内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書は実際に何を教えていますか

 第​10​章

霊の被造物 ― 人間にどんな影響を与えていますか

霊の被造物 ― 人間にどんな影響を与えていますか
  • み使い​は​人間​を​助ける​こと​が​でき​ます​か。

  • 邪悪​な​霊​は​人間​に​どの​よう​な​影響​を​与え​て​き​まし​た​か。

  • 邪悪​な​霊​を​恐れる​べき​です​か。

1 み使い​に​つい​て​知る​必要​が​ある​の​は​なぜ​です​か。

だれ​か​に​つい​て​よく​知る​と,大抵​その​人​の​家族​の​こと​も​分かっ​て​き​ます。同じ​よう​に,エホバ​神​に​つい​て​知る​と,その​家族​で​ある​み使い​たち​に​つい​て​も​理解​が​深まり​ます。聖書​は​み使い​たち​を「神​の​子​たち」と​呼ん​で​い​ます。(ヨブ 38:7)では,神​の​目的​に​おい​て​み使い​たち​は​どんな​立場​を​占め​て​いる​の​でしょ​う​か。人間​の​歴史​の​中​で​何​か​の​役割​を​果たして​き​まし​た​か。み使い​は​あなた​の​生活​に​影響​を​与え​ます​か。与える​と​し​たら,どの​よう​に​でしょ​う​か。

2 み使い​は​どこ​から​来​まし​た​か。どれ​ほど​い​ます​か。

2 聖書​に​は,み使い​に​つい​て​述べる​箇所​が​幾百​も​あり​ます。では,み使い​の​こと​を​もっと​知る​ため,その​うち​の​幾つ​か​を​取り上げ​ましょ​う。み使い​は​どこ​から​来​た​の​でしょ​う​か。コロサイ 1​章​16​節​は,「他​の​すべて​の​もの​は,天​に​おい​て​も​地​に​おい​て​も,……彼[イエス​・​キリスト]に​よっ​て​創造​さ​れ​た」と​述べ​て​い​ます。み使い​と​呼ば​れる​霊​の​被​造物​は​すべて,エホバ​神​に​より,その​初子​を​通し​て​個別​に​創造​さ​れ​まし​た。み使い​は​どれ​ほど​いる​の​でしょ​う​か。聖書​は,幾億​も​の​み使い​が​創造​さ​れ,その​すべて​は​強力​で​ある,と​言っ​て​い​ます。―詩編 103:20 *

3 ヨブ 38​章​4‐7​節​は,み使い​たち​に​つい​て​何​と​述べ​て​い​ます​か。

 3 神​の​言葉 聖書​は,地​の​基​が​置か​れ​た​時,「神​の​子​たち​が​みな​称賛​の​叫び​を​上げ​はじめ​た」と​述べ​て​い​ます。(ヨブ 38:4‐7)ですから,み使い​たち​は​人間​が​創造​さ​れる​ずっ​と​前​から,地球​が​創造​さ​れる​前​で​さえ​存在​し​て​い​まし​た。聖書​中​の​この​箇所​は,み使い​たち​が​感情​を​持っ​て​いる​こと​も​明らか​に​し​て​い​ます。み使い​たち​は『喜び​に​あふれ​て​叫ん​だ』と​ある​から​です。「神​の​子​たち​が​みな共​に​歓喜​し​た​こと​に​注目​し​て​ください。その​時,すべて​の​み使い​は,エホバ​神​に​仕える​一致​し​た​家族​の​成員​だっ​た​の​です。

み使い​に​よる​支え​と​保護

4 聖書​は,忠実​な​み使い​たち​が​人間​の​活動​に​関心​を​抱い​て​いる​こと​を​どの​よう​に​示し​て​い​ます​か。

4 忠実​な​霊​の​被​造物​は​最初​の​人間​たち​が​創造​さ​れる​の​を​目撃​し​た​後,人間​家族​が​大きく​なり,神​の​目的​が​達成​さ​れる​こと​に​鋭い​関心​を​示し​て​き​まし​た。(箴言 8:30,31。ペテロ​第​一 1:11,12)しかし,時​が​たつ​に​つれ​て​み使い​たち​は,人間​家族​の​ほとんど​が,愛​の​ある​創造​者​に​仕え​なく​なる​の​を​見る​よう​に​なり​まし​た。忠実​な​み使い​たち​に​とっ​て,それ​は​悲しい​こと​だっ​た​に​違いあり​ませ​ん。その​反対​に,人間​が​一​人​で​も​エホバ​の​もと​に​戻る​なら,必ず「み使い​たち​の​間​に​喜び​が​わき​起こ(り)」ます。(ルカ 15:10)み使い​は​神​に​仕える​人​たち​の​福祉​を​これ​ほど​気遣っ​て​いる​の​ですから,エホバ​が,地上​の​忠実​な​僕​を​強め,保護​する​ため​に​繰り返し​み使い​を​用い​られ​た​の​も​不思議​で​は​あり​ませ​ん。(ヘブライ 1:7,14)幾つ​か​例​を​取り上げ​ましょ​う。

「私​の​神​は​ご自分​の​使い​を​送っ​て,ライオン​の​口​を​ふさが​れ​まし​た」。―ダニエル 6:22

5 聖書​に​は,み使い​から​の​支え​が​あっ​た​こと​を​示す​どんな​例​が​あり​ます​か。

5 邪悪​な​都市​ソドム​と​ゴモラ​の​滅び​の​際,二​人​の​み使い​が,義​を​愛する​人​ロト​と​その​娘​たち​を​生き残ら​せる​ため,そこ​から​外​へ​連れ出し​まし​た。(創世記 19:15,16)それ​から​何​世紀​も​たっ​て​から,預言​者​ダニエル​は​ライオン​の​穴​に​投げ込ま​れ​まし​た​が,身​に​害​を​受ける​こと​も​なく,「私​の​神​は​ご自分​の​使い​を​送っ​て,ライオン​の​口​を​ふさが​ れ​まし​た」と​述べ​まし​た。(ダニエル 6:22)西暦​1​世紀​に​は,ひとり​の​み使い​が​使徒​ペテロ​を​牢屋​から​解放​し​まし​た。(使徒 12:6‐11)さらに,イエス​が​地上​で​宣教​を​始め​た​時​に,み使い​たち​が​イエス​を​支え​まし​た。(マルコ 1:13)さらに,イエス​の​死​の​直前,ひとり​の​み使い​が​イエス​の​そば​に​現われ,『彼​を​強め​まし​た』。(ルカ 22:43)生涯​に​おける​たいへん​重要​な​こう​し​た​時​に​み使い​から​の​支え​が​あっ​た​こと​は,イエス​に​とっ​て​大きな​慰め​だっ​た​に​違いあり​ませ​ん。

6 (イ)今日,み使い​たち​は​どの​よう​に​神​の​民​を​保護​し​て​い​ます​か。(ロ)これ​から​どんな​質問​を​取り上げ​ます​か。

6 今日,み使い​が​地上​の​神​の​民​に​見える​かたち​で​現われる​こと​は,もう​あり​ませ​ん。神​の​強力​な​み使い​たち​は​目​に​見え​ませ​ん​が,神​の​民​を,とりわけ​霊的​に​有害​な​もの​から​保護​し​て​い​ます。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「エホバ​の​み使い​は​神​を​恐れる​者​たち​の​周囲​に​陣営​を​張っ​て​おり,彼ら​を​助け出す」。(詩編 34:7)この​言葉​が​大きな​慰め​と​なる​の​は​なぜ​でしょ​う​か。わたしたち​を​滅ぼそ​う​と​する​邪悪​で​危険​な​霊​の​被​造物​が​いる​から​です。それ​は​どんな​者​たち​で,どこ​から​来​た​の​でしょ​う​か。どの​よう​に​危害​を​加え​よう​と​し​て​いる​の​でしょ​う​か。その​答え​を​知る​ため​に,人類​史​の​最初​に​起き​た​事柄​を​簡単​に​調べ​て​み​ましょ​う。

わたしたち​の​敵​で​ある​霊​の​被​造物

7 サタン​は​人々​を​神​から​引き離す​こと​に,どの​程度​成功​し​まし​た​か。

7 この​本​の3​章で​学ん​だ​よう​に,ひとり​の​み使い​が​他​の​者​を​支配​し​たい​と​願う​よう​に​なり,結果​と​し​て​神​に​背き​まし​た。この​み使い​は​後​に​悪魔​サタン​と​し​て​知ら​れる​よう​に​なり​ます。(啓示 12:9)サタン​は​エバ​を​欺い​た​後​1,600​年​の​間,アベル,エノク,ノア​など​忠実​な​少数​の​人​たち​を​除き,ほとんど​すべて​の​人間​を​神​から​引き離す​こと​に​成功​し​まし​た。―ヘブライ 11:4,5,7

8 (イ)ある​み使い​たち​は​どの​よう​に​し​て​悪霊​に​なり​まし​た​か。(ロ)ノア​の​日​の​大​洪水​を​生き残る​ため,悪霊​たち​は​どう​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た​か。

8 ほか​に​も,ノア​の​時代​に​エホバ​に​反逆​し​た​み使い​たち​が​い​ます。 神​の​天​の​家族​内​で​の​立場​を​離れ,地上​に​下り​て​き​て​肉体​を​身​に​着け​た​の​です。なぜ​でしょ​う​か。創世記 6​章​2​節​に​は​こう​記さ​れ​て​い​ます。「まこと​の​神​の​子​ら​は​人​の​娘​たち​を​見,その​器量​の​良い​こと​に​気づく​よう​に​なっ​た。そして​彼ら​は​自分​たち​の​ため​に​妻​を,すべて​自分​の​選ぶ​ところ​の​者​を​めとっ​て​いっ​た」。しかし​エホバ​神​は,それら​の​み使い​が​取っ​た​行動​と,その​結果​生じ​た​人間​の​堕落​が​そのまま​続く​の​を​許さ​れ​ませ​ん​でし​た。地上​全体​に​及ぶ​洪水​を​起こし​て​邪悪​な​人間​すべて​が​拭い去ら​れる​よう​に​し,ご自分​に​忠実​な​僕​だけ​を​保護​さ​れ​まし​た。(創世記 7:17,23)こう​し​て,反逆​的​な​み使い​たち,つまり​悪霊​たち​は​仕方なく​肉体​を​捨て,霊​の​被​造物​と​し​て​天​に​戻り​まし​た。それら​ の​霊​たち​は​悪魔​の​側​に​付い​て​い​まし​た。悪魔​は「悪霊​たち​の​支配​者」に​なっ​た​の​です。―マタイ 9:34

9 (イ)悪霊​たち​は​天​に​戻っ​た​時,どう​なり​まし​た​か。(ロ)これ​から,悪霊​たち​に​関する​どんな​点​を​取り上げ​ます​か。

9 不​従順​な​み使い​たち​は​天​に​戻っ​た​時,自分​たち​の​支配​者​で​ある​サタン​と​同じく,追放​さ​れ​た​者​と​し​て​扱わ​れ​まし​た。(ペテロ​第​二 2:4)今​それら​の​霊​たち​は​人間​の​体​を​着ける​こと​は​でき​ませ​ん​が,相変わらず​人間​に​たいへん​悪い​影響​を​及ぼし​て​い​ます。実際,サタン​は​それら​悪霊​たち​の​助け​を​得​て,「人​の​住む​全地​を​惑わし​て」い​ます。(啓示 12:9。ヨハネ​第​一 5:19)どの​よう​に​でしょ​う​か。悪霊​たち​は​おもに,人​を​誤っ​た​方向​に​導く​と​いう​方法​を​用い​ます。(コリント​第​二 2:11)その​方法​の​幾つ​か​を​取り上げ​ましょ​う。

悪霊​は​どの​よう​に​人​を​誤っ​た​方向​に​導く​か

10 心霊​術​と​は​何​です​か。

10 悪霊​たち​は​人​を​誤っ​た​方向​に​導く​ため,心霊​術​を​用い​ます。心霊​術​と​は,直接​に,あるいは​霊媒​を​通し​て​悪霊​たち​と​かかわり​を​持つ​こと​です。聖書​は​心霊​術​を​非​と​し​て​おり,それ​と​関連​の​ある​こと​は​すべて​避ける​よう​に​警告​し​て​い​ます。(ガラテア 5:19‐21)悪霊​と​心霊​術​の​関係​は,漁師​と​餌​の​関係​に​似​て​い​ます。漁師​は​いろいろ​な​魚​を​取る​ため,さまざま​な​餌​を​使い​ます。同じ​よう​に​邪悪​な​霊​も,あらゆる​人​を​自分​の​影響​下​に​置く​ため,いろいろ​な​心霊​術​を​使う​の​です。

11 占い​と​は​何​です​か。それ​を​避ける​べき​な​の​は​なぜ​です​か。

11 悪霊​が​用いる​餌​の​一つ​は​占い​です。占い​と​は​何​でしょ​う​か。それ​は,将来​の​こと​や,まだ​知ら​れ​て​い​ない​何​か​に​つい​て​知ろ​う​と​する​こと​です。占い​に​は,占星​術,タロット,水晶​占い,手相​判断,夢​占い​など​が​あり​ます。占い​に​害​は​ない​と​考える​人​は​少なく​あり​ませ​ん​が,聖書​は,占い​師​と​邪悪​な​霊​が​手​を​結ん​で​いる​こと​を​示し​て​い​ます。例えば,使徒 16​章​16‐18​節​は,「占い​の​悪霊」が​少女​に「予言」を​仕事​と​ し​て​行なわ​せ​て​い​た,と​述べ​て​い​ます。ところ​が​悪霊​が​少女​から​追い出さ​れる​と,予言​する​力​は​失わ​れ​て​しまい​まし​た。

悪霊​たち​は​さまざま​な​手段​で​人間​を​欺く

12 死者​と​連絡​を​取ろ​う​と​する​の​は​なぜ​危険​な​こと​です​か。

12 悪霊​たち​が​人​を​誤っ​た​方向​に​導く​もう​一つ​の​方法​は,死者​に​尋ねる​よう​勧める​こと​です。大抵​の​場合,愛する​人​の​死​を​深く​悲しむ​人々​は,死者​に​関する​間違っ​た​考え​に​影響​さ​れ​て​欺か​れ​ます。霊媒​は​特別​な​情報​を​伝え​たり,死者​本人​の​よう​な​声​で​話​し​たり​する​こと​が​あり​ます。その​ため​多く​の​人​が,死者​は​確か​に​生き​て​いる​と​か,死者​と​交流​すれ​ば​深い​悲しみ​に​も​耐え​られる,と​考える​よう​に​なり​ます。しかし​実際​の​ところ,その​よう​な“慰め”は​偽り​で​あり,危険​です。なぜ​でしょ​う​か。悪霊​たち​は​死者​の​声​を​まね​て,死ん​だ​人​の​情報​を​霊媒​に​与える​こと​が​できる​から​です。(サムエル​第​一 28:3‐19)さらに,6​章で​学ん​だ​よう​に,人​は​死ぬ​と​存在​し​なく​なり​ます。(詩編 115:17)ですから,「死者​に​問い尋ねる​者」は​邪悪​な​霊​に​よっ​て​誤っ​た​方向​に​導か​れ​て​おり,神​の​ご意志​に​反する​こと​を​行なっ​て​いる​の​です。 申命記 18:10,11。イザヤ 8:19)それで,悪霊​たち​が​用いる​この​危険​な​餌​に​つら​れ​ない​よう​用心深く​あっ​て​ください。

13 かつて​悪霊​たち​を​恐れ​て​い​た​大勢​の​人​たち​は,どんな​こと​が​できる​よう​に​なり​まし​た​か。

13 邪悪​な​霊​たち​は​人​を​誤っ​た​方向​に​導く​だけ​で​なく,人間​を​怖がら​せ​ます。今日,サタン​と​配下​の​悪霊​たち​は,自分​たち​が​拘束​さ​れる​まで​に『短い​時』しか​ない​こと​を​知り,これ​まで​に​なく​卑劣​に​なっ​て​い​ます。(啓示 12:12,17)それでも,以前​は​毎日​そう​し​た​邪悪​な​霊​に​びくびく​し​ながら​生活​し​て​い​た​大勢​の​人​たち​が,束縛​から​逃れる​こと​が​でき​まし​た。どの​よう​な​方法​を​取っ​た​の​でしょ​う​か。すでに​心霊​術​に​かかわっ​て​いる​人​の​場合​は,何​が​できる​でしょ​う​か。

邪悪​な​霊​に​どの​よう​に​抵抗​する​か

14 どう​すれ​ば,1​世紀​の​エフェソス​の​クリスチャン​の​よう​に,邪悪​な​霊​と​の​関係​を​絶つ​こと​が​でき​ます​か。

14 聖書​は,邪悪​な​霊​に​どの​よう​に​抵抗​できる​か,どう​し​たら​その​束縛​から​逃れ​られる​か​を​教え​て​くれ​ます。1​世紀​の​エフェソス​市​に​い​た​クリスチャン​の​例​を​取り上げ​ましょ​う。クリスチャン​に​なる​前​に​心霊​術​を​行なっ​て​い​た​人​も​その​中​に​含ま​れ​て​い​まし​た。心霊​術​と​の​関係​を​絶つ​こと​に​決め​た​時,その​人々​は​どう​し​た​でしょ​う​か。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「実際,魔術​を​行なっ​て​い​た​かなり​大勢​の​者​が​自分​たち​の​本​を​持ち寄っ​て,みんな​の​前​で​燃やし​た」。(使徒 19:19)新しく​クリスチャン​に​なっ​た​それら​の​人​たち​は,魔術​に​関する​本​を​処分​し​た​の​です。これ​は,今日​に​おい​て,邪悪​な​霊​に​抵抗​する​こと​を​願う​人​たち​の​手本​です。エホバ​に​仕え​たい​と​思う​人​たち​は,心霊​術​と​関係​の​ある​もの​を​すべて​取り除く​必要​が​あり​ます。対象​と​なる​の​は,心霊​術​を​勧め​たり,それ​を​魅力​的​で​楽しい​と​思わ​せ​たり​する​本,雑誌,映画,ポスター,音楽​など​です。災難​よけ​と​し​て​身​に​着ける​お守り​など​も​それ​に​入り​ます。―コリント​第​一 10:21

15 邪悪​な​霊​の​勢力​に​抵抗​する​ため,何​を​する​必要​が​あり​ます​か。

 15 エフェソス​の​クリスチャン​が​魔術​に​関する​本​を​処分​し​て​から​数​年​後,使徒​パウロ​は​その​人​たち​に,「わたしたち​の​する​格闘​は……邪悪​な​霊​の​勢力​に​対する​もの」です,と​書き送り​まし​た。(エフェソス 6:12)悪霊​たち​は​あきらめ​て​い​ませ​ん​でし​た。その​時​も​まだ​優位​に​立と​う​と​し​て​い​た​の​です。では,クリスチャン​は​さらに​何​を​する​必要​が​あっ​た​でしょ​う​か。「何​より​も,信仰​の​大盾​を​取り​なさい。あなた方​は​それ​を​もっ​て,邪悪​な​者​の[サタン​の]火矢​を​みな​消す​こと​が​でき​ます」と​パウロ​は​述べ​まし​た。(エフェソス 6:16)信仰​の​盾​が​強けれ​ば​強い​ほど,邪悪​な​霊​の​勢力​に​抵抗​する​力​は​増し加わり​ます。―マタイ 17:20

16 どう​すれ​ば​信仰​を​強める​こと​が​でき​ます​か。

16 では,どう​すれ​ば​信仰​を​強める​こと​が​できる​でしょ​う​か。聖書​を​研究​する​こと​です。建物​の​壁​の​強度​は​基礎​部分​の​強さ​に​大きく​依存​し​て​い​ます。同じ​よう​に,信仰​の​強度​も,土台​の​強さ​に​大いに​依存​し​て​い​ます。この​場合​の​土台​と​は,神​の​言葉 聖書​に​関する​正確​な​知識​の​こと​です。聖書​を​毎日​読ん​で​研究​すれ​ば,わたしたち​の​信仰​は​強く​なり​ます。そう​し​た​信仰​は​強い​壁​の​よう​に,邪悪​な​霊​の​影響​から​わたしたち​を​保護​し​ます。―ヨハネ​第​一 5:5

17 邪悪​な​霊​に​抵抗​する​ため​に,どんな​手段​が​必要​です​か。

17 さらに,エフェソス​の​クリスチャン​は,どんな​手段​を​講じる​必要​が​あっ​た​でしょ​う​か。悪霊​崇拝​が​はびこる​都市​に​い​た​の​で,さらに​強い​保護​が​必要​でし​た。その​ため​パウロ​は,「あらゆる​祈り​と​祈願​を​もっ​て,すべて​の​機会​に​霊​に​よっ​て​祈り​なさい」と​述べ​まし​た。(エフェソス 6:18)わたしたち​も​悪霊​崇拝​の​はびこる​世界​に​生活​し​て​いる​の​で,邪悪​な​霊​に​抵抗​できる​よう​エホバ​の​保護​を​真剣​に​祈り​求める​こと​は​不可欠​です。もちろん,祈り​の​中​で​エホバ​の​名​を​使う​必要​も​あり​ます。(箴言 18:10)その​よう​な​わけ​で,「邪悪​な​者[悪魔​サタン]から​救い出し​て」くださる​よう​神​に​祈り​続け​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(マタイ  6:13)エホバ​は​その​よう​な​真剣​な​祈り​に​答え​て​ください​ます。―詩編 145:19

18,19 (イ)邪悪​な​霊​の​被​造物​と​の​闘い​に​おける​勝利​を​確信​できる​の​は​なぜ​です​か。(ロ)次​の​章​で​は,どんな​質問​の​答え​を​取り上げ​ます​か。

18 邪悪​な​霊​は​危険​です​が,わたしたち​が​神​の​ご意志​を​行なう​こと​に​よっ​て​悪魔​に​立ち向かい,神​に​近づく​なら,それら​の​霊​を​恐れ​て​生活​する​必要​は​あり​ませ​ん。(ヤコブ 4:7,8)邪悪​な​霊​たち​の​力​に​は​限界​が​あり​ます。すでに​ノア​の​日​に​処罰​を​受け,将来​に​は​最終​的​な​裁き​を​受ける​こと​に​なっ​て​い​ます。(ユダ 6)エホバ​の​強力​な​み使い​たち​に​よる​保護​が​ある​こと​も​忘れ​て​は​なり​ませ​ん。(列王​第​二 6:15‐17)それら​の​み使い​たち​は,わたしたち​が​首尾​よく​邪悪​な​霊​に​抵抗​する​の​を​見​たい​と​強く​願っ​て​い​ます。義​を​愛する​み使い​たち​は,いわば​わたしたち​に​声援​を​送っ​て​いる​の​です。ですから,エホバ​と,忠実​な​霊​の​被​造物​から​成る​エホバ​の​家族​の​すぐ​近く​に​いる​よう​に​し​ましょ​う。あらゆる​心霊​術​を​避け,いつも​神​の​言葉​の​助言​を​当てはめ​たい​もの​です。(ペテロ​第​一 5:6,7。ペテロ​第​二 2:9)そうすれば,邪悪​な​霊​の​被​造物​と​の​闘い​に​おける​勝利​を​確信​する​こと​が​でき​ます。

19 それにしても,人間​を​これ​ほど​苦しめ​て​き​た悪い​霊​と​悪​そのもの​を,神​は​どうして​忍ん​で​こら​れ​た​の​でしょ​う​か。その​質問​の​答え​は,次​の​章​で​取り上げ​ましょ​う。

^ 2節 義​に​かなっ​た​み使い​に​つい​て​啓示 5​章​11​節​に​は「彼ら​の​数​は​数万​の​数万​倍」と​記さ​れ​て​い​ます。ですから,聖書​は,幾億​も​の​み使い​が​創造​さ​れ​た​こと​を​暗示​し​て​い​ます。