内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書は実際に何を教えていますか

 第​2​章

聖書 ― 神からの書物

聖書 ― 神からの書物
  • 聖書​は​他​の​本​と​どこ​が​違う​の​でしょ​う​か。

  • 聖書​は​個人​的​な​問題​に​対処​する​上​で​どの​よう​に​役立ち​ます​か。

  • 聖書​に​記さ​れ​て​いる​預言​が​信頼​できる​の​は​なぜ​です​か。

1,2 聖書​は​どんな​点​で,興奮​を​誘う,神​から​の​贈り物​で​ある​と​言え​ます​か。

親しい​友達​から​特別​な​贈り物​を​もらっ​た​時​の​こと​を​覚え​て​い​ます​か。興奮​し​た​だけ​で​なく,温かい​気持ち​に​なっ​た​の​で​は​ない​でしょ​う​か。実際,贈り物​は​贈っ​て​くれ​た​人​に​つい​て,ある​こと​を​伝え​ます。それ​は,あなた​と​の​友情​を​大切​に​し​て​いる​と​いう​メッセージ​です。あなた​も,心​の​こもっ​た​贈り物​を​くれ​た​友達​に​感謝​の​気持ち​を​伝え​た​に​違いあり​ませ​ん。

2 聖書​は​神​から​の​贈り物​で​あり,その​こと​に​深く​感謝​する​の​は​ふさわしい​こと​です。この​類例​の​ない​書物​は,ほか​の​どこ​に​も​決して​見いだせ​ない​情報​を​提供​し​て​くれ​ます。例えば,星​の​輝く​天​の​創造,地球​と​最初​の​男女​の​創造​に​関する​こと​が​あり​ます。聖書​に​は,生活​上​の​問題​や​不安​に​対処​する​の​に​役立つ,信頼​できる​原則​が​収め​られ​て​い​ます。また,神​が​どの​よう​に​ご自分​の​目的​を​果たし,地上​の​状態​を​良く​される​か​に​つい​て​の​説明​も​あり​ます。聖書​は​何​と​興奮​を​誘う​贈り物​な​の​でしょ​う。

3 聖書​が​用意​さ​れ​た​こと​から,エホバ​に​つい​て​どんな​こと​が​分かり​ます​か。その​ため​に​温かい​気持ち​に​なる​の​は​なぜ​です​か。

3 聖書​は​温かい​気持ち​に​させ​て​くれる​贈り物​で​も​あり​ます。贈っ​て​くださっ​た​エホバ​神​に​つい​て,ある​メッセージ​を​伝え​て​いる​から​です。 この​よう​な​書物​を​用意​し​て​くださっ​た​こと​から,神​は​ご自身​に​つい​て​よく​知っ​て​ほしい​と​願っ​て​おら​れる​こと​が​分かり​ます。実際,聖書​は,あなた​が​エホバ​に​近づく​助け​に​なり​ます。

4 聖書​の​配布​に​関する​どんな​点​が​すばらしい​と​思い​ます​か。

4 あなた​は​聖書​を​持っ​て​おら​れ​ます​か。実​は,聖書​を​持っ​て​いる​人​は​少なく​あり​ませ​ん。これ​まで​聖書​の​全体,あるいは​一​部分​が​2,300​以上​の​言語​で​出版​さ​れ​て​き​た​ため,世界​人口​の​90​%​以上​が​聖書​を​入手​できる​の​です。平均​する​と,毎週​100万​冊​を​超える​聖書​が​配布​さ​れ​て​い​ます。これ​まで​に​生産​さ​れ​た​聖書​は,部分​的​に​出版​さ​れ​た​もの​を​含める​と​何十億​冊​に​も​なり​ます。確か​に,聖書​の​よう​な​書物​は​ほか​に​あり​ませ​ん。

「新​世界​訳​聖書」は​多く​の​言語​で​入手​できる

5 聖書​は​どんな​意味​で「神​の​霊感​を​受け​た」もの​で​ある​と​言え​ます​か。

5 さらに,聖書​は「神​の​霊感​を​受け​た」もの​です。(テモテ​第​二 3:16)それ​は​どう​いう​意味​でしょ​う​か。聖書​そのもの​に​答え​が​あり​ます。つまり,「人​が​聖霊​に​導か​れ​つつ,神​に​よっ​て​語っ​た​もの」な​の​です。(ペテロ​第​二 1:21)例え​で​考え​て​み​ましょ​う。ある​ビジネスマン​ が​秘書​に​手紙​を​書か​せる​と​し​ます。手紙​に​は​ビジネスマン​の​考え​と​指示​が​含ま​れ​て​い​ます。ですから,それ​は​実際​に​は​秘書​の​手紙​で​は​なく,書か​せ​た​人​の​手紙​です。同様​に,聖書​に​含ま​れ​て​いる​音信​は,それ​を​書い​た​人間​の​もの​で​は​なく,神​の​音信​です。その​よう​な​意味​で,聖書​全体​は​間違い​なく「神​の​言葉」な​の​です。―テサロニケ​第​一 2:13

調和​し​て​い​て​正確

6,7 聖書​の​内容​の​調和​が​特に​注目​に​値する​の​は​なぜ​です​か。

6 聖書​は​1,600​年​以上​の​期間​を​かけ​て​書き記さ​れ​まし​た。書き記し​た​人​たち​が​生き​た​時代​は​様々​で,その​職業​や​身分​に​も​いろいろ​な​違い​が​あり​まし​た。農業​や​漁業​に​携わっ​て​い​た​人​も​いれ​ば,羊飼い​も​い​まし​た。預言​者,裁き人,王​も​い​まし​た。福音​書​を​記し​た​ルカ​は​医師​でし​た。筆者​の​生い立ち​や​経験​し​た​事柄​は​様々​でし​た​が,聖書​は​最初​から​最後​まで​調和​を​保っ​て​い​ます。 *

7 聖書​中​の​最初​の​本​は,人間​の​抱える​多く​の​問題​が​どの​よう​に​し​て​始まっ​た​か​を​教え​て​い​ます。最後​の​本​は,地球​全体​が​パラダイス​に,つまり​庭園​の​よう​な​場所​に​なる​こと​を​示し​て​い​ます。聖書​の​内容​全体​は,幾千​年​に​も​わたる​歴史​を​扱っ​て​おり,どの​部分​も​神​の​目的​の​進展​と​何らか​の​関係​が​あり​ます。聖書​に​は​見事​な​調和​が​見​られ​ます​が,神​から​の​書物​で​あれ​ば,当然​そう​なっ​て​いる​はず​です。

8 聖書​が​科学​的​に​正確​で​ある​こと​を​示す​例​を​挙げ​て​ください。

8 聖書​は​科学​的​に​正確​です。後​の​時代​に​なる​まで​一般​に​は​知ら​れ​なかっ​た​情報​さえ​含ま​れ​て​い​ます。例えば,レビ​記​と​いう​本​に​は,周囲​の​諸​国民​が​全く​知ら​なかっ​た​隔離​や​衛生​に​関する​古代​イスラエル​ の​律法​が​収め​られ​て​い​ます。地球​の​形​に​つい​て​間違っ​た​見方​が​され​て​い​た​時代​に,聖書​は,地​の​円,つまり​丸い​もの​と​いう​表現​を​用い​まし​た。(イザヤ 40:22)地​は『無​の​上​に​掛かっ​て​いる』と​いう,事実​と​合致​し​た​描写​も​あり​ます。(ヨブ 26:7)聖書​が​科学​の​教科​書​で​ない​こと​は​もちろん​です​が,科学​的​な​事柄​を​正確​に​述べ​て​い​ます。神​から​の​書物​で​あれ​ば,それ​は​当然​の​こと​で​は​ない​でしょ​う​か。

9 (イ)聖書​が​歴史​的​に​正確​で​信頼​できる​こと​は,どんな​点​から​分かり​ます​か。(ロ)筆者​の​正直​さ​から,聖書​に​つい​て​どんな​こと​が​分かり​ます​か。

9 聖書​は​歴史​的​に​も​正確​で​信頼​でき​ます。その​記述​は​具体​的​です。人々​の​名前​だけ​で​は​なく,その​先祖​の​系図​も​挙げ​て​い​ます。 * 一般​の​歴史​家​は​自分​の​国​の​敗北​に​つい​て​語ら​ない​場合​が​少なく​あり​ませ​ん​が,それ​と​は​対照​的​に,聖書​の​筆者​たち​は​正直​で,自分​自身​や​自国民​の​失敗​も​記録​し​て​い​ます。例えば,聖書​の​民数記​と​いう​本​の​中​で,これ​を​記し​た​モーセ​は,自分​が​重大​な​過ち​を​犯し,その​ため​に​厳しく​戒め​られ​た​こと​を​率直​に​認め​て​い​ます。(民数記 20:2‐12)この​よう​な​正直​さ​は​他​の​歴史​書​に​は​あまり​見​られ​ませ​ん​が,聖書​は​違い​ます。それ​は,聖書​が​神​から​の​書物​だ​から​です。

実際​に​役立つ​知恵​を​収め​た​書物

10 聖書​が​実際​に​役立つ​書物​で​ある​の​は,なぜ​意外​な​こと​で​は​あり​ませ​ん​か。

10 聖書​は​神​の​霊感​を​受け​た​もの​な​の​で,『教え,戒め,物事​を​正す​の​に​有益』です。(テモテ​第​二 3:16)そう​です,聖書​は​実際​に​役立つ​書物​です。聖書​から​は,人間​性​に​対する​深い​理解​が​読み取れ​ます。それ​は​当然​の​こと​です。聖書​の​著者​で​ある​エホバ​神​は​創造​者​だ​から​です。エホバ​は​だれ​より​も​人間​の​考え​や​感情​を​深く​理解​し​て​おら​れ​ます。さらに,人間​が​幸福​に​なる​ため​に​は​何​が​必要​か,人間​は​どんな​歩み​を​避ける​べき​かも​ご存じ​です。

11,12 (イ)イエス​は​山上​の​垂訓​の​中​で,どんな​テーマ​に​つい​て​話​さ​れ​まし​た​か。(ロ)聖書​は,ほか​に​も​実際​に​役立つ​どんな​事柄​を​取り上げ​て​い​ます​か。その​助言​が​いつ​の​時代​に​も​有益​な​の​は​なぜ​です​か。

 11 山上​の​垂訓​と​呼ば​れる​イエス​の​訓話​に​つい​て​考え​ましょ​う。それ​は​マタイ 5​章​から​7​章​に​記さ​れ​て​い​ます。イエス​は​この​優れ​た​教え​の​中​で,本当​の​幸福​の​見つけ​方,争い​の​解決​の​仕方,祈り方,物​に​対する​正しい​見方​など,幾つ​も​の​テーマ​に​つい​て​話​さ​れ​まし​た。今日​で​ も,イエス​の​言葉​は​当時​と​同じ​ほど​強力​で​あり,実際​に​役立ち​ます。

12 聖書​に​は,家族​生活,仕事​の​習慣,人間​関係​など​に​当てはまる​原則​も​収め​られ​て​い​ます。聖書​の​原則​は​すべて​の​人​に​当てはまり,その​助言​は​どんな​場合​に​も​有益​です。聖書​の​知恵​は,預言​者​イザヤ​を​通し​て​語ら​れ​た​神​の​言葉​に​要約​さ​れ​て​い​ます。神​は​こう​言わ​れ​まし​た。「わたし,エホバ​は,あなた​の​神,あなた​に​自分​を​益する​こと​を​教える​者……で​ある」。―イザヤ 48:17

預言​を​収め​た​書物

聖書​を​書き記し​た​イザヤ​は,バビロン​の​倒壊​を​予告​し​た

13 エホバ​は,預言​者​イザヤ​に​霊感​を​与え,バビロン​に​関し​て​どんな​点​を​詳しく​記さ​せ​まし​た​か。

13 聖書​に​は​数々​の​預言​が​含ま​れ​て​おり,すでに​成就​し​た​もの​も​少なく​あり​ませ​ん。一つ​の​例​を​取り上げ​ましょ​う。エホバ​は​西暦​前​8​世紀​の​預言​者​イザヤ​を​通し​て,バビロン​市​の​滅び​を​予告​さ​れ​まし​た。(イザヤ 13:19; 14:22,23)その​都市​が​どの​よう​に​し​て​征服​さ​れる​の​か,詳しく​語ら​れ​まし​た。侵入​し​て​くる​軍隊​が​バビロン​の​川​を​干上がら​せ,戦う​こと​なく​市内​に​入る​の​です。それ​だけ​で​は​あり​ませ​ん。イザヤ​の​預言​は​バビロン​を​征服​する​王​の​名前​さえ​挙げ​て​い​ます。その​名前​は,キュロス​です。―イザヤ 44:27–45:2

14,15 バビロン​に​関する​イザヤ​の​預言​は​どの​よう​に​し​て​細かい​点​まで​成就​し​まし​た​か。

14 それ​から​200​年​ほど​たっ​た​西暦​前​539​年​10​月​5​日​の​夜​から​6​日​に​かけ​て,軍隊​が​バビロン​の​近く​に​陣営​を​張り​まし​た。司令​官​は​だれ​でし​た​か。キュロス​と​いう​ペルシャ​の​王​です。こう​し​て,驚く​べき​預言​の​成就​する​舞台​が​整い​まし​た。しかし,キュロス​の​軍隊​は,予告​どおり,戦う​こと​なく​バビロン​に​侵入​する​の​でしょ​う​か。

15 その​夜​バビロニア​人​は​宴会​を​開い​て​おり,都市​の​がっしり​し​た​城壁​の​中​に​いる​の​で​安全​だ​と​思っ​て​い​まし​た。その​間​に​キュロス​の​ほう​は​巧み​な​方法​を​用い,市内​を​流れ​て​い​た​川​の​進路​を​変え​まし​た。やがて​川​の​水位​は​下がり,キュロス​の​部下​たち​が​川床​を​渡っ​て​ 都市​の​城壁​に​近づける​ほど​に​なり​ます。しかし​キュロス​の​軍隊​は​どの​よう​に​バビロン​の​城壁​を​通過​する​の​でしょ​う​か。実​は​その​夜,どう​いう​わけ​か,都市​の​門​は​不​注意​に​も​開け放た​れ​て​い​まし​た。

16 (イ)イザヤ​は​バビロン​が​迎える​結末​に​つい​て,どんな​こと​を​予告​し​まし​た​か。(ロ)バビロン​の​荒廃​に​関する​イザヤ​の​預言​は,どの​よう​に​成就​し​まし​た​か。

16 バビロン​に​つい​て​は​次​の​よう​に​予告​さ​れ​て​い​まし​た。「彼女​は​決して​人​の​住む​所​と​は​なら​ず,また,彼女​が​代々​に​わたっ​て​住む​こと​も​ない。そして​アラブ​人​は​そこ​に​天幕​を​張ら​ず,羊飼い​も​その​群れ​を​そこ​に​伏さ​せ​ない」。(イザヤ 13:20)この​預言​は​バビロン​市​の​倒壊​だけ​を​予言​し​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん。バビロン​が​荒廃​し,その​状態​が​いつ​まで​も​続く​こと​を​示し​て​い​ます。これら​の​言葉​が​成就​し​た​証拠​は​目​で​見る​こと​が​でき​ます。イラク​の​バグダッド​の​南​約​80​㌔​の​ところ​に​古代​バビロン​の​遺跡​が​あり,そこ​に​は​人​が​住ん​で​い​ませ​ん。これ​は,エホバ​が​イザヤ​を​通し​て​語っ​た,『わたし​は​絶滅​の​ほうき​で​これ​を​掃く』と​いう​言葉​が​成就​し​て​いる​証拠​です。―イザヤ 14:22,23 *

廃墟​と​なっ​た​バビロン

17 聖書​預言​の​成就​は,なぜ​信仰​を​強める​と​言え​ます​か。

 17 聖書​が,信頼​できる​預言​の​記さ​れ​た​書物​で​ある​こと​を​考える​と,信仰​が​強まる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。実際,エホバ​神​は​これ​まで​も​約束​を​果たして​こら​れ​た​の​ですから,地上​を​楽園​に​する​と​いう​約束​も​果たして​くださる​と​確信​する​こと​が​でき​ます。(民数記 23:19)確か​に,わたしたち​は「永遠​の​命​の​希望」を​持つ​こと​が​でき​ます。その​希望​は,「偽る​こと​の​でき​ない​神​が,久しく​続い​た​時代​の​前​に​約束​さ​れ​た​もの」な​の​です。―テトス 1:2 *

『神​の​言葉​は​生き​て​いる』

18 クリスチャン​の​使徒​パウロ​は,「神​の​言葉」に​つい​て​どんな​こと​を​力強く​述べ​て​い​ます​か。

18 この​章​で​これ​まで​考え​て​き​た​こと​から,聖書​が​まさしく​類例​の​ない​ 書物​で​ある​こと​が​はっきり​分かり​ます。と​は​いえ,聖書​に​価値​が​ある​の​は,単に​内面​的​な​調和​が​見​られ,科学​的​に​も​歴史​的​に​も​正確​で,実際​に​役立つ​知恵​や​信頼​できる​預言​が​記さ​れ​て​いる​から,と​いう​だけ​で​は​あり​ませ​ん。もっと​大切​な​理由​が​ある​の​です。クリスチャン​の​使徒​パウロ​は​こう​書き​まし​た。「神​の​言葉​は​生き​て​い​て,力​を​及ぼし,どんな​もろ刃​の​剣​より​も​鋭く,魂​と​霊,また​関節​と​その​骨髄​を​分ける​まで​に​刺し通し,心​の​考え​と​意向​と​を​見分ける​こと​が​できる​の​です」。―ヘブライ 4:12

19,20 (イ)自分​を​吟味​する​上​で,聖書​は​どの​よう​に​役立ち​ます​か。(ロ)神​から​の​類例​の​ない​贈り物​で​ある​聖書​に​感謝​し​て​いる​こと​を,どの​よう​に​示せ​ます​か。

19 聖書​に​ある​神​の「言葉」,つまり​神​から​の​メッセージ​を​読む​なら,自分​の​生き方​を​変える​こと​が​でき​ます。以前​より​も​自分​を​よく​吟味​できる​よう​に​なり​ます。自分​は​神​を​愛し​て​いる​と​言う​人​の​場合​で​も,その​人​の​本当​の​考え,それ​に​心​の​意向​さえ,神​の​霊感​に​よる​言葉​で​ある​聖書​の​教え​に​どう​反応​する​か​に​よっ​て​明らか​に​なる​の​です。

20 聖書​は,まさしく​神​から​の​書物​です。読み,研究​し,愛す​べき​書物​です。神​から​の​この​贈り物​に​対する​感謝​を​表わす​ため,その​内容​を​詳しく​調べ​続け​て​ください。そう​する​なら,人類​に​対する​神​の​目的を​より​深く​認識​できる​よう​に​なり​ます。その​目的​と​は​何​か,それ​が​どの​よう​に​実現​する​か​に​つい​て​は,次​の​章​で​扱い​ます。

^ 6節 聖書​中​の​ある​箇所​が​他​の​箇所​と​矛盾​し​て​いる​と​いう​人​も​い​ます​が,その​よう​な​主張​に​は​根拠​が​あり​ませ​ん。エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書 ― 神​の​言葉,それ​と​も​人間​の​言葉?」と​いう​本​の​第​7​章​を​ご覧​ください。

^ 9節 例えば,ルカ 3​章​23‐38​節​に​ある​イエス​の​詳しい​系図​を​ご覧​ください。

^ 16節 聖書​の​預言​に​つい​て​詳しく​知り​たい​方​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「すべて​の​人​の​ため​の​書物」と​いう​冊子​の​27‐29​ページ​を​ご覧​ください。

^ 17節 バビロン​の​滅び​は,聖書​の​預言​が​成就​し​た​こと​を​示す​一例​に​過ぎ​ませ​ん。ほか​の​例​と​し​て,ティルス​や​ニネベ​の​滅び​も​あり​ます。(エゼキエル 26:1‐5。ゼパニヤ 2:13‐15)さらに,ダニエル​の​預言​は,バビロン​の​後​に​一連​の​世界​帝国​が​次々​と​権力​を​握る​こと​を​予告​し​て​い​まし​た。メディア‐ペルシャ​と​ギリシャ​も​それら​の​帝国​に​含ま​れ​て​い​まし​た。(ダニエル 8:5‐7,20‐22)イエス​・​キリスト​に​成就​し​た,メシア​に​関する​多く​の​預言​に​つい​て​は,付録​の「イエス​・​キリスト ― 約束​の​メシア」を​ご覧​ください。