内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書は実際に何を教えていますか

 付録

シェオルおよびハデスとは何か

シェオルおよびハデスとは何か

原語​に​よる​聖書​で,シェオール​と​いう​ヘブライ​語​と,それ​に​相当​する​ギリシャ​語​の​ハーイデース​は​合計​70​回​以上​用い​られ​て​い​ます。どちら​の​語​も​死​と​関係​が​あり​ます。聖書​翻訳​の​中​に​は​これら​の​語​を,「墓」,「地獄」,「坑」と​し​て​いる​もの​も​あり​ます。しかし,ほとんど​の​言語​に​は,この​ヘブライ​語​および​ギリシャ​語​の​厳密​な​意味​を​伝える​言葉​が​あり​ませ​ん。その​ため​に「新​世界​訳」は「シェオル[Sheol]」および「ハデス[Hades]」と​いう​語​を​用い​て​い​ます。これら​の​語​は​実際​に​は​何​を​意味​し​て​いる​の​でしょ​う​か。聖書​の​様々​な​箇所​で​どう​用い​られ​て​いる​か​に​注目​し​て​み​ましょ​う。

伝道​の​書 9​章​10​節​は​こう​述べ​て​い​ます。「シェオル,すなわち​あなた​の​行こ​う​と​し​て​いる​場所​に​は,業​も​企て​も​知識​も​知恵​も​ない」。この​言葉​から​する​と,シェオル​と​は,故人​を​埋葬​し​た​特定​の,あるいは​個々​の​墓所​を​指す,と​いう​こと​に​なる​の​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。聖書​は​特定​の​埋葬​地​もしくは​墓​に​言及​する​とき,シェオール​と​は​異なる​ヘブライ​語,ハーイデース​と​は​異なる​ギリシャ​語​を​用いる​から​です。(創世記 23:7‐9。マタイ 28:1)さらに,聖書​で​は,どこ​か​の​家族​墓​や​集団​墓地​など,何​人​か​が​一緒​に​埋葬​さ​れる​墓​を​指す​語​と​し​て「シェオル」が​用い​られる​こと​は​あり​ませ​ん。―創世記 49:30,31

では,「シェオル」は​どんな​場所​な​の​でしょ​う​か。神​の​言葉​は,「シェオル」つまり「ハデス」が,大きな​集団​墓地​より​はるか​に​スケール​の​大きな​もの​で​ある​こと​を​示唆​し​て​い​ます。例えば,イザヤ 5​章​14​節​に​は,シェオル​は『広く,その​口​を​果てしなく​広く​開け​た』と​記さ​れ​て​い​ます。シェオル​は​すでに​数え切れない​ほど​多く​の​死者​を​いわば​呑み込ん​で​き​まし​た​が,さらに​多く​の​死者​を​常​に​欲し​て​いる​か​の​よう​です。(箴言 30:15,16)限ら​れ​た​数​の​死者​しか​収容​でき​ない​普通​の​意味​で​の​埋葬​所​と​は​異​なり,『シェオル​は​満ち足りる​こと​が​ない』の​です。(箴言 27:20)つまり,シェオル​が​満員​に​なる​こと​は​決して​あり​ませ​ん。限界​が​ない​の​です。ですから​シェオル​や​ハデス​は,どこ​か​に​存在​する​実際​の​場所​で​は​あり​ませ​ん。むしろ​それ​は,死ん​だ​人間​に​とっ​て​共通​の​墓場​と​も​いう​べき​場所​で​あり,人類​の​大部分​が​死​の​眠り​に​就く​比喩​的​な​場所​を​指し​て​い​ます。

 復活​に​関する​聖書​の​教え​は,「シェオル」および「ハデス」の​意味​を​さらに​深く​洞察​する​上​で​役立ち​ます。神​の​言葉​は​シェオル​および​ハデス​を,復活​の​ある​死​と​結び付け​て​い​ます。 *ヨブ 14:13。使徒 2:31。啓示 20:13)さらに​神​の​言葉​は,シェオル​つまり​ハデス​に​いる​人々​の​中​に​は,エホバ​に​仕え​て​き​た​人​だけ​で​なく,仕え​て​こ​なかっ​た​多く​の​人​も​含ま​れる​こと​を​示し​て​い​ます。(創世記 37:35。詩編 55:15)ですから​聖書​は,「義者​と​不義​者​と​の​復活」が​ある​こと​を​教え​て​い​ます。―使徒 24:15

^ 1節 それ​と​は​対照​的​に,よみがえる​こと​の​ない​死者​は​シェオル​つまり​ハデス​で​は​なく,「ゲヘナ​に」いる​と​説明​さ​れ​て​い​ます。(マタイ 5:30; 10:28; 23:33)ゲヘナ​も,シェオル​や​ハデス​と​同じく,文字通り​の​場所​で​は​あり​ませ​ん。