内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書 ― どんなメッセージを伝えていますか

 セクション1

創造者は人間に楽園を与える

創造者は人間に楽園を与える

宇宙と,地球生命創造する。完全男女創造し,美しい住まわせ,二命令与える

「初め創造た」。(創世記 1:1)書物書き出し言葉て,世界これ以上有名ものない言えるでしょう。この簡明かつ壮大一文より,聖書全巻中心成す紹介ます。その全能エホバです。聖書冒頭このは,神わたしたち住む地球含む広大宇宙創造あること明らかます。次以降説明いるように,比喩に「日」と呼ばいる一連長い期間で,神自然あらゆる素晴らしいもの造り,人間ため地球いう住まい整えました。

地上創造で,最高傑作人間です。人間造られ,愛知恵などエホバ特質反映することできます。神地面から造り,アダム名づけて,エデンいう楽園置きました。そのご自身設けもので,実り豊か美しい木々満ちました。

配偶必要いること見て取ります。そこでアダムあばら骨一つ使っ女性造り,妻アダムところ連れました。この女性エバ名づけられます。アダム喜びあふれ,「これこそついにわたし骨,わたし肉」という詩的表現ます。それ対し,神こう述べます。「それゆえに,男その離れ自分堅く付き,ふたり一体なるある」。―創世記 2:22‐24; 3:20

アダムエバ二つ命令与えます。まず,地耕し,地球いう住まい管理て,やがて子孫満たすよう言いました。次いで,広大1木,「善悪知識木」のだけ食べならない告げます。(創世記 2:17)この命令背い場合,二死ぬことなります。これら命令従うなら,アダムエバは,神自分たち支配認めいること示せました。また,神感謝示すことなりました。二思いやり深い支配受け入れるべき十分理由ありました。完全人間だっこの男女欠陥ありませでした。聖書こう述べます。「神自分造っすべてものご覧なっが,見よ,それ非常良かった」。―創世記 1:31

創世記 12基づく。

もっと調べる

神からの良い知らせ

神は地球についてどんな目的をお持ちですか

聖書は,神がなぜ地球を創造したか,苦しみはいつ終わるか,将来の地球とそこでの暮らしがどうなるかについて述べています。

「目ざめよ!」

天地創造についての真実

天地創造に関する聖書の記述は科学上の事実と調和しているでしょうか。