内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書 ― どんなメッセージを伝えていますか

 セクション25

信仰,行状,愛に関する助言

信仰,行状,愛に関する助言

ヤコブ,ペテロ,ヨハネ,ユダは,仲間クリスチャン励ますため手紙書く

ヤコブユダイエス異父兄弟でした。ペテロヨハネイエス12使徒含まました。この4は,クリスチャンギリシャ聖書収められいる,合計7手紙書きました。各々手紙は,筆者名前付けられます。霊感もと記さ訓戒は,エホバ忠誠保ち,神王国焦点合わせるよう,クリスチャン助けるためものでした。

信仰示す。信仰持っいる言うだけ十分ありません。真信仰行動表われます。『実際に,業ない信仰死んものです』と,ヤコブ書います。(ヤコブ 2:26)試練遭うとき,信仰うち行動するなら,忍耐培わます。首尾よく試練対処するは,神知恵与えくださるいう確信もとそれ祈り求める必要あります。忍耐すれば,神是認られます。(ヤコブ 1:2‐6,12)崇拝信仰うち忠誠保つとき,エホバそれこたえられます。「神近づきなさい。そうすれば,神あなた方近づいくださいます」と,ヤコブ述べいるとおりです。―ヤコブ 4:8

クリスチャン信仰は,誘惑道徳影響抵抗できるほど強くなけれなりません。ユダは,道徳腐敗はびこっいること懸念し,「信仰ため厳しい戦いする」よう仲間クリスチャン促しました。―ユダ 3

清い行状保つ。エホバは,ご自分崇拝する人々なるあること,つまりあらゆる清いこと期待おらます。ペテロこう書います。「あなた方自身すべて行状おいなるなりなさい。なぜなら,『あなた方なるなけれならない。わたし[エホバ]はなるからある』と書かいるからです」。(ペテロ一 1:15,16)クリスチャン見倣うべき模範あります。『キリストあなた方ため苦しみ受け,あなた方その歩みしっかり付い来るよう手本残さました』と,ペテロ述べます。(ペテロ一 2:21)クリスチャン規準守るゆえに苦しみ遭うも,「正しい良心」を保ちます。(ペテロ一 3:16,17)ペテロは,神裁きと『義宿る』約束新しい待つ間,常なる行状示し,敬虔専心反映行ない心がけるよう勧めます。―ペテロ二 3:11‐13

「神近づきなさい。そうすれば,神あなた方近づいくださいます」。―ヤコブ 4:8

表わす。『神です』とヨハネ書います。神イエスを『わたしたちため犠牲』と遣わすことより,大きな表わしくださいました。クリスチャンどのようこたえ応じるべきでしょか。ヨハネこう述べます。「愛するたちよ,神わたしたちこのよう愛しくださっあれば,わたしたち互い愛し合う務めあります」。(ヨハネ一 4:8‐11)そのよう示す一つ方法は,仲間クリスチャン温かくもてなすことです。―ヨハネ三 5‐8

では,エホバ崇拝する人々そのどのよう表わせるでしょか。ヨハネこう答えます。「そのおきて守り行なうこと,これすなわちからです。それでも,そのおきて重荷ありません」。(ヨハネ一 5:3。ヨハネ二 6)そのよう従う人々は,引き続き愛しいただけること確信つつ,『永遠目ざす』ことできます。―ユダ 21

― 以下手紙基づく。ヤコブ,ペテロ一,ペテロ二,ヨハネ一,ヨハネ二,ヨハネ三,ユダ