アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

聖書は実際に何を教えていますか

 付録

「魂」と「霊」― これらは実際に何を意味するか

「魂」と「霊」― これらは実際に何を意味するか

「魂」や「霊」と いう 言葉  聞く    思い浮かぶ でしょ  か。人間    あっ    見え ず,滅びる こと  ない  か,と 考える   少なく あり ませ ん。人  死ぬ 時,人間   部分  成す   見え ない もの    離れ,生き 続ける  考え   ます。この 信条  広く 浸透   いる ため,多く    それ  聖書  教え  ない こと  知っ  驚き ます。では,神  言葉  よれ ば,魂  は,そして     でしょ  か。

聖書  用い られ  いる「魂」

最初    つい  考え ましょ う。聖書  大部分  もともと ヘブライ  および ギリシャ   書か   こと  覚え  おら れる でしょ う。聖書  筆者    つい  書い  時,ヘブライ    ネフェシュ,ギリシャ    プシュケー  いう   用い まし た。この 二つ    聖書    合計 800   以上    ます が,「新 世界 訳」は それ  一貫  て「魂[soul]」と 訳し   ます。聖書   で「魂」と いう   どの よう  用い られ  いる   調べる と,この   基本  に(1)人々,(2)動物,(3)人間  動物  持つ   指し  いる こと  明らか  なり ます。では,これら 三つ  意味  反映    いる 幾つ   聖句  つい  調べ   ましょ う。

人々。「ノア   に……少数  人々,つまり 八つ    無事    切り抜け まし た」。(ペテロ  一 3:20)ここ  ある「魂」と いう   明らか  人々  表わし   ます。ノア,その 妻,ノア  3   息子  その  たち です。出エジプト 記 16  16   は,マナ  集める こと  関し  与え られ  指示  記さ    ます。イスラエル  は,『それぞれ 自分  天幕   いる     応じ,幾らか  拾い なさい』と 言わ    です。ですから,集める マナ   は,各々  家族     構成    いる   よっ  決まり まし た。「魂」を   人々  適用   いる 聖書       は,ほか に,創世記 46  18 節,ヨシュア 11  11 節,使徒 27  37 節,ローマ 13  1  など  あり ます。

動物。創造  関する 聖書  記述  は,こう あり ます。「次い    言わ  た,『水  生き    群れ  群がり出さ せ,飛ぶ 生き物     を,天  大空    飛ぶ よう に』。次い    言わ  た,『地  生き    その 種類  したがい,家畜  動く 生き物    野獣  その 種類  したがって 出す よう に』。すると その よう  なっ た」。(創世記 1:20,24)この 箇所  は,魚,家畜,野獣  すべて 同じ 語,つまり「魂」で 表わさ    ます。創世記 9  10 節,レビ 記 11  46 節,民数記 31  28   も,鳥    動物    呼ば    ます。

     命。「魂」と いう          意味 する こと  あり ます。エホバ  モーセ に,「あなた    つけねらっ      みな 死ん だ」と 言わ  まし た。(出エジプト 記 4:19)モーセ   たち    つけねらっ     でしょ  か。モーセ   です。それ より 前,ラケル  息子 ベニヤミン  出産  に,『その   去り行こ      た(彼女  死ん    ある)』と 記さ    ます。(創世記 35:16‐19)その 時,ラケル    失っ   です。イエス  言葉  考え   ましょ う。「わたし  りっぱ  羊飼い です。りっぱ  羊飼い    ため  自分    なげうち ます」と イエス  言わ  まし た。(ヨハネ 10:11)イエス  人類  ため  ご自分    つまり   与え まし た。聖書   これら  箇所 で,「魂」と いう   明らか に,人       指し   ます。「魂」が その 意味  用い られ  いる       は,列王  一 17  17‐23 節,マタイ 10  39 節,ヨハネ 15  13 節,使徒 20  10  など  あり ます。

  言葉  さらに 研究 する と,聖書  どこ    も,「不滅」あるいは「永遠」と いう  が「魂」と いう   結び付け られ    ない こと  分かる でしょ う。むしろ 聖書 は,魂  不滅   ない こと,つまり   死ぬ  いう こと  述べ   ます。(エゼキエル 18:4,20)ですから 聖書 は,死ん    ただ  に「死ん  魂」と 呼ん   ます。―レビ 記 21:11

「霊」と     明らか  する

 に,「霊」と いう   聖書  どの よう  用い られ  いる   考え ましょ う。「霊」は「魂」と いう   言い換え  過ぎ ない  考える    ます。しかし,事実  そう   あり ませ ん。聖書 は,「霊」と「魂」が それぞれ 別個  もの  指す こと  明らか     ます。どの よう  違う  でしょ  か。

聖書  筆者 は「霊」に つい  書く  当たり,ヘブライ    ルーアハ,ギリシャ    プネウマ  いう   用い まし た。聖書 そのもの が,これら    意味  示唆    ます。例えば,詩編 104  29   こう 述べ   ます。「あなた[エホバ]が その 霊[ルーアハ]を 取り去ら れる なら,彼ら  息絶え,その   戻っ  行き ます」。また,ヤコブ 2  26  は,「霊[プネウマ]の ない 体(は)死ん  もの  ある」と 述べ   ます。ですから これら  聖句 で,「霊」と は,体    与える もの  指し   ます。霊  なけれ ば,体  死ん  もの です。それで,聖書   ルーアハ  いう  は「霊」と 訳さ れる だけ  なく,「力」つまり 生命    訳さ  ます。例えば,ノア     洪水  つい    こう 言わ  まし た。「わたし  いま,地   洪水  もたらし て,その     力[ルーアハ]が 活動   いる すべて   なる もの     から 滅ぼし去ろ     いる」。(創世記 6:17; 7:15,22)ですから「霊」と は,生き  いる  造物 すべて  活動  せる,目  見え ない 力(生気)を 指し   ます。

    同じ もの   あり ませ ん。ラジオ  機能  果たす   電気  必要   ます が,それ  ほぼ 同じく,体  機能  果たす     必要   ます。この 例え  さらに 掘り下げ,ポータブル  ラジオ  つい  考え    ましょ う。ラジオ  電池  入れ,スイッチ  入れれ ば,電池  蓄え られ  電気  ラジオ に,言わば   吹き込み ます。しかし 電池  ない 状態  は,ラジオ  死ん   ます。プラグ  コンセント から 抜い  状態  ラジオ も,それ  同じ です。同様 に,霊      吹き込む  です。また,電気  同じく,霊  感情  なく,考える こと  でき ませ ん。それ  人格  持た ない  です。と  いえ,その  つまり 生命   なけれ ば,詩編 作者  述べる よう に,わたしたち   は「息絶え,その   戻っ  行き ます」。

伝道  書 12  7       つい て,「[人   の]塵  かつて そう  あっ  よう    帰り,霊  これ  お与え  なっ  まこと    もと  帰る」と 述べ   ます。霊 つまり 生命     離れる 時,体   に,それ  元々 あっ  ところ,つまり   帰り ます。同様  生命  も,それ  元々 あっ  ところ,つまり   帰り ます。(ヨブ 34:14,15。詩編 36:9)これ は,生命   実際    移動   ゆく,と いう 意味   あり ませ ん。そう   なく,死ん    関する 将来    望み  エホバ   かかっ  いる,と いう 意味 です。その    は,いわば   み手  うち  あり ます。霊 つまり 生命   戻さ れ,人  再び 生きる こと  できる  は,ひとえ      依存   いる  です。

まさに この こと を,神 が「記念  墓」の   休ん  いる  たち すべて  ため  行なわ れる  いう  は,何  すばらしい 慰め でしょ う。(ヨハネ 5:28,29)エホバ  復活   に,死  眠り  就い  いる   ため  新しい   形造り,その    つまり 生命   入れる こと  よっ て,体    吹き込ま  ます。何  喜ばしい   なる  でしょ う。

聖書  用い られ  いる「魂」および「霊」と いう   つい  もっと 知り たい  は,「人  死ぬ  どう なり ます か」と いう 冊子,さらには「聖書 から 論じる」と いう  300‐304 ページ,および431‐435 ページ ご覧 ください。貴重  情報   られ ます。いずれ  エホバ  証人  発行。