アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

わたしの聖書物語の本

  112 

難破して島につく

難破して島につく

ごらん なさい! 船  難破  て,ばらばら  こわ  かけ   ます。海    飛びこん  人々  見え ます か。もう   上がっ    いる  たち   ます。あれ  パウロ でしょ  か。では,パウロ    どんな こと  起き   か,調べ   ましょ う。

パウロ  カエサレア     ろう屋  入れ られ    こと は,おぼえ   ます ね。その あと パウロ    いく    囚人    乗せ られ,ローマ  向け  出発  ます。しかし,クレタ  いう   近く  通る とき に,船  はげしい あらし  あい ます。風  とても 強く て,船  かじ  取る こと  でき ませ ん。それ に,昼間  太陽  見え ず,夜      見え ませ ん。そう     いく   すぎ て,船  乗っ    人々 は,もう 助かる 見こみ  ない  あきらめ  しまい ます。

その とき パウロ  立ち上がっ  言い ます。『あなたがた  うち,だれ  死ぬ   あり ませ ん。船 だけ  失わ  ます。ゆうべ,神  み使い  わたし  現われ て,「おそれる こと  あり ませ ん,パウロ。あなた  ローマ  支配  カエサル    立た   なり ませ ん。ですから  は,あなた  いっしょ  航海   いる 人々 を,みな お救い  なり ます」と 言っ  から です』。

あらし  始まっ  から 14    真夜中 ごろ,水夫 たち は,海  だんだん 浅く なっ    こと  気づき ます。それ    岩礁  乗り上げる   おそれ て,いかり  おろし ます。夜  明ける と,入り江  見え   で,水夫 たち  その     乗り入れる こと   ます。

しかし,岸  近づい  とき,船  浅瀬  乗り上げ て,動か なく なっ  しまい ます。船  あら   打た   ばらばら  こわ  はじめ ます。責任   士官 は,泳げる   みな   飛びこん で,岸  向かっ  泳ぎ なさい。泳げ ない   かれら  あと から 飛びこん で,船  板切れ  つかまっ   なさい』と 言い ます。それ  かれら  言わ   とおり   ます。こう  て,み使い  約束   よう に,船  乗っ    276   全員,無事    着き まし た。

その   マルタ  呼ば    ます。人々  とても 親切 で,船 から    たち  世話    くれ ます。天気  よく なっ  から,パウロ      乗せ られ,ローマ  連れ  行か  ます。

もっと調べる

パウロの聖書カード

パウロは奉仕を続けるためにどんな仕事をしたでしょうか。この聖書カードを使って調べましょう。