アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

わたしの聖書物語の本

  77 

かれらは身をかがめなかった

かれらは身をかがめなかった

この    若者  こと  おぼえ   ます か。そう です,自分 たち  とっ  良く ない   食べ ませ ん,と 言っ  ダニエル     友だち です。バビロニア   この    シャデラク,メシャク,アベデネゴ  呼び まし た。ところで,三     ください。若者 たち は,ほか   たち  よう に,なぜ この 大きな     かがめ ない  でしょ  か。それ  調べ   ましょ う。

あなた は,エホバ ご自身  お書き  なっ た,十戒  いう 律法  おぼえ   ます か。その 最初  いましめ は,『あなた は,わたし  ほか    どんな   崇拝    なら ない』と いう もの です。この 律法  従う   むずかしく なっ  いる  に,三   若者  それ  従っ  いる  です。

バビロン  王,ネブカデネザル は,自分  立て  この   拝ま せる ため に,国  おも だっ  人々  大勢 呼び まし た。そして,すべて  人々    よう  言い 終え  ところ です。『ラッパ,たてごと,その ほか  楽器    聞い たら,おまえ たち    かがめ  この     拝ま なけれ  なら ない。身  かがめ  拝ま ない  は,ただちに,火  燃え  いる 熱い   投げこま れる  だ』。

シャデラク,メシャク,アベデネゴ    かがめ なかっ   いう こと  聞い て,ネブカデネザル  たいへん おこり ます。そして,三   自分  ところ  連れ  来させ,もう 一度   かがめる 機会  あたえ ます。しかし,若者 たち  エホバ  よりたのみ ます。そして,三   ネブカデネザル  言い ます。『わたしたち  仕え  いる  は,わたしたち  救う こと  おでき  なり ます。しかし,たとえ   わたしたち  救っ  くださら なく  も,わたしたち  あなた        かがめ ませ ん』。

それ  聞く と,ネブカデネザル  いっそう   立て ます。すぐ そば    あり ます。ネブカデネザル は,『炉  いつも より    熱く せよ』と 命令  ます。それ から,軍隊    最も   強い  たち に,シャデラク,メシャク,アベデネゴ  しばっ    投げ入れ させ ます。炉  とても 熱い  で,その   強い  たち  ほのお  焼け死に まし た。でも,投げ入れ られ     若者 たち  どう なっ  でしょ う。

       て,とても おそろしく なり まし た。『三     しばっ て,その   燃える 熱い   投げ入れ     なかっ  か』と,王  たずね ます。

『はい,その とおり  ござい ます』と,王  しもべ たち  答え ます。

『だが,わたし  は,四       歩い  いる   見える。しばら     なけれ ば,焼け    ない。しかも         よう だ』と,王  言い ます。王    入口  近づい て,『シャデラク,メシャク,アベデネゴ! 至高    しもべ たち よ,出   なさい』と,さけび ます。

       すこし      受け   ない こと は,だれ     明らか です。すると,王  こう 言い ます。『シャデラク,メシャク,アベデネゴ    ほめたたえ られる よう に。その  は,三   自分 以外      かがめ  崇拝  なかっ   で,み使い  つかわし     救わ    だ』。

これ は,わたしたち   ならう こと  できる,エホバ  対する 忠実   りっぱ  手本   あり ませ  か。

もっと調べる

火の燃え盛る炉から救われる!

自分の信念を貫くことの大切さについて学べます。