内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書は実際に何を教えていますか

 第​13​章

命に関する敬虔な見方

命に関する敬虔な見方
  • 神​は​命​を​どの​よう​に​見​て​おら​れ​ます​か。

  • 神​は​堕胎​を​どの​よう​に​見​て​おら​れ​ます​か。

  • 命​に​対する​敬意​を​どの​よう​に​表わせ​ます​か。

1 命​ある​すべて​の​もの​を​創造​し​た​の​は,どなた​です​か。

預言​者​エレミヤ​は​こう​述べ​まし​た。「エホバ​は​真実​に​神​で​ある。生ける​神(で​ある)」。(エレミヤ 10:10)エホバ​神​は,命​ある​すべて​の​もの​の​創造​者​で​も​あら​れ​ます。天​に​いる​被​造物​は​エホバ​に​向かっ​て​こう​言い​まし​た。「あなた​は​すべて​の​もの​を​創造​し,あなた​の​ご意志​に​よっ​て​すべて​の​もの​は​存在​し,創造​さ​れ(まし​た)」。(啓示 4:11)ダビデ​王​は​神​へ​の​賛美​の​歌​の​中​で,「命​の​源​は​あなた​の​もと​に​あり(ます)」と​述べ​まし​た。(詩編 36:9)ですから,命​は​神​から​の​贈り物​です。

2 人間​の​命​を​支える​ため​に,神​は​何​を​し​て​おら​れ​ます​か。

2 また​エホバ​は,わたしたち​の​命​を​支え​て​おら​れ​ます。(使徒 17:28)人間​が​取り入れる​食物,飲む​水,吸う​空気,住む​土地​を​与え​て​ください​まし​た。(使徒 14:15‐17)しかも​エホバ​は,それら​を​備える​に​当たり,人間​が​生活​を​楽しめる​よう​に​され​まし​た。と​は​いえ,生きる​こと​を​十二分​に​楽しむ​ため​に​は,神​の​律法​を​学び,それ​に​従う​必要​が​あり​ます。―イザヤ 48:17,18

命​に​対する​敬意​を​表わす

3 アベル​が​殺さ​れ​た​こと​を,神​は​どう​みなさ​れ​まし​た​か。

3 神​は,わたしたち​が​自分​の​命​に​も​他​の​人​の​命​に​も​敬意​を​抱く​こと​を​願っ​て​おら​れ​ます。一つ​の​例​を​挙げ​ましょ​う。アダム​と​エバ​の​時代,その​二​人​から​生ま​れ​た​息子​の​カイン​は​弟​の​アベル​に​対し​て​激しく​怒り​まし​た。エホバ​は​カイン​に​対し​て,その​怒り​は​重大​な​罪​に​至りかね​ ない,と​警告​さ​れ​まし​た。しかし​カイン​は​その​警告​を​無視​し,「自分​の​兄弟​アベル​に​襲いかかっ​て​これ​を​殺し」まし​た。(創世記 4:3‐8)エホバ​は,弟​を​殺し​た​カイン​を​処罰​さ​れ​まし​た。―創世記 4:9‐11

4 神​は​モーセ​の​律法​の​中​で,命​に​関する​正しい​見方​を​どの​よう​に​強調​さ​れ​まし​た​か。

4 それ​から​何千​年​か​が​過ぎ,エホバ​は​イスラエル​の​民​に​律法​を​お与え​に​なり​まし​た。その​目的​は,神​に​受け入れ​られる​仕方​で​仕える​こと​が​できる​よう​民​を​助ける​こと​に​あり​まし​た。その​律法​は​預言​者​モーセ​を​通し​て​与え​られ​た​ため,モーセ​の​律法​と​呼ば​れる​こと​が​あり​ます。その​中​に​は,「あなた​は​殺人​を​し​て​は​なら​ない」と​いう​命令​も​あり​まし​た。(申命記 5:17)これ​は​イスラエル​人​に,神​が​人間​の​命​を​尊ん​で​おら​れ,人間​も​他​の​人​の​命​を​尊ぶ​べき​で​ある​こと​を​示す​もの​でし​た。

5 堕胎​を​どう​見る​べき​です​か。

5 まだ​生ま​れ​て​い​ない​子ども​の​命​は​どう​です​か。モーセ​の​律法​に​よれ​ば,母親​の​胎内​に​いる​赤ちゃん​を​死な​せる​の​は​間違っ​た​こと​でし​た。その​よう​な​命​で​さえ,エホバ​に​とっ​て​は​貴重​な​の​です。(出エジプト​記 21:22,23。詩編 127:3)ですから​堕胎​は​間違っ​て​い​ます。

6 仲間​の​人間​を​憎む​べき​で​ない​の​は,なぜ​です​か。

6 命​に​対する​敬意​を​抱く​こと​に​は,仲間​の​人間​に​対する​正しい​見方​を​持つ​こと​が​含ま​れ​ます。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「すべて​自分​の​兄弟​を​憎む​者​は​人殺し​です。そして,人殺し​は​だれ​も​自分​の​うち​に​永遠​の​命​を​とどめ​て​い​ない​こと​を​あなた方​は​知っ​て​い​ます」。(ヨハネ​第​一 3:15)永遠​の​命​を​望む​の​で​あれ​ば,仲間​の​人間​に​対する​憎しみ​を​自分​の​心​から​全く​除き去る​必要​が​あり​ます。ほとんど​の​暴力​行為​は​憎しみ​に​根ざし​て​いる​から​です。(ヨハネ​第​一 3:11,12)互い​に​愛し合う​こと​を​学ぶ​の​は​非常​に​大切​です。

7 命​に​対する​不敬​な​態度​を​表わす​習わし​に​は,どんな​もの​が​あり​ます​か。

7 自分​の​命​に​対する​敬意​を​表わす​こと​に​つい​て​は​どう​でしょ​う​か。普通,人​は​死に​たい​と​は​思わ​ない​もの​です​が,快楽​を​求め​て​死​の​危険​を​冒す​人​も​い​ます。例えば,たばこ​を​吸い,気晴らし​の​ため​に​覚せい​ 剤​その他​の​薬物​を​用いる​人​は​少なく​あり​ませ​ん。その​よう​な​物​は​体​に​有害​で​ある​だけ​で​なく,死​を​もたらす​こと​も​珍しく​あり​ませ​ん。そう​し​た​物​を​習慣​的​に​用いる​人​は,命​を​神聖​な​もの​と​見​て​い​ませ​ん。それら​の​習わし​は​神​の​目​に​汚れ​た​もの​です。(ローマ 6:19; 12:1。コリント​第​二 7:1)受け入れ​られる​仕方​で​神​に​仕える​ため​に​は,その​よう​な​習わし​を​やめ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。それ​は​非常​に​難しい​こと​か​も​しれ​ませ​ん​が,エホバ​は​わたしたち​に​必要​な​助け​を​与え​て​ください​ます。それ​だけ​で​なく,命​を​神​から​の​貴重​な​贈り物​と​し​て​扱う​わたしたち​の​努力​を,高く​評価​し​て​ください​ます。

8 安全​を​意識​する​必要​が​ある​こと​を​忘れる​べき​で​ない​の​は,なぜ​です​か。

8 命​に​対する​敬意​を​抱い​て​いる​人​は,安全​を​いつも​意識​する​必要​が​ある​こと​を​忘れ​ませ​ん。注意​を​怠り,楽しい​気分​や​刺激​だけ​を​求め​て​危険​を​冒す​よう​な​こと​は​し​ませ​ん。無謀​な​運転​や,暴力​的​な​スポーツ,危険​な​スポーツ​を​避け​ます。(詩編 11:5)古代​イスラエル​に​与え​られ​た​神​の​律法​は​こう​述べ​て​い​まし​た。「[屋根​の​平たい]新しい​家​を​建てる​場合,あなた​は​屋根​の​ため​に​欄干[低い​柵]も​造ら​なけれ​ば​なら​ない。転ぶ​者​が​そこ​から​落ち​て,あなた​が​自分​の​家​に​血​の​罪​を​もたらす​こと​の​ない​ため​で​ある」。(申命記 22:8)この​律法​に​記さ​れ​て​いる​原則​を​当てはめ​て,自分​の​家​の​階段​など​に​危険​が​ない​よう​に​し,足​を​踏み外し​て​転び,大​けが​を​する​こと​の​ない​よう​に​し​て​ください。車​を​持っ​て​いる​なら,安心​し​て​運転​できる​状態​か​どう​か​を​確認​し​て​ください。家​や​車​が​自分​や​他​の​人​の​身​に​危険​を​招く​こと​が​ない​よう​に​し​て​ください。

9 命​に​対する​敬意​を​抱い​て​いる​なら,動物​を​どの​よう​に​扱い​ます​か。

9 動物​の​命​は​どう​でしょ​う​か。それ​も​創造​者​に​とっ​て​神聖​な​もの​です。神​は,人​が​食物​や​衣服​を​得る​ため,あるいは​人間​を​危険​から​守る​ため​で​あれ​ば​動物​を​殺す​こと​も​許さ​れ​ます。(創世記 3:21; 9:3。出エジプト​記 21:28)しかし,動物​を​残酷​に​扱っ​たり,ただ​楽しみ​の​ため​に​殺し​たり​する​の​は​間違っ​て​おり,命​の​神聖​さ​に​対し​て​甚だ​しく​不敬​な​態度​を​示す​こと​です。―箴言 12:10

 血​に​対する​敬意​を​表わす

10 命​と​血​の​間​に​関連​が​ある​こと​を,エホバ​は​どの​よう​に​示し​て​こら​れ​まし​た​か。

10 カイン​が​弟​の​アベル​を​殺し​た​後,エホバ​は​カイン​に,「あなた​の​兄弟​の​血​が​わたし​に​向かっ​て​地面​から​叫ん​で​いる」と​言わ​れ​まし​た。(創世記 4:10)神​は​アベル​の​血​に​つい​て​述べ​た​際,アベル​の​命​の​こと​を​言っ​て​おら​れ​まし​た。カイン​は​アベル​の​命​を​奪っ​た​の​で,今度​は​カイン​が​処罰​さ​れ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。その​状況​は,まるで​アベル​の​血,つまり​アベル​の​命​が​公正​を​求め​て​エホバ​に​向かっ​て​叫ん​で​いる​か​の​よう​でし​た。命​と​血​の​関係​は,ノア​の​時代​の​大​洪水​の​後​に​も​示さ​れ​まし​た。大​洪水​前,人間​は​果物,野菜,穀物,木​の​実​だけ​を​食べ​て​い​まし​た​が,大​洪水​の​後​エホバ​は​ノア​と​その​息子​たち​に​こう​言わ​れ​まし​た。「生き​て​いる​動く​生き物​は​すべて​あなた方​の​ため​の​食物​と​し​て​よ​い。緑​の​草木​の​場合​の​よう​に,わたし​は​それ​を​皆​あなた方​に​確か​に​与える」。しかし​神​は​次​の​よう​な​制限​を​設け​られ​まし​た。「ただし,その​魂[すなわち​命]つまり​その​血​を​伴う​肉​を​食べ​て​は​なら​ない」。(創世記 1:29; 9:3,4)エホバ​が​生き物​の​命​と​血​を​密接​に​関連付け​て​おら​れる​の​は​明らか​です。

11 ノア​の​時代​以降,血​の​どんな​用い方​は​神​に​よっ​て​禁じ​られ​て​い​ます​か。

11 わたしたち​は​血​を​食べ​ない​こと​に​よっ​て,血​に​対する​敬意​を​表わし​ます。エホバ​は​イスラエル​人​に​与え​た​律法​の​中​で,こう​お命じ​に​なり​まし​た。「だれ​で​も……食べ​て​よ​い​野獣​または​鳥​を​狩猟​で​捕らえ​た​者​が​いれ​ば,その​者​は​その​血​を​注ぎ出し​て​塵​で​覆わ​ね​ば​なら​ない。……わたし​は​イスラエル​の​子​ら​に​こう​言っ​た。『あなた方​は​いかなる​肉​なる​もの​の​血​も​食べ​て​は​なら​ない』」。(レビ​記 17:13,14)動物​の​血​を​食べ​て​は​なら​ない​と​いう​神​の​命令​は,その​800​年​ほど​前​に​まず​ノア​に​与え​られ​た​もの​です​が,依然​と​し​て​効力​が​あり​まし​た。エホバ​の​見方​は​明確​でし​た。エホバ​の​僕​たち​は​動物​の​肉​を​食べる​こと​が​でき​まし​た​が,血​を​食べ​て​は​なり​ませ​ん​でし​た。血​は​地面​に​注ぎ出す​べき​でし​た。そう​する​の​は​事実​上,生き物​の​命​を​神​に​お返し​する​こと​でし​た。

12 1​世紀​に,今​も​有効​な,血​に​関する​どんな​命令​が​聖霊​に​よっ​て​与え​られ​まし​た​か。

 12 それ​と​似​た​命令​は​クリスチャン​に​も​与え​られ​て​い​ます。1​世紀​に​イエス​の​弟子​たち​の​間​で​指導​的​な​役割​を​果たして​い​た​使徒​その他​の​男子​が​会合​を​開き​まし​た。その​目的​は,クリスチャン​会衆​内​の​全員​が​従う​べき​命令​の​内容​を​決定​する​こと​に​あり​まし​た。結論​は​次​の​よう​な​もの​でし​た。「聖霊​と​わたしたち​と​は,次​の​必要​な​事柄​の​ほか​は,あなた方​に​そのうえ​何​の​重荷​も​加え​ない​こと​が​よい​と​考え(まし​た)。すなわち,偶像​に​犠牲​と​し​て​ささげ​られ​た​物​と​血​と​絞め殺さ​れ​た​もの[肉​の​中​に​血​が​残っ​て​いる]と​淫行​を​避け​て​いる​こと​です」。(使徒 15:28,29; 21:25)ですから​わたしたち​は,『血​を​避け​て​いる』べき​です。神​から​見​て,血​を​避ける​こと​は,偶像​礼拝​や​性​の​不​道徳​を​避ける​の​と​同じ​ほど​重要​な​こと​な​の​です。

アルコール​を​避ける​よう​に​医師​から​言わ​れ​たら,それ​を​血管​に​注射​し​て​もらう​でしょ​う​か

13 血​を​避け​て​い​なさい,と​いう​命令​に​輸血​も​含ま​れる​理由​を​例え​で​示し​て​ください。

13 血​を​避け​て​い​なさい,と​いう​命令​に​は​輸血​も​含ま​れる​の​でしょ​う​か。含ま​れ​ます。例え​で​説明​し​ましょ​う。医師​が​あなた​に,アルコール​飲料​を​避ける​こと​を​指示​し​た​と​し​ます。その​指示​は​単に,アルコール​を​飲ん​で​は​いけ​ない​が,血管​に​注射​する​の​は​構わ​ない,と​いう​意味​な​の​でしょ​う​か。もちろん​そう​で​は​あり​ませ​ん。同様​に,血​を​避ける​と​いう​こと​は,どんな​形​で​あれ​自分​の​体内​に​血​を​入れ​ない,と​いう​意味​です。ですから,血​を​避け​て​い​なさい​と​いう​命令​は,自分​の​血管​に​血​を​注入​する​こと​を​だれ​に​も​許し​て​は​なら​ない,と​いう​意味​です。

14,15 輸血​を​す​べき​で​ある​と​医師​から​言わ​れ​た​場合,クリスチャン​は​どの​よう​に​反応​し​ます​か。それ​は​なぜ​です​か。

14 もし​クリスチャン​が​重傷​を​負っ​たり​大​手術​が​必要​に​なっ​たり​し​たら,どう​でしょ​う​か。医師​が,輸血​を​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん,し​ない​と​死ん​で​しまい​ます​よ,と​言っ​た​と​し​ます。もちろん​クリスチャン​は,死に​たい​など​と​は​思っ​て​い​ませ​ん。神​から​の​貴重​な​贈り物​で​ある​命​を​何​と​か​し​て​維持​する​ため,血​の​間違っ​た​用い方​が​関係​し​ない​他​の​治療​法​を​受け入れる​でしょ​う。したがって,もし​その​よう​な​医療​処置​が​可能​で​あれ​ば​それ​を​求め,輸血​に​代わる​様々​な​治療​法​を​受け入れる​でしょ​う。

 15 クリスチャン​は,この​事物​の​体制​で​少し​長く​生きる​ため​だけ​に,神​の​律法​を​破ろ​う​と​する​でしょ​う​か。イエス​は​こう​言わ​れ​まし​た。「だれ​で​も​自分​の​魂[すなわち​命]を​救お​う​と​思う​者​は​それ​を​失(いま)す。しかし,だれ​で​も​わたし​の​ため​に​自分​の​魂​を​失う​者​は​それ​を​見いだす​の​です」。(マタイ 16:25)わたしたち​は​死に​たい​と​は​思い​ませ​ん。しかし,神​の​律法​を​破っ​て​まで​今​の​命​を​救お​う​と​する​なら,永遠​の​命​を​失う​こと​に​なり​かね​ませ​ん。ですから,神​の​律法​の​正しさ​に​信頼​を​置く​の​は​賢明​な​こと​です。何​か​の​こと​で​死ぬ​と​し​て​も,命​の​与え主​が​わたしたち​を​記憶​し​て​復活​さ​せ,貴重​な​贈り物​で​ある​命​を​再び​得​させ​て​くださる​と​いう​十分​な​確信​を​保つ​の​です。―ヨハネ 5:28,29。ヘブライ 11:6

16 神​の​僕​たち​は​血​に​関し​て,どんな​固い​決意​を​抱い​て​い​ます​か。

16 今日,神​の​忠実​な​僕​たち​は,固い​決意​を​抱い​て​血​に​関する​指示​に​従い​ます。どんな​かたち​で​あれ,血​を​食べる​こと​は​し​ませ​ん。医学​的​な​理由​で​血​を​受け入れる,と​いう​こと​も​し​ませ​ん。 * 血​を​創造​し​た​方​は​わたしたち​に​とっ​て​最善​の​事柄​を​ご存じ​で​ある,と​いう​確信​を​抱い​て​い​ます。あなた​も​同じ​確信​を​お持ち​です​か。

血​の​唯一​正しい​用い方

17 古代​イスラエル​に​おい​て,エホバ​神​に​唯一​受け入れ​られる​血​の​用い方​は,どんな​もの​でし​た​か。

17 モーセ​の​律法​は,血​の​唯一​正しい​用い方​を​強調​し​て​い​まし​た。 古代​イスラエル​人​に​求め​られ​た​崇拝​に​つい​て,エホバ​は​こう​お命じ​に​なり​まし​た。『肉​の​魂[すなわち​命]は​血​に​あり,わたし​は,あなた方​が​自分​の​魂​の​ため​に​贖罪​を​行なう​よう​に​と​それ​を​祭壇​の​上​に​置い​た​の​で​ある。血​が,その​内​に​ある​魂​に​よっ​て​贖罪​を​行なう​から​で​ある』。(レビ​記 17:11)イスラエル​人​は​罪​を​犯し​た​とき,動物​を​ささげ,その​血​の​一部​を​幕屋​の​祭壇,後代​に​は​神殿​の​祭壇​の​上​に​置い​て​もらう​こと​に​よっ​て,許し​を​得る​こと​が​でき​まし​た。血​の​唯一​正しい​用い方​は,その​よう​な​犠牲​に​関連​し​た​もの​でし​た。

18 イエス​の​血​が​流さ​れ​た​こと​に​よっ​て,どんな​益​と​祝福​が​得​られ​ます​か。

18 真​の​クリスチャン​は​モーセ​の​律法​の​もと​に​は​い​ない​の​で,動物​の​犠牲​を​ささげ​て​その​血​を​祭壇​の​上​に​置く​こと​は​あり​ませ​ん。(ヘブライ 10:1)しかし,古代​イスラエル​の​時代​に​祭壇​で​血​が​用い​られ​た​こと​は,神​の​み子​イエス​・​キリスト​の​貴重​な​犠牲​を​指し示し​て​い​まし​た。この​本​の5​章で​学ん​だ​よう​に,イエス​は​ご自分​の​血​を​犠牲​と​し​て​流さ​れ, その​よう​に​し​て​人間​と​し​て​の​命​を​わたしたち​の​ため​に​お与え​に​なり​まし​た。その​後​イエス​は​天​に​昇り,流さ​れ​た​血​の​価値​を​ただ​一度​限り​神​に​ささげ​まし​た。(ヘブライ 9:11,12)この​こと​に​よっ​て,罪​の​許し​の​ため​の​土台​が​据え​られ,わたしたち​が​永遠​の​命​を​得る​ため​の​道​が​開か​れ​まし​た。(マタイ 20:28。ヨハネ 3:16)血​の​こう​し​た​用い方​は​何​と​重要​な​結果​を​もたらし​た​の​でしょ​う。(ペテロ​第​一 1:18,19)イエス​の​流さ​れ​た​血​の​価値​に​対する​信仰​に​よっ​て​のみ,わたしたち​は​救い​を​得る​こと​が​できる​の​です。

命​と​血​に​対する​敬意​を​どの​よう​に​表わせ​ます​か

19 「すべて​の​人​の​血​に​つい​て​潔白」で​ある​ため​に​は,何​を​す​べき​です​か。

19 わたしたち​は,命​と​いう​愛​に​満ち​た​備え​を​エホバ​神​に​深く​感謝​する​こと​が​でき​ます。それ​で​わたしたち​は,イエス​の​犠牲​に​対する​信仰​を​土台​と​し​て​永遠​の​命​が​得​られる​こと​に​つい​て,人々​に​語り​たく​なる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。神​を​敬う​気持ち​から​仲間​の​人間​の​命​を​気遣う​の​で​あれ​ば,真剣​かつ​熱心​に​この​業​を​行ない​たい​と​思う​よう​に​なる​でしょ​う。(エゼキエル 3:17‐21)この​責任​を​勤勉​に​果たす​なら,使徒​パウロ​の​よう​に​語る​こと​が​できる​でしょ​う。パウロ​は​こう​述べ​まし​た。『わたし​は​すべて​の​人​の​血​に​つい​て​潔白​です。わたし​は​何一つ​差し控える​こと​なく,神​の​み旨​を​ことごとく​あなた方​に​伝え​た​から​です』。(使徒 20:26,27)神​と​その​目的​に​つい​て​人々​に​語る​こと​は,命​と​血​に​対し​て​最高度​の​敬意​を​抱い​て​いる​こと​を​示す​優れ​た​方法​な​の​です。

^ 16節 輸血​の​代替​療法​に​つい​て​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た​冊子,「血​は​あなた​の​命​を​どの​よう​に​救う​こと​が​でき​ます​か」の「輸血​に​代わる​良質​の​医療」と​いう​章​を​ご覧​ください。