アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

わたしの聖書物語の本

  113 

ローマにいるパウロ

ローマにいるパウロ

パウロ    くさり  つなが    ます ね。そして ローマ  兵士  パウロ  監視    ます。ローマ  いる パウロ は,囚人   です。パウロ は,ローマ  カエサル  パウロ  どう する  決める まで,待っ  いる  です。パウロ  囚人   です が,人々  パウロ  ところ  来る こと  許さ    ます。

ローマ  着い  から   たっ て,パウロ  ユダヤ   おも だっ   たち に,会い  来る よう  と,人  通し  伝え ます。その 結果,ローマ  いる ユダヤ   たくさん やっ   ます。パウロ  その  たち に,イエス    王国  つい    ます。ある 人々  信じ  クリスチャン  なり ます が,他  人々  信じ ませ 

パウロ  また,見張り  兵士   伝道  ます。囚人    ここ  いる    あいだ,パウロ  できる かぎり すべて    伝道  ます。その 結果,カエサル     まで  王国  良い たより  聞き,その うち  いく    クリスチャン  なり ます。

しかし,机  向かっ  書き物    いる 訪問   だれ でしょ う。あて  ごらん なさい。そう です,テモテ です。テモテ も,王国  こと  伝道    いう 理由 で,ろう屋  入れ られ     です が,また 自由    なり,パウロ  手伝い  する ため  ここ   まし た。テモテ    書い  いる  でしょ う。では 調べ   ましょ う。

 110    くる フィリピ  エフェソス    おぼえ   ます か。パウロ  それら   に,クリスチャン 会衆  つくる こと  助け まし た。そして ろう屋  入れ られ  いる 今,それら  クリスチャン  手紙  書い  いる  です。その 手紙  聖書    おさめ られ   て,エフェソス    手紙,フィリピ    手紙  呼ば    ます。パウロ  今,フィリピ  いる クリスチャン  友だち  書く 事柄 を,テモテ  告げ  いる ところ です。

フィリピ  人々  パウロ  とても 親切 でし た。ろう屋    パウロ に,物  送り届け  くれ まし た。それ  パウロ は,感謝  ことば  述べ  いる  です。その 贈り物  持っ     は,エパフロデト です。ところ  かれ  重い 病気  かかり,今   死ぬ ほど でし た。でも また 元気  なり,帰る 用意     ます。エパフロデト は,フィリピ  もどる とき に,パウロ  テモテ から  この 手紙  持っ  行く  です。

パウロ  ろう屋  いる あいだ に,もう    手紙  書き ます。それ  聖書  のせ られ   ます。一  は,コロサイ    クリスチャン たち  あて  もの です。それ  なんと 呼ば   いる でしょ  か。コロサイ    手紙 です。もう   は,やはり コロサイ  住ん  いる,フィレモン  いう 親しい 友だち  あて た,個人   手紙 です。その 手紙  は,フィレモン  しもべ オネシモ  こと  書か    ます。

オネシモ は,フィレモン  ところ から にげ  ローマ   まし た。そして パウロ  ろう屋  入れ られ  いる こと  知っ て,たずね   ます。パウロ  オネシモ  伝道 し,やがて オネシモ  クリスチャン  なり ます。今  は,にげ  こと  こうかい    ます。パウロ は,この フィレモン あて  手紙 に,どんな こと  書く でしょ  か。

パウロ は,オネシモ  許す よう に,フィレモン  たのみ ます。『わたし はかれ を,あなた  もと  送り返し ます。しかし  かれ  あなた  しもべ  ある だけ   あり ませ ん。りっぱ  クリスチャン  兄弟   ある  です』と 書き ます。オネシモ  コロサイ  もどる とき に,この    手紙  持っ  行き,一   コロサイ  人々 へ,もう    フィレモン  わたし ます。自分  しもべ  クリスチャン  なっ  こと  知る とき,フィレモン  どんな  喜ぶ か,想像 でき ます ね。

パウロ は,フィリピ  人々  フィレモン  手紙  書く とき に,良い 知らせ  持っ   ます。『わたし  あなたがた  もと  テモテ  行か  ます』,『しかし,わたし    なく,あなたがた  ところ  行き ます』と,フィリピ  人々  伝え,フィレモン  は,『そちら に,わたし  とまる ところ  用意   ください』と 書き ます。

パウロ は,釈放  れる と,多く  場所  クリスチャン  兄弟 姉妹  訪問  ます が,のち  また ローマ  投ごく   ます。こんど  殺さ れる こと  パウロ  知っ   ます。それ  テモテ  急い  来る よう 手紙  たのみ ます。『わたし    忠実 でし た。ですから   報い  ください ます』と,パウロ  書き ます。パウロ  処けい から    に,エルサレム  再び 破壊   ます。こんど  ローマ   破壊  ます。

でも,聖書  これ  終わる    あり ませ ん。エホバ   使徒 ヨハネ に,聖書  終わり  部分  書か  ます。その   啓示    あり ます。聖書  この  は,将来  こと  告げ   ます。では,将来  どの よう  なる でしょ  か,調べ   ましょ う。