内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書は実際に何を教えていますか

 第​3​章

神は地球についてどんな目的をお持ちですか

神は地球についてどんな目的をお持ちですか
  • 神​は​人間​に​つい​て,どんな​目的​を​お持ち​です​か。

  • 神​に​対し​て​どんな​異議​が​唱え​られ​まし​た​か。

  • 地上​で​の​生活​は​将来​どの​よう​な​もの​に​なり​ます​か。

1 神​は​地球​に​つい​て​どんな​目的​を​お持ち​です​か。

神​は​地球​に​つい​て​実​に​すばらしい​目的​を​お持ち​です。エホバ​は​地上​に​幸福​で​健康​な​人​たち​が​満ちる​こと​を​願っ​て​おら​れる​の​です。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。『神​は​エデン​に​園​を​設け,見​て​好ましく,食物​と​し​て​良い​あらゆる​木​を​生え​させ​た』。神​は​最初​の​男女​アダム​と​エバ​を​創造​し​て​から,二​人​を​その​快適​な​住まい​に​置き,こう​言わ​れ​まし​た。「子​を​生ん​で​多く​なり,地​に​満ち​て,それ​を​従わせ​よ」。(創世記 1:28; 2:8,9,15)ですから,神​の​目的​は,人間​が​子ども​を​もうけ,住まい​と​し​て​与え​られ​た​園​を​地上​の​全域​に​広げ,動物​たち​の​世話​を​する​こと​でし​た。

2 (イ)地球​に​関する​神​の​目的​が​果たさ​れる​と​言える​の​は​なぜ​です​か。(ロ)聖書​は​人間​が​永久​に​生きる​こと​に​つい​て,何​と​述べ​て​い​ます​か。

2 人間​が​地上​の​楽園​で​生活​する​と​いう​エホバ​神​の​目的​は,本当​に​実現​する​と​思わ​れ​ます​か。『わたし​は​それ​を​話し​た​の​で​ある。わたし​は​それ​を​行なう​で​あろ​う』と​神​は​宣言​し​て​おら​れ​ます。(イザヤ 46:9‐11; 55:11)そう​です,神​は​ご自分​が​目的​と​する​こと​を​必ず​行なう​方​です。神​は,「それ[地球]を​いたずら​に​創造​せ​ず,人​が​住む​ため​に​形造(っ)た」と​述べ​て​おら​れ​ます。(イザヤ 45:18)では,神​は​どんな​人​たち​が​地上​で​生活​する​こと​を​願っ​て​おら​れ​た​の​でしょ​う​か。その​人々​が​どれ​ほど​の​期間​生きる​よう​に​望ん​で​おら​れ​まし​た​か。聖書​は​ こう​答え​て​い​ます。「義​なる​者​たち​は​地​を​所有​し,そこ​に​永久​に​住む​で​あろ​う」。―詩編 37:29。啓示 21:3,4

3 地上​で​は​今,どんな​悲しい​状況​が​見​られ​ます​か。それで,どんな​疑問​が​生じ​ます​か。

3 明らか​に,それ​は​まだ​実現​し​て​い​ませ​ん。人々​は​病気​に​なり,死ん​で​ゆき​ます。戦っ​て​殺し合う​こと​さえ​あり​ます。何​か​が​狂っ​て​しまい​まし​た。しかし,地上​の​今​の​状況​は,決して​神​が​目的​と​され​た​もの​で​は​あり​ませ​ん。一体​何​が​起き​た​の​でしょ​う​か。どうして​神​の​目的​は​果たさ​れ​て​い​ない​の​でしょ​う​か。人間​の​書い​た​歴史​書​を​読ん​で​も​答え​は​分かり​ませ​ん。問題​は​天​で​始まっ​た​から​です。

敵​は​どの​よう​に​存在​する​よう​に​なっ​た​か

4,5 (イ)蛇​を​使っ​て​エバ​に​話しかけ​た​の​は,実際​に​は​だれ​です​か。(ロ)正直​で​立派​だっ​た​人​で​も,どの​よう​な​こと​が​ある​と​泥棒​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん​か。

4 聖書​巻頭​の​本​は,神​の​反対​者​が​エデン​の​園​に​現われ​た​こと​に​つい​て​述べ​て​い​ます。この​者​は「蛇」と​し​て​描か​れ​て​い​ます​が,単なる​動物​で​は​あり​ませ​ん。聖書​巻末​の​本​で​は,この​者​が「悪魔​また​サタン​と​呼ば​れ,人​の​住む​全地​を​惑わし​て​いる」こと​が​明らか​に​され​て​い​ます。この​者​は「初め​から​の​蛇」と​も​呼ば​れ​て​い​ます。(創世記 3:1。啓示 12:9)この​強力​な​み使い,つまり​目​に​見え​ない​霊​の​被​造物​は​蛇​を​使っ​て​エバ​に​話しかけ​まし​た。特別​な​技術​を​持っ​た​人​が,すぐ​そば​の​人形​から​声​が​出​て​いる​よう​に​見せかける​の​と​同じ​です。その​者​は,神​が​人間​の​ため​に​地球​を​整え​た​時,すでに​存在​し​て​い​た​に​違いあり​ませ​ん。―ヨブ 38:4,7

5 しかし,エホバ​の​創造​物​は​すべて​完全​な​の​ですから,だれ​が​この「悪魔」を,つまり「サタン」を​作っ​た​の​か,と​いう​疑問​が​生じ​ます。簡単​に​言え​ば,神​の​霊​の​子​たち​の​ひとり​が​自ら​悪魔​に​なっ​た​の​です。どうして​そんな​こと​が​起こる​の​でしょ​う​か。以前​は​正直​で​立派​だっ​た​人​が​泥棒​に​なる​こと​は​今​で​も​あり​ます。なぜ​そう​なる​の​でしょ​う​か。人​は,心​の​中​で​悪い​欲望​が​強まっ​て​いる​の​に,それ​を​放っ​て​おく​こと​が​あり​ ます。欲し​て​は​なら​ない​もの​に​つい​て​考え​続ける​なら,悪い​欲望​は​非常​に​強く​なる​でしょ​う。そして,機会​が​訪れる​と,以前​から​抱い​て​い​た​その​悪い​欲望​に​駆ら​れ​て​行動​を​起こす​か​も​しれ​ませ​ん。―ヤコブ 1:13‐15

6 どの​よう​な​こと​が​あっ​て,神​の​強力​な​霊​の​子​の​ひとり​は​悪魔​サタン​に​なり​まし​た​か。

6 悪魔​サタン​の​場合​が​そう​でし​た。この​者​は​神​が​アダム​と​エバ​に​与え​た​指示​を​聞い​た​よう​です。その​指示​は,アダム​と​エバ​が​子ども​を​もうけ,その​二​人​の​子孫​で​地​を​満たす​こと​を​求める​もの​でし​た。(創世記 1:27,28)サタン​は,『そう​だ。この​人間​たち​すべて​に,神​で​は​なく​わたし​を​崇拝​さ​せる​こと​も​できる​の​だ』と​考え​た​の​でしょ​う。それで,サタン​は​心​の​中​で​悪い​欲望​を​募ら​せ,結局​は​エバ​を​欺く​行動​を​取り,神​に​つい​て​の​偽り​を​エバ​に​伝え​ます。(創世記 3:1‐5)こう​し​て​この​者​は「悪魔」に​なり​まし​た。この​よう​に​翻訳​さ​れ​た​元​の​言葉​に​は,「中傷​する​者」と​いう​意味​が​あり​ます。この​者​は「サタン」に​も​なり​まし​た。これ​に​相当​する​原語​に​は「反対​者」と​いう​意味​が​あり​ます。

7 (イ)アダム​と​エバ​が​死ん​だ​の​は​なぜ​です​か。(ロ)アダム​の​子孫​すべて​が​年老い​て​死ん​で​ゆく​の​は​なぜ​です​か。

7 悪魔​サタン​は​偽り​と​策略​を​用い​て,アダム​と​エバ​が​神​に​逆らう​よう​に​仕向け​まし​た。(創世記 2:17; 3:6)その​結果,二​人​は​やがて​死に​まし​た。従順​で​なけれ​ば​死ぬ,と​いう​神​の​言葉​どおり​に​なっ​た​の​です。(創世記 3:17‐19)アダム​は​罪​を​犯し​た​時​に​不​完全​に​なっ​た​の​で,その​子孫​は​すべて​アダム​から​罪​を​受け継ぎ​まし​た。(ローマ 5:12)この​状況​は,パン​を​焼く​時​に​使う​パン​型​で​説明​できる​でしょ​う。パン​型​に​へこみ​が​あれ​ば,その​型​で​作る​パン​は​どう​なる​でしょ​う​か。どの​パン​に​も​必ず​へこみ​が​でき​ます。つまり​不​完全​な​もの​に​なり​ます。それ​と​同じく,人間​は​みな​アダム​から​不​完全​さ​と​いう“へこみ”を​受け継い​で​いる​の​です。そう​いう​わけ​で,人間​は​すべて​年老い​て​死ん​で​ゆき​ます。―ローマ 3:23

8,9 (イ)サタン​は​どの​よう​な​異議​を​唱え​た​と​考え​られ​ます​か。(ロ)神​が​反逆​者​たち​を​すぐ​に​滅ぼさ​なかっ​た​の​は​なぜ​です​か。

 8 サタン​は,アダム​と​エバ​に​働きかけ​て​神​に​対する​罪​を​犯さ​せ​た​時,実際​に​は​反逆​へ​と​導い​て​い​まし​た。エホバ​の​支配​の​仕方​に​異議​を​唱え​て​い​た​の​です。サタン​の​主張​は​要する​に​こう​いう​こと​でし​た。『神​は​悪い​支配​者​だ。偽り​を​語り,神​に​従う​者​たち​に​良い​もの​を​与え​ ない​よう​に​し​て​いる。人間​は​神​の​支配​など​必要​と​し​ない。善悪​を​自分​たち​で​決める​こと​が​できる。わたし​の​支配​を​受けれ​ば,もっと​幸福​に​なる』。では,侮辱​的​な​こう​し​た​異議​を​唱え​られ​て,神​は​どう​さ​れる​でしょ​う​か。神​は​反逆​者​を​あっさり​死​に​処す​べき​だっ​た,と​考える​人​も​い​ます。しかし,それ​で​サタン​の​唱え​た​異議​に​答え​た​こと​に​なる​でしょ​う​か。神​の​支配​の​仕方​が​正しい​こと​を​証明​でき​た​でしょ​う​か。

9 エホバ​は​公正​に​関する​完全​な​感覚​を​お持ち​な​の​で,反逆​者​を​すぐ​死​に​処する​こと​は​でき​なかっ​た​でしょ​う。サタン​の​唱え​た​異議​に​満足​の​ゆく​答え​を​提出​し,悪魔​が​偽り者​で​ある​こと​を​証明​する​に​は​時間​が​必要​で​ある,と​判断​さ​れ​た​の​です。それ​で​神​は,人間​が​サタン​の​影響​を​受け​ながら​しばらく​自ら​を​支配​する​の​を​許す​こと​に​され​まし​た。エホバ​は​なぜ​そう​さ​れ​た​の​か,また,これら​の​問題​の​解決​に​なぜ​これ​ほど​の​時間​を​おかけ​に​なっ​た​の​か,その​理由​は​この​本​の11​章で​扱い​ます。しかし​ここ​で,次​の​点​に​つい​て​考える​の​は​良い​こと​です。アダム​と​エバ​に​何一つ​良い​こと​を​し​なかっ​た​サタン​を​信じ​た​この​二​人​は​正しかっ​た​の​でしょ​う​か。また,アダム​と​エバ​が​持つ​もの​は​すべて​エホバ​から​与え​られ​て​い​た​の​に,その​方​を​残酷​な​偽り者​と​考え​た​二​人​は​正しかっ​た​の​でしょ​う​か。あなた​なら,どう​し​た​と​思い​ます​か。

10 どう​すれ​ば,エホバ​の​側​に​立ち,サタン​の​唱え​た​異議​に​答え​を​提出​できる​でしょ​う​か。

10 その​よう​な​問い​に​つい​て​考える​の​は​良い​こと​です。今日​の​わたしたち​も​皆,同様​の​問題​に​直面​する​から​です。あなた​も​エホバ​の​側​に​立っ​て,サタン​の​唱え​た​異議​に​答え​を​提出​する​こと​が​でき​ます。エホバ​を​自分​の​支配​者​と​し​て​受け入れ,サタン​が​偽り者​で​ある​こと​を​示せる​の​です。(詩編 73:28。箴言 27:11)幾十億​と​いう​世界​人口​の​うち,そう​し​た​道​を​選ぶ​人​は​残念​ながら​ごく​少数​しか​い​ませ​ん。その​ため,重要​な​質問​が​生じ​ます。聖書​は​本当​に​サタン​が​この​世​を​支配​し​て​いる​と​教え​て​いる​の​でしょ​う​か。

 この​世​を​支配​し​て​いる​の​は​だれ​か

サタン​が​実際​に​世​の​すべて​の​王国​を​所有​し​て​い​なかっ​た​と​し​たら,どうして​それら​を​イエス​に​提供​でき​た​だろ​う​か

11,12 (イ)サタン​が​この​世​の​支配​者​で​ある​こと​は,イエス​へ​の​誘惑​の​どんな​点​から​分かり​ます​か。(ロ)他​の​どんな​こと​から​も,サタン​が​この​世​の​支配​者​で​ある​こと​が​分かり​ます​か。

11 イエス​は,サタン​が​この​世​の​支配​者​で​ある​こと​を​少し​も​疑い​ませ​ん​でし​た。サタン​は​一度,「世​の​すべて​の​王国​と​その​栄光」を​何らか​の​奇跡​的​な​方法​で​イエス​に​見せ​た​こと​が​あり​ます。それ​から,「もし​あなた​が​ひれ伏し​て​わたし​に​崇拝​の​行為​を​する​なら​ば,わたし​は​これら​の​すべて​を​あなた​に​上げ​ましょ​う」と​約束​し​まし​た。(マタイ 4:8,9。ルカ 4:5,6)考え​て​み​て​ください。サタン​が​それら​の​王国​の​支配​者​で​なかっ​た​と​し​たら,その​申し出​は​イエス​へ​の​誘惑​と​なっ​た​でしょ​う​か。イエス​は,それら​世​の​政府​が​すべて​サタン​の​もの​で​ある​こと​を​否定​さ​れ​ませ​ん​でし​た。サタン​が​この​世​の​黒幕​で​なかっ​た​と​し​たら,イエス​は​その​点​を​指摘​し​た​はず​です。

12 言う​まで​も​なく,エホバ​は​全能​の​神​で​あり,驚く​べき​宇宙​を​創造​し​た​方​です。(啓示 4:11)しかし​聖書​の​どこ​に​も,エホバ​神​や​イエス​・​キリスト​が​この​世​の​支配​者​で​ある​と​は​書か​れ​て​い​ませ​ん。それどころか,イエス​は​サタン​の​こと​を,はっきり「この​世​の​支配​者」と​呼び​まし​た。(ヨハネ 12:31; 14:30; 16:11)聖書​は​悪魔​サタン​を「この​事物​の​体制​の​神」と​も​呼ん​で​い​ます。(コリント​第​二 4:3,4)この​反対​者​つまり​サタン​に​つい​て,クリスチャン​の​使徒​ヨハネ​は,「全​世界​が​邪悪​な​者​の​配下​に​ある」と​書き​まし​た。―ヨハネ​第​一 5:19

サタン​の​世​は​どの​よう​に​取り除か​れる​か

13 新しい​世​が​必要​な​の​は​なぜ​です​か。

13 年​ごと​に​世​の​状態​は​ますます​危険​に​なっ​て​ゆき​ます。この​世​に​は,戦い合う​軍隊,不​正直​な​政治​家,偽善​的​な​宗教​指導​者,血​も​涙​も​ない​犯罪​者​など​が​あふれ​て​い​ます。この​世​全体​を​改革​する​の​は​とても​無理​でしょ​う。しかし​聖書​は,神​が​近い​将来,ハルマゲドン​の​戦い​で​邪悪​な​世​を​除き去る​こと​を​明らか​に​し​て​い​ます。その​戦い​ に​よっ​て,義​の​新しい​世​へ​の​道​が​開か​れ​ます。―啓示 16:14‐16

14 神​は​だれ​を​王国​の​支配​者​と​し​て​選ば​れ​まし​た​か。その​こと​は​どの​よう​に​予告​さ​れ​て​い​まし​た​か。

14 エホバ​神​は​イエス​・​キリスト​を​天​の​王国​つまり​天​の​政府​の​支配​者​と​し​て​選ば​れ​まし​た。ずっ​と​昔,聖書​は​こう​予告​し​て​い​まし​た。「ひとり​の​みどりご​が​わたしたち​の​ため​に​生ま​れ​た。ひとり​の​男​の​子​が​わたしたち​に​与え​られ​た。権威​が​彼​の​肩​に​ある。その​名​は,『……平和​の​君』と​唱え​られる。……その​王国​に​権威​は​増し 平和​は​絶える​こと​が​ない」。(イザヤ 9:5,6,「新​共同​訳」[「新​世界​訳」では9:6,7])イエス​は​この​政府​に​つい​て​次​の​よう​に​祈る​こと​を​弟子​たち​に​教え​まし​た。「あなた​の​王国​が​来​ます​よう​に。あなた​の​ご意志​が​天​に​おける​と​同じ​よう​に,地上​に​おい​て​も​なさ​れ​ます​よう​に」。(マタイ 6:10)この​本​で​これ​から​学び​ます​が,間​も​なく​神​の​王国​は​この​世​の​すべて​の​政府​を​除き去り,それ​自体​が​それら​の​政府​に​取って代わり​ます。(ダニエル 2:44)その​後,神​の​王国​に​よっ​て​地上​の​楽園​が​もたらさ​れ​ます。

新しい​世​は​近い

15 「新しい​地」と​は​何​です​か。

15 聖書​は​次​の​こと​を​保証​し​て​い​ます。「神​の​約束​に​よっ​て​わたしたち​の​待ち望ん​で​いる​新しい​天​と​新しい​地​が​あり​ます。そこ​に​は​義​が​宿り​ます」。(ペテロ​第​二 3:13。イザヤ 65:17)聖書​に​出​て​くる「地」は,地上​に​住む​人々​を​指す​こと​が​あり​ます。(創世記 11:1)ですから,義​の「新しい​地」と​は,神​の​是認​を​受ける​人々​で​成る​社会​の​こと​です。

16 神​が​ご自分​の​是認​する​人​たち​に​お与え​に​なる​非常​に​貴重​な​贈り物​と​は​何​です​か。それ​を​得る​ため​に,わたしたち​は​どう​す​べき​です​か。

16 イエス​の​約束​に​よる​と,これ​から​来る​新しい​世​で​は,神​に​是認​さ​れる​人​たち​に「永遠​の​命」と​いう​贈り物​が​与え​られ​ます。(マルコ 10:30)ご自分​の​聖書​のヨハネ 3​章​16​節17​章​3​節を​開き,永遠​の​命​を​得る​ため​に​何​を​す​べき​か​に​つい​て​イエス​が​語っ​た​言葉​を​お読み​ ください。そして,将来​の​地上​の​楽園​で​神​から​いただく​すばらしい​贈り物​を​受ける​に​ふさわしい​人​たち​が​どんな​祝福​を​受ける​か,聖書​から​調べ​て​み​ましょ​う。

17,18 地上​の​すべて​の​場所​が​平和​で​安心​できる​ところ​に​なる​と​いう​こと​を,なぜ​確信​でき​ます​か。

17 悪,戦争,犯罪,暴力​は​なくなる。「邪悪​な​者​は​い​なく​なる。……しかし​柔和​な​者​たち​は​地​を​所有(する)」。(詩編 37:10,11)『神​は​地​の​果て​に​至る​まで​戦い​を​やめ​させる』の​で,平和​が​実現​し​ます。(詩編 46:9。イザヤ 2:4)その​時,「義​なる​者​が​芽生え,豊か​な​平和​が​月​の​なくなる​とき​まで[つまり,永久​に]続く​こと​でしょ​う」。―詩編 72:7

18 エホバ​の​崇拝​者​たち​は​安心​し​て​生活​する​こと​が​できる。聖書​時代​つまり​古代​の​イスラエル​人​は​神​に​従順​で​ある​限り,安心​し​て​生活​する​こと​が​でき​まし​た。(レビ​記 25:18,19)楽園​で​も​同じ​よう​に​安心​し​て​生活​できる​と​いう​の​は,何​と​すばらしい​こと​でしょ​う。―イザヤ 32:18。ミカ 4:4

19 神​の​新しい​世​に​食糧​が​豊富​に​ある​と​いう​こと​は,どうして​分かり​ます​か。

19 食糧​不足​は​なくなる。詩編​作者​は​こう​歌い​まし​た。「地​に​は​穀物​が​豊か​に​実り,山々​の​頂​で​あふれ​ん​ばかり​に​実り​ます」。(詩編 72:16)エホバ​神​は​義​を​愛する​人々​を​祝福​し,「地​は​必ず​産物​を​出す​こと​でしょ​う」。―詩編 67:6

20 地球​全体​が​楽園​に​なる​こと​を​確信​できる​の​は,なぜ​です​か。

20 地球​全体​が​楽園​に​なる。罪​を​持つ​人間​が​破滅​に​至ら​せ​た​土地​に,快適​な​新しい​住まい​が​建て​られ​庭園​が​でき​ます。(イザヤ 65:21‐24。啓示 11:18)地上​で​まず​従え​られ​た​土地​が​だんだん​に​広げ​られ,ついに​は​地球​全体​が​エデン​の​園​の​よう​に​美しく,産出​的​に​なり​ます。神​は​必ず「み手​を​開い​て,すべて​の​生き​て​いる​もの​の​願い​を​満たし​て」くださる​の​です。―詩編 145:16

21 人間​と​動物​の​間​に​平和​な​関係​が​生ま​れる​こと​を,どんな​聖句​が​示し​て​い​ます​か。

21 人間​と​動物​の​間​に​平和​な​関係​が​生ま​れる。野獣​と​家畜​が​一緒​に​ 餌​を​食べ​ます。今​は​危険​な​動物​が,その​時​に​なる​と,幼い​子ども​から​見​て​も​全く​怖く​なく​なり​ます。―イザヤ 11:6‐9; 65:25

22 病気​は​どう​なり​ます​か。

22 病気​は​なくなる。イエス​は​神​の​天​の​王国​の​支配​者​と​し​て,地上​に​い​た​時​より​も​はるか​に​大​規模​な​いやし​を​行なわ​れ​ます。(マタイ 9:35。マルコ 1:40‐42。ヨハネ 5:5‐9)その​時,「『わたし​は​病気​だ』と​言う​居住​者​は​い​ない」の​です。―イザヤ 33:24; 35:5,6

23 復活​が​わたしたち​の​心​に​喜び​を​もたらす​の​は​なぜ​です​か。

23 亡くなっ​た​愛する​家族​が​生き返る。その​人​たち​に​は,決して​死な​ない​と​いう​見込み​が​ある。死​の​眠り​に​就き,神​の​記憶​に​とどめ​られ​て​いる​人​は,すべて​よみがえり​ます。つまり「義者​と​不義​者​と​の​復活​が​ある」の​です。―使徒 24:15。ヨハネ 5:28,29

24 あなた​は​地上​の​楽園​で​の​生活​に​つい​て​どう​思わ​れ​ます​か。

24 偉大​な​創造​者​エホバ​神​に​つい​て​学び,この​神​に​仕え​よう​と​する​人​たち​に​は,何​と​すばらしい​将来​が​控え​て​いる​の​でしょ​う。イエス​は,自分​の​すぐ​脇​で​死​を​目前​に​し​て​い​た​悪人​に,「あなた​は​わたし​と​共​に​パラダイス​に​いる​でしょ​う」と​約束​し​まし​た。その​時​イエス​は,将来​に​実現​する​地上​の​パラダイス,つまり​楽園​の​こと​を​述べ​て​おら​れ​た​の​です。(ルカ 23:43)ですから,イエス​・​キリスト​に​つい​て​さらに​学ぶこと​が​どうして​も​必要​です。ここ​に​挙げ​た​すべて​の​祝福​は​イエス​を​通し​て​可能​に​なる​から​です。