内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書 ― どんなメッセージを伝えていますか

 セクション4

神はアブラハムと契約を結ぶ

神はアブラハムと契約を結ぶ

アブラハム信仰抱い従う。エホバアブラハム祝福子孫殖やすこと約束する

ノア時代洪水から,350ほど経過ました。族長アブラハムは,繁栄ウルいう都市住んました。ウルあっは,現在イラク領土です。アブラハム際立っ信仰持ち主でした。しかし,その信仰試されることなります。

エホバアブラハムに,生ま育っ離れ,外国土地行くよう告げます。アブラハムためらわ従い,家たち連れ行きます。そのサラロトました。そして長旅カナン行き着き,そこで天幕生活するようなります。エホバアブラハム契約結び,アブラハムから大いなる国民作ること,地上すべて家族アブラハムよっ祝福れること,またアブラハム子孫カナン所有すること約束ました。

アブラハムロト繁栄し,羊大きな群れ持つようなります。アブラハム寛大も,ロト住みたい場所選ばます。ロトヨルダン流れる肥沃地域選び,ソドムいう都市近く落ち着きました。ところが,ソドム人々道徳で,エホバ対し甚だ罪人でした。

エホバは,アブラハム子孫ようおびただしいなること再び保証ます。アブラハムその約束信仰置きました。しかし,愛するサラずっ子ども生まません。アブラハム99歳,サラ90近いに,神息子生まれること告げます。神言葉どおり,サライサク産みました。アブラハム子どもましが,エデン約束救出イサク通し来ることなります。

ロトその家族ソドム住むようなっましが,義人ロトその都市道徳住民ようなりませでした。エホバソドム裁き執行すること際,間近迫っ滅びついロト警告するため,み使いたち遣わしました。み使いたちロト家族対し,ソドムから逃げ,後ろ振り返らないよう言います。それからソドムと,近く邪悪都市ゴモラ硫黄降らせ,住民すべて滅ぼします。ロト逃れました。しかし,ロト振り返っしまいます。残しもの未練あっしれません。その従順行動ため,ロト失いました。

創世記 11:10–19:38基づく。

もっと調べる

その信仰に倣う

アブラハム ―「信仰を持つ人すべての父」

アブラハムはどのように信仰を示しましたか。あなたはどんな点でアブラハムの信仰に倣いたいと思いますか。