内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書 ― どんなメッセージを伝えていますか

 セクション24

パウロは諸会衆に手紙を書く

パウロは諸会衆に手紙を書く

パウロ手紙クリスチャン組織強める

新た設立クリスチャン会衆は,エホバ目的遂行おい重要役割果たすことなります。しかし,1世紀クリスチャンたちすぐ困難状況陥りました。彼らは,外部から迫害や,内部生じる難しい問題面しも,神忠誠保つでしょか。クリスチャンギリシャ聖書は,必要され助言励まし与える21手紙収められます。

そのうち14通 ― ローマ手紙からヘブライ手紙まで ― は,使徒パウロよっ書かました。それら手紙名称は,それぞれ宛てちなん付けられます。個人宛てられものあれば,特定会衆宛てられものあります。パウロ手紙取り上げいる事柄幾つ考えましょう。

道徳行状関する訓戒。淫行,姦淫,その他重大習わしするが,「神王国受け継ぐことありません」。(ガラテア 5:19‐21。コリント一 6:9‐11)神崇拝するたちは,国籍かかわりなく一致なけれなりません。(ローマ 2:11。エフェソス 4:1‐6)困っいる仲間助けるために,快く自分与えるべきです。(コリント二 9:7)パウロは,「絶え祈りなさい」と述べます。崇拝たちは,祈りうちエホバ心情吐露するよう勧められます。(テサロニケ一 5:17。テサロニケ二 3:1。フィリピ 4:6,7)神祈り聞いいただくは,信仰持っ祈らなけれなりません。―ヘブライ 11:6

家族幸福あるために,どんなこと立つでしょか。夫自分よう愛し,妻深い敬意払うべきです。子ども従わなけれなりません。それ喜ばれることからです。親聖書原則基づき,愛情こめ子ども教え導く必要あります。―エフェソス 5:22–6:4。コロサイ 3:18‐21

目的関する啓発。モーセ律法多くは,キリスト到来するまでイスラエル保護し,導くものなりました。(ガラテア 3:24)しかしクリスチャンは,神崇拝するためその律法守る必要ありません。パウロは,ヘブライ人 ― ユダヤ背景持つクリスチャン ― へ手紙で,律法意味や,神目的どのようキリスト通し果たされる関し,多く 啓発与えました。そして,律法様々取り決め預言価値あっこと説明ます。例えば,動物犠牲は,罪対する許しもたらすイエス犠牲予表ました。(ヘブライ 10:1‐4)イエスより,神必要なくなっ律法契約取り消しました。―コロサイ 2:13‐17。ヘブライ 8:13

会衆適正組織関する指示。会衆責任担うこと願う男子は,高い道徳規準持ち,霊的資格かなっなけれなりません。(テモテ一 3:1‐10,12,13。テトス 1:5‐9)エホバ崇拝する人々は,定期集まっ励まし合う必要あります。(ヘブライ 10:24,25)崇拝ため集会は,人々築き上げ,十分教えるあるべきです。―コリント一 14:26,31

パウロテモテ2手紙書い時,再びローマました。投獄れ,裁き待っです。危険冒しパウロ訪ねは,数勇敢たちだけでした。自分残さ短いこと悟っパウロは,「わたし戦いりっぱ戦い,走路最後まで走り,信仰守り通しました」と述べました。(テモテ二 4:7)それから程なく殉教ようです。しかし,同使徒手紙は,今日おい崇拝たちとっ導きなっます。

― 以下手紙基づく。ローマ,コリント一,コリント二,ガラテア,エフェソス,フィリピ,コロサイ,テサロニケ一,テサロニケ二,テモテ一,テモテ二,テトス,フィレモン,ヘブライ