内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

わたしの聖書物語の本

  110 

テモテ ― パウロの新しい助け手

テモテ ― パウロの新しい助け手

パウロ  いっしょ  いる この 青年  テモテ です。テモテ  家族  いっしょ  ルステラ  住ん   ます。母親    ユニケ,祖母    ロイス です。

パウロ  ルステラ     は,これ     です。一  ほど 前,パウロ  バルナバ  伝道 旅行  初めて ここ   まし た。そして,今 また 友だち  シラス  とも  もどっ   まし た。

パウロ  テモテ    言っ  いる  でしょ う。『シラス  わたし  いっしょ  行き ませ  か。遠い   人々  伝道 する  に,あなた  助け  とても 役立つ  思い ます』と,パウロ  言っ  いる  です。

『はい,わたし  行き たい  思い ます』と,テモテ  答え ます。その    なく,テモテ  家族  もと  離れ,パウロ  シラス  とも  出かけ ます。しかし,三   旅行  こと  取り上げる  に,今 まで パウロ  どんな こと  あっ    調べ   ましょ う。ダマスカス  行く 途中  イエス  パウロ  現われ  から,約 17  たち まし た。

イエス  弟子 たち  危害  加え よう   て,パウロ  ダマスカス  行っ   を,おぼえ   ます ね。でも,今  パウロ 自身  イエス  弟子  なっ   ます。のち  なっ  一部   は,パウロ  イエス  つい  教え  いる 事柄  きらっ て,パウロ  殺す 計画  立て ます。しかし,弟子 たち  パウロ  かご  入れ,町  城へき    つり降ろし  にがし ます。

その 後,パウロ  アンティオキア  伝道  行き ます。イエス  弟子 たち が,初めて クリスチャン  呼ば れる よう  なっ    ここ です。それ から パウロ  バルナバ が,アンティオキア から 遠く 離れ  国々 に,伝道 旅行  送り出さ  ます。ふたり  訪問 する   一つ は,テモテ  郷里,ルステラ です。

さて,一  ほど  て,パウロ      旅行  ルステラ  もどり ます。こんど テモテ が,パウロ  シラス  いっしょ  出かける ところ  どこ でしょ  か。では 地図   て,いくつ   場所  たどっ   ましょ う。

まず,かれら  近く  イコニオム  行き ます。つぎ      都市 アンティオキア  行き ます。その あと     トロアス  向かっ    し,さらに フィリピ,テサロニケ,そして ベレア  行き ます。地図    アテネ  わかり ます か。パウロ  ここ  伝道  ます。その あと かれら  コリント で,一    伝道  費やし ます。最後  エフェソス  ほんの しばらく とどまり,それ から   カエサレア  もどり,北  アンティオキア まで 行き,パウロ  そこ  とどまり ます。

ですから テモテ は,何百 キロ      て,パウロ が「良い たより」を 宣べ伝え,多く  クリスチャン 会衆  つくる  を,手伝い まし た。あなた  大きく なっ たら,テモテ  よう  忠実    しもべ  なり ます か。