内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

わたしの聖書物語の本

  12 

人々は大きなとうを建てる

人々は大きなとうを建てる

それ から    たち まし た。ノア  息子 たち  たくさん  子供  もうけ まし た。その 子供 たち  大きく なっ て,さらに たくさん  子供  もうけ まし た。ま  なく,地上  人間  とても 大勢  なり まし た。

その  に,ノア  ひ孫  ニムロデ  いう    まし た。ニムロデ  悪い  で,動物  人間  あと  追いかけ   殺し まし た。また,ニムロデ  自分    なっ て,他  人間  支配  まし た。それで,神  ニムロデ  好き   あり ませ  でし た。

その ころ,人々  みな 一つ  ことば  話し   まし た。ニムロデ は,人々  支配 する こと  できる よう に,みんな  いっしょ  集め  おき たい  思い まし た。それ      でしょ  か。都市  作っ て,そこ  大きな とう  建てる こと  人々  命令    です。下   は,人々  れんが  作っ  いる 様子  示し   ます。

エホバ   その こと  喜ば  ませ  でし た。神  人々  移っ  行っ  世界   住む こと  望ん  おら  まし た。ところが,人々  こう 言い まし た。『さあ,都市 と,天 まで 届く ほど 高い とう  建て よう。そうすれば,われわれ  有名  なれる  だ』。人々    ほまれ   なく て,自分 たち  ほまれ  望ん     です。

そこで  は,とう  建てる   やめ させ まし た。神  どの よう  そう なさっ  か,わかり ます か。人々  一つ  ことば  話し     です が,とつぜん,いくつ   ちがっ  ことば  ばらばら  話す よう  され   です。とう  建て     たち  あいだ で,もはや   通じ なく なっ  しまい まし た。ですから,その 都市  バベル,もしくは バビロン  呼ば れる よう  なり まし た。その   は「混乱」と いう 意味  あり ます。

さて,人々  バベル から 引っこし  行く よう  なり まし た。同じ ことば  話す  どうし  集まっ て,地上  ほか  土地  移り住ん   です。