内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

わたしの聖書物語の本

  59 

ダビデがにげなければならなかった理由

ダビデがにげなければならなかった理由

ダビデ  ゴリアテ  殺し  あと,イスラエル     指揮   ある アブネル は,ダビデ  サウル  もと  連れ  行き ます。サウル  ダビデ  たいへん   入り,ダビデ    隊長   て,王    住まわ  ます。

のち に,軍隊  ペリシテ    戦い から 帰っ    とき,女 たち は,『サウル  何千   殺し  が,ダビデ  何万   殺し た』と 歌い ます。それ  聞い  サウル  しっと  ます。ダビデ  ほう  サウル より  ほまれ  受け  いる から です。ところが,サウル  息子  ヨナタン は,しっと 深く あり ませ ん。ヨナタン  ダビデ  とても 愛し ます。ダビデ  ヨナタン  愛し ます。それで,ふたり  いつ まで  友だち  いる  いう 約束  かわし ます。

ダビデ は,たてごと  引く  が,たいへん じょうず で,サウル  ダビデ  演奏 する 音楽  好き です。ところが,ある 日,サウル  しっと  から   おそろしい こと   ます。ダビデ  たてごと  演奏   いる とき に,サウル  やり  取っ て,『ダビデ  かべ  つきさし  やる』と 言い ながら それ  投げつけ ます。ダビデ  からだ  かわし,やり  はずれ まし た。その 後,サウル  再び ダビデ にやり  投げつけ  失敗  ます。それ  ダビデ は,じゅうぶん 用心  なけれ  なら ない こと    つき ます。

あなた は,サウル が,ゴリアテ  殺し   に,自分  むすめ      あたえる  約束     おぼえ  いる でしょ う。サウル  ついに ダビデ  向かっ て,むすめ  ミカル  あたえる けれども,その     ペリシテ   100  殺し なさい,と 言い ます。なんと いう こと でしょ う。ほんとう  こと  言う と,サウル  ダビデ  ペリシテ   殺さ れる   願っ  いる  です。しかし,ダビデ  殺さ  ませ ん。それ  サウル  むすめ  ダビデ      あたえ ます。

ある 日,サウル  ヨナタン  自分  すべて  家来 に,ダビデ  殺し たい  思っ  いる  告げ ます。しかし,ヨナタン  父親  こう 言い ます。『ダビデ  傷つけ   いけ ませ ん。ダビデ  あなた  悪い こと    こと など 一度  ない では あり ませ  か。ダビデ    こと  どれ も,あなた  ため  たいへん 助け  なり まし た。あなた  ダビデ  命がけ  ゴリアテ  殺し    ごらん  なっ て,喜ば   では あり ませ  か』。

サウル  息子  ことば  聞き入れ,ダビデ  傷つけ ない,と 約束  ます。ダビデ  連れ もどさ れ,以前  同じ よう に,王    サウル  仕え ます。ところが,ある 日,ダビデ  音楽  演奏   いる とき に,サウル  再び ダビデ にやり  投げつけ ます。ダビデ    かわし   で,やり  かべ  当たり ます。これ     です。ダビデ は,もう にげ なけれ  だめ だ,と 思い ます。

その 晩,ダビデ  自分    帰る と,サウル  ダビデ  殺す ため    つかわし ます。ミカル  父親  たくらみ  知っ  いる  で,夫 に『今夜,お にげ  なら なけれ ば,あなた  あした  殺さ    ます』と 言い ます。その 夜,ミカル  ダビデ   から にげる   助け ます。およそ    あいだ,ダビデ は,サウル    のがれ て,あちら こちら と,かくれ  にげ なけれ  なり ませ ん。