内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

わたしの聖書物語の本

  13 

神の友アブラハム

神の友アブラハム

 洪水  あと 人々  移り住ん  土地  一つ は,ウル  いう 場所 でし た。ウル は,りっぱ    いくつ  ある 重要  都市  なり まし  が,そこ  人々 は,バベル    とき  同じ よう に,いつわり  神々  崇拝    まし た。ウル  バベル  人々 は,ノア  その 息子   ちがい,エホバ  仕え つづけ ませ  でし た。

 洪水  あっ  から 350  たっ て,ついに 忠実  ノア  死に まし た。この       生ま    は,それ から わずか 2  あと  こと でし た。この  は,神  とっ  特別   で,名前  アブラハム  言い まし た。アブラハム  家族  いっしょ  ウル    住ん   まし た。

ある 日,エホバ  アブラハム  こう お命じ  なり まし た。『親族  ウル   はなれ,わたし  あなた  示す 土地  行き なさい』。アブラハム    ことば  従っ て,ウル  ある,生活  楽しく する もの  みな あと    でしょ  か。はい,そう  まし た。アブラハム        知ら れる よう  なっ   は,いつも   従っ  から です。

ウル  出る とき,アブラハム  家族 の,ある  たち は,アブラハム  つい  行き まし た。父親  テラ  そう  まし た。おい  ロト  そう です。もちろん,アブラハム   サラ  いっしょ でし た。やがて,その  たち  みな ハラン  いう 土地  着き まし た。テラ  そこで 死に ます。その  たち  ウル から 遠い      まし た。

しばらく   から,アブラハム  その    たち  ハラン  去っ  カナン  呼ば れる 土地   まし た。そこで エホバ は,『ここ  わたし  あなた  子孫  あたえる 土地 です』と 言わ  まし た。アブラハム  カナン  とどまっ て,天幕 生活   まし た。

  アブラハム  助ける よう  なっ   で,アブラハム    大きな 群れ  たくさん  家畜  持つ よう  なり,めし使い  ふえ まし た。ところが,アブラハム  サラ  あいだ   子供  あり ませ  でし た。

アブラハム  99   とき に,エホバ  こう おっしゃい まし た。『わたし は,あなた  多く  国民    なる こと  約束  ます』。でも,アブラハム  サラ  ずいぶん   取っ   て,子供  もうける こと  でき なかっ  に,どの よう    そういう こと  なる  でしょ  か。