内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

わたしの聖書物語の本

  55 

神に仕えた男の子

神に仕えた男の子

とても かわいい      思い ませ  か。この   名前  サムエル です。サムエル      置い  いる  は,イスラエル   祭司  エリ です。サムエル  エリ  ところ  連れ     は,父親  エルカナ  母親  ハンナ です。

サムエル  まだ 四つ  五つ です。でも サムエル  これ から エホバ  幕屋  エリ  ほか  祭司 たち  いっしょ  くらす  です。なぜ エルカナ  ハンナ は,サムエル  よう  幼い 子供 を,幕屋  エホバ  仕え させる  でしょ う。

ハンナ  とても 悲しん     は,それ より わずか     こと でし た。ハンナ  子供  とても ほしかっ   です が,産ま  なかっ  から です。それで,ある 日,ハンナ  エホバ  幕屋  行っ  とき に,こう 祈り まし た。『ああ,エホバ,どうか わたくし  お忘れ  なら ない  ください。もし わたくし      お授け くださる なら,一生 あなた  お仕え する よう,その   あなた  さしあげる こと  約束 いたし ます』。

エホバ  ハンナ  祈り  お答え  なり,何 か月    ハンナ  サムエル  産み まし た。ハンナ  その   とても かわいがっ て,その   まだ とても 小さい とき に,エホバ  こと  教え はじめ まし た。ハンナ    言い まし た。『サムエル    飲ませ なく   よく なっ たら,わたし  さっそく あの   幕屋  連れ  行っ て,エホバ  仕え させ ます』。

それで,この   ハンナ  エルカナ  サムエル  幕屋  連れ    ところ です。サムエル は,両親  とても よく 教え られ     で,エホバ  天幕  エホバ  仕え られる こと  喜ん   ます。毎年 ハンナ  エルカナ  この 特別  天幕  崇拝 する ため に,また,自分 たち  幼い 子供  会う ため  やっ   ます。毎年 ハンナ  サムエル  ため  新しい そでなし  上着  作っ  持っ   ます。

来る年  来る年 も,サムエル  ずっ  エホバ  幕屋  仕え つづけ ます。そして,エホバ から  人々 から  かわいがら  ます。ところが,大 祭司 エリ  息子  ホフニ  ピネハス  良い    あり ませ ん。いろいろ  悪い こと   て,他     エホバ  そむか  ます。エリ  息子 たち  祭司  やめ させる べき です が,そう  ませ ん。

幕屋  悪い こと  行なわ     も,その ため  幼い サムエル  エホバ  仕える   やめる,と いう こと  あり ませ ん。でも,エホバ  ほんとう  愛する   ほとんど  なかっ   で,エホバ  長い あいだ だれ   お話し  なっ   ませ ん。サムエル  少し 大きく なっ  とき に,こんな こと  起き ます。

幕屋      サムエル は,ある   起こさ  ます。サムエル は,『わたし  ここ  おり ます』と 答え,起き上がっ  エリ  ところ  走っ  行き ます。そして,『わたし  お呼び  なり まし  ね。わたし  ここ  おり ます』と 言い ます。

でも,エリ は,『わたし  呼ば ない。もどっ   なさい』と 言い ます。それ  サムエル  もどっ   ます。

すると,また,『サムエル!』と いう    ます。サムエル  起き て,また エリ  ところ  走っ  行き ます。『わたし  お呼び  なり まし  ね。わたし  ここ  おり ます』と,サムエル  言い ます。でも エリ は,『わが  よ,わたし  呼ば なかっ た。もどっ   なさい』と 答え ます。それ  サムエル  またも どっ   ます。

『サムエル!』と,三       ます。サムエル  エリ  ところ  走っ  行っ て,『わたし  ここ  おり ます。こんど こそ,あなた  わたし  お呼び  なっ   ちがい あり ませ ん』と,言い ます。エリ は,呼ん  おら れる   まちがい なく エホバ  ある こと  わかっ   で,サムエル  こう 言い ます。『もう 一度  なさい。そして また 呼ば  たら,「エホバ よ,お話し ください。しもべ  聞い  おり ます」と 言い なさい』。

エホバ  また お呼び  なっ  とき,サムエル  その とおり   ます。エホバ  その とき サムエル に,ご自分  エリ  その 息子 たち  ばつ  あたえる つもり  ある こと  お話し  なり ます。のち に,ホフニ  ピネハス  ペリシテ    戦い  死に ます。その こと  聞い  とき,エリ  あおむけ   おれ,首  折っ  死に ます。こう  て,エホバ  言わ   こと  その とおり  なり まし た。

サムエル  おとな  なっ て,イスラエル  最後  裁き人  なり ます。サムエル  年老い  とき,人々 は,『わたしたち  治め  くれる      ください』と,たのみ ます。サムエル  そう  たく あり ませ ん。ほんとう  エホバ  イスラエル    から です。でも,エホバ  サムエル に,人々  言う こと  聞き入れる よう   おっしゃい ます。

もっと調べる

絵で学ぼう

幕屋に来たサムエル

エホバはどのようにサムエルを祝福したでしょうか。この教材を印刷し,点をつないで,聖書を読みましょう。

お子さんを教えましょう

サムエルは正しいことを行ない続けた

サムエルは,周りの人が悪いことをしていても,正しいことをしました。どうすればサムエルに見ならえますか。

その信仰に倣う

サムエルは「エホバのみもとで成長していった」

サムエルは,普通とは違うどんな子ども時代を送りましたか。幕屋にいた際,何が信仰を築く助けになりましたか。