アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

わたしの聖書物語の本

  116 

どうすれば永遠に生きられますか

どうすれば永遠に生きられますか

この 少女  友だち    読ん  いる  でしょ う。そう です,あなた  読ん  いる この 本 ―「わたし  聖書 物語  本」― です。そして,今 あなた  読ん  いる ところ,「どう すれ  永遠  生き られ ます か」の ところ  読ん  いる  です。

子供 たち は,どんな こと  学ん  いる でしょ  か。まず,永遠  生き たい なら,エホバ と,エホバ  み子 イエス  知ら   なら ない,と いう こと です。聖書   この よう  書か    ます。『これ  永遠  生きる ため   です。ゆいいつ  まこと  神,そして     つかわさ   み子 イエス  キリスト  つい  学び なさい』。

では,どう すれ ば,エホバ   その み子 イエス  つい  学べる でしょ  か。ひとつ  方法 は,「わたし  聖書 物語  本」を,初め から 終わり まで 読む こと です。この  は,エホバ  イエス  つい て,たくさん  こと  教え   ます ね。また,おふたり  なさっ  事,これ から なさろ     いる 事柄  つい  も,たくさん 述べ   ます。でも,この   読む だけ  なく,それ 以上  こと   なけれ  なり ませ ん。

    もう      ある   見える でしょ う。それ  聖書 です。この   物語  もと  なっ  いる 聖書  部分 を,だれ   読ん  もらっ  こと  あり ます か。聖書 は,わたしたち  みな 正しい 仕方  エホバ  仕え,永遠    いただける よう に,わたしたち  必要  知識  全部 あたえ  くれ ます。ですから,わたしたち は,いつも 聖書  勉強 する 習慣    つけ なけれ  なり ませ ん。

 いっ  も,エホバ   イエス  キリスト  こと  学ぶ だけ  よい,と いう わけ   あり ませ ん。わたしたち  エホバ  イエス  つい て,また おふたり  教え  つい て,もっと たくさん 勉強 する こと  でき ます が,それでも 永遠     られ ませ ん。この ほか    必要   でしょ  か。

学ぶ 事柄  一致   生き方  する こと  必要 です。ユダ  イスカリオテ  こと  おぼえ   ます か。ユダ は,イエス  使徒    お選び  なっ  12     ひとり でし た。そして,エホバ  イエス  つい  たくさん  こと  知っ   まし た。でも,ユダ  どう なり まし  か。しばらく する  利己   なり,銀貨 30   イエス    売り まし た。ですから,ユダ  永遠    受け られ ませ ん。

 69  学ん  ゲハジ  こと  おぼえ   ます か。ゲハジ は,自分  もの   ない 着物  お金    入れ たい  思い まし た。そこで それ    入れる ため に,うそ  言い まし た。でも,エホバ  ゲハジ  ばつ  加え られ まし た。もし わたしたち  エホバ  おきて  したがわ ない なら,エホバ  わたしたち   ばつ  加え られ ます。

しかし,いつも エホバ  忠実  仕える,良い  たち  たくさん  ます。わたしたち も,そう いう  たち  よう  なり たい もの です ね。小さな サムエル  良い 手本 です。 55    よう に,エホバ  幕屋  エホバ  仕え はじめ   き,サムエル  たっ        あっ  こと を,思い出し  ください。ですから,あなた  どんな  若く  も,エホバ  仕える   若すぎる,と いう こと  ない  です。

もちろん,わたしたち みんな  手本   なけれ  なら ない  は,イエス  キリスト です。 87  ある よう に,イエス  少年  とき  も,神殿     て,ご自分      つい て,他  人々  話し  おら  まし た。わたしたち も,イエス  模範  ならい ましょ う。わたしたち  すばらしい  エホバ  その み子  つい て,できる だけ 多く    話し ましょ う。そうすれば,わたしたち    新しい 地上  楽園  永遠  生きる こと  できる でしょ う。

もっと調べる

イエスは従順を学ばれた

イエスは完全だったのに,なぜ従順を学ばなければならなかったのでしょうか。

神は地球についてどんな目的をお持ちですか (パート1)

世界が今のような状態になることを神は意図しておられたのでしょうか。