内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書は実際に何を教えていますか

 付録

主の晩さん ― 神に誉れを帰する式典

主の晩さん ― 神に誉れを帰する式典

クリスチャン​は​キリスト​の​死​の​記念​式​を​守り行なう​よう​に​命令​さ​れ​て​い​ます。この​式典​は「主​の​晩さん」と​も​呼ば​れ​ます。(コリント​第​一 11:20)この​式​に​関し​て​意義深い​の​は​どんな​点​でしょ​う​か。いつ,どの​よう​に​守り行なう​べき​です​か。

イエス​・​キリスト​は​この​式典​を​西暦​33​年,ユダヤ​暦​の​過ぎ越し​の​晩​に​制定​さ​れ​まし​た。過ぎ越し​は​年​に​一度,ユダヤ​暦​の​ニサン​の​月​の​14​日​に​行なわ​れ​た​祝い​です。その​日​が​いつ​に​なる​か​を​算定​する​ため,ユダヤ​人​は​春分​の​日​を​待っ​た​よう​です。春分​の​日​は​昼間​が​ほぼ​12​時間,夜​も​ほぼ​12​時間​あり​ます。春分​に​いちばん​近い​新月​を​観察​でき​た​日​が​ニサン​1​日​でし​た。過ぎ越し​は​その​13​日​後​に​始まり​ます。

イエス​は​使徒​たち​と​共​に​過ぎ越し​を​祝い,ユダ​・​イスカリオテ​を​去ら​せ​て​から,主​の​晩さん​を​制定​さ​れ​まし​た。この​食事​は​ユダヤ​暦​の​過ぎ越し​ に​取って代わる​もの​で​あり,それゆえに​年​に​一度​だけ​守り行なわ​れ​ます。

マタイ​の​福音​書​は​こう​伝え​て​い​ます。「イエス​は​パン​を​取り,祝とう​を​述べ​て​から​それ​を​割き,弟子​たち​に​与え​て,こう​言わ​れ​た。『取っ​て,食べ​なさい。これ​は​わたし​の​体​を​表わし​て​い​ます』。また,杯​を​取り,感謝​を​ささげ​て​から​それ​を​彼ら​に​与え,こう​言わ​れ​た。『あなた方​は​みな,それ​から​飲み​なさい。これ​は​わたし​の「契約​の​血」を​表わし​て​おり,それ​は,罪​の​許し​の​ため,多く​の​人​の​ため​に​注ぎ出さ​れる​こと​に​なっ​て​いる​の​です』」。―マタイ 26:26‐28

ある​人​たち​は,イエス​は​パン​を​自分​の​実際​の​肉​に,ぶどう​酒​を​自分​の​血​に​変え​た,と​信じ​て​い​ます。しかし,イエス​の​肉体​は,この​パン​を​与え​た​時​まだ​無傷​でし​た。イエス​の​使徒​たち​は​実際​に​イエス​の​文字通り​の​肉​を​食べ,文字通り​の​血​を​飲ん​で​い​た​の​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。その​よう​な​こと​は​人肉​嗜食​で​あり,神​の​律法​に​違反​する​から​です。(創世記 9:3,4。レビ​記 17:10ルカ 22​章​20​節​に​よる​と,イエス​は​こう​述べ​て​い​ます。「この​杯​は,わたし​の​血​に​よる​新しい​契約​を​表わし​て​い​ます。それ​は​あなた方​の​ため​に​注ぎ出さ​れる​こと​に​なっ​て​い​ます」。その​杯​は​実際​に「新しい​契約」そのもの​に​なっ​た​の​でしょ​う​か。そんな​こと​は​あり得​ませ​ん。契約​と​は​実際​に​手​で​触れる​こと​の​でき​ない​約束​だ​から​です。

したがって,パン​も​ぶどう​酒​も​象徴​に​すぎ​ませ​ん。パン​は​キリスト​の​完全​な​体​を​象徴​し​て​い​ます。イエス​は​過ぎ越し​の​食事​の​際​に​残さ​れ​た​一​かたまり​の​パン​を​用い​まし​た。その​パン​は​パン種,つまり​イースト​を​入れ​ず​に​作ら​れ​て​い​まし​た。(出エジプト​記 12:8)聖書​は​しばしば​パン種​を,罪​もしくは​腐敗​の​象徴​と​し​て​用い​て​い​ます。ですから​その​パン​は,イエス​が​犠牲​に​し​た​完全​な​体​を​表わし​て​い​ます。罪​が​ない​体​です。―マタイ 16:11,12。コリント​第​一 5:6,7。ペテロ​第​一 2:22。ヨハネ​第​一 2:1,2

赤​ぶどう​酒​は​イエス​の​血​を​表わし​て​い​ます。その​血​に​よっ​て,新しい​契約​は​有効​と​され​ます。ご自分​の​血​は「罪​の​許し​の​ため」に​注ぎ出さ​れる,と​イエス​は​述べ​まし​た。その​よう​に​し​て​人間​は,神​の​目​に​清く​なる​こと​が​でき,エホバ​と​の​新しい​契約​に​入る​こと​が​できる​の​です。(ヘブライ 9:14; 10:16,17)14万4,000​人​の​忠実​な​クリスチャン​は​この​契約​に​より,天​に​行く​こと​が​できる​よう​に​なり​ます。その​人​たち​は​天​で​全​人類​を​祝福​ する​ため,王​また​祭司​と​し​て​奉仕​し​ます。―創世記 22:18。エレミヤ 31:31‐33。ペテロ​第​一 2:9。啓示 5:9,10; 14:1‐3

これら​記念​式​の​表象​物​に​だれ​が​あずかる​べき​でしょ​う​か。論理​的​に​言っ​て,新しい​契約​に​入っ​て​いる​人,つまり​天​に​行く​希望​を​持つ​人​たち​だけ​が,その​パン​と​ぶどう​酒​に​あずかる​べき​です。神​の​聖霊​は​その​人​たち​に,自分​は​天​の​王​と​し​て​選ば​れ​た​と​いう​確信​を​与え​ます。(ローマ 8:16)その​よう​な​人​たち​は,イエス​と​結ん​だ​王国​の​契約​に​も​入っ​て​い​ます。―ルカ 22:29

では,地上​の​楽園​で​永遠​に​生きる​希望​を​抱く​人​たち​は​どう​でしょ​う​か。その​人​たち​も​イエス​の​命令​に​従い,主​の​晩さん​に​出席​し​ます​が,表象​物​に​あずかる​の​で​は​なく,敬意​を​こめ​て​式​を​見守る​者​と​し​て​出席​し​ます。エホバ​の​証人​は​年​に​一度​だけ,ニサン​14​日​の​日没​後​に​主​の​晩さん​を​守り行ない​ます。今,天​へ​の​希望​を​言い表わす​人​は​世界​全体​で​数千​人​しか​い​ませ​ん​が,主​の​晩さん​を​守り行なう​こと​は​すべて​の​クリスチャン​に​とっ​て​非常​に​大切​です。それ​は,すべて​の​人​が​エホバ​神​と​イエス​・​キリスト​の​この​上​ない​愛​に​つい​て​熟考​する​機会​と​なる​の​です。―ヨハネ 3:16