  牧する 際,公正  促進 する    イエス  キリスト  手本  倣い ます。そして,羊  公正  扱わ れる こと  イエス  望ん  おら れる,と いう こと    思い  留め   ます。立場,名声,物質  境遇 など  かかわり なく,そう  べき   です。

22 エホバ は,今日  世界  はびこる  公正  関し て,どう 感じ  おら  ます か。それ  関し    行なわ せる ため に,エホバ  み子  任命   おら  ます か。

22   いえ,近い 将来,イエス  前例  ない 仕方    公正  定め  ます。この 堕落   世界    公正  はびこっ   ます。飢え  死ぬ 子ども  皆,弁解  余地  ない  公正  犠牲  です。兵器 製造  ため,また 快楽  追求 する  たち  利己   気まぐれ  ため  乱費  れる 金銭  時間  つい  考える と,特に そう 言え ます。死な   済ん  はず    毎年 幾百万   死ん  いる こと は,数 ある  公正  一つ  すぎ ず,その すべて は,義  かなっ  エホバ  怒り  引き起こし ます。神 は,すべて   公正  恒久   終わらせる ため,み子  任命  て,邪悪  事物  体制 全体  対する 正義  戦い  行なわ  よう    おら  ます。―啓示 16:14,16; 19:11‐15

23 ハルマゲドン 後,キリスト  どの よう に,とこしえ  わたっ  公正  促進  ます か。

23 しかし,エホバ  公正 は,邪悪    滅び 以上  もの  要求  ます。エホバ は,「平和  君」と   支配  せる ため  も,み子  任命   おら  ます。ハルマゲドン  戦い  後,イエス  統治    全域  平和  確立 し,イエス は『公正  よっ て』支配  ます。(イザヤ 9:6,7)その  イエス は,世界  多大  不幸  苦しみ  もたらし     公正  影響  すべて ぬぐ  去っ  元どおり  する こと  喜び  見いだし,とこしえ  わたっ  エホバ  完全  公正  忠実  擁護 する でしょ う。ですから,わたしたち  エホバ  公正  いま 見倣お   努める こと  非常  大切 です。では,どの よう  見倣える   考え   ましょ う。

^ 1節  かなっ  怒り  表わす  で,イエス  エホバ     まし た。エホバ は,あらゆる   対する「激しい 怒り  宿し て」おら  ます。(ナホム 1:2)例えば,ご自分  頑迷   に,あなた方  わたし   を「ただ  強盗  洞くつ」と   しまっ   告げ  後,「わたし  怒り  激怒  この 場所 に……注ぎ出さ れる」と 言わ  まし た。―エレミヤ 7:11,20

^ 3節 「ミシュナ」に よれ ば,幾    に,神殿  売ら   いる はと  値段  高い こと  対する 抗議    上がり,価格  直ちに 99   下がり まし た。この 実入り  良い 商売 から 最も 利益        だれ でしょ  か。ある 歴史  たち  よる と,神殿  市場   祭司 アンナス  一家  所有   おり,その 祭司 一族  莫大    主要    なっ   まし た。―ヨハネ 18:13

^ 16節 パリサイ  は,律法  通じ   ない それら 立場  低い  を「のろわ  た」者  みなし まし た。(ヨハネ 7:49)そして,そう     教える こと も,その    取引  行なう こと も,とも  食事  祈り  する こと     なら ない  唱え まし た。自分    その よう       嫁が せる  は,野獣    放り出す より 悪い こと  され,そう   立場  低い 人々   復活  希望  ない  考え られ   まし た。

もっと調べる

100年に及ぶ王国支配 ― あなたにどのような影響を与えていますか

王国支配から,どのような益が得られますか。メシアなる王がどのように臣民を精錬し,教育し,組織しているかを考えましょう。