アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

聖書 ― どんなメッセージを伝えていますか

 セクション 24

パウロは諸会衆に手紙を書く

パウロは諸会衆に手紙を書く

パウロ  手紙  クリスチャン  組織  強める

新た  設立    クリスチャン 会衆 は,エホバ  目的  遂行  おい  重要  役割  果たす こと  なり ます。しかし,1 世紀  クリスチャン たち  すぐ  困難  状況  陥り まし た。彼ら は,外部 から  迫害 や,内部  生じる 難しい 問題  面し  も,神   忠誠  保つ でしょ  か。クリスチャン  ギリシャ  聖書  は,必要  され    助言  励まし  与える 21   手紙  収め られ   ます。

その うち  14 通 ― ローマ    手紙 から ヘブライ    手紙 まで ― は,使徒 パウロ  よっ  書か  まし た。それら  手紙  名称 は,それぞれ  宛て   ちなん  付け られ   ます。個人  宛て られ  もの  あれ ば,特定  会衆  宛て られ  もの  あり ます。パウロ  手紙    取り上げ  いる 事柄  幾つ  考え   ましょ う。

道徳  行状  関する 訓戒。淫行,姦淫,その他  重大    習わし  する  が,「神  王国  受け継ぐ こと  あり ませ ん」。(ガラテア 5:19‐21。コリント  一 6:9‐11)神  崇拝 する  たち は,国籍  かかわり なく 一致    なけれ  なり ませ ん。(ローマ 2:11。エフェソス 4:1‐6)困っ  いる 仲間  助ける ため に,快く 自分  与える べき です。(コリント  二 9:7)パウロ は,「絶え  祈り なさい」と 述べ   ます。崇拝  たち は,祈り  うち  エホバ  心情  吐露 する よう 勧め られ   ます。(テサロニケ  一 5:17。テサロニケ  二 3:1。フィリピ 4:6,7)神  祈り  聞い  いただく  は,信仰  持っ  祈ら なけれ  なり ませ ん。―ヘブライ 11:6

家族  幸福  ある ため に,どんな こと    立つ でしょ  か。夫  自分    よう    愛し,妻    深い 敬意  払う べき です。子ども    従わ なけれ  なり ませ ん。それ    喜ば れる こと  から です。親  聖書  原則  基づき,愛情  こめ  子ども  教え導く 必要  あり ます。―エフェソス 5:22–6:4。コロサイ 3:18‐21

  目的  関する 啓発。モーセ  律法  多く   は,キリスト  到来 する まで イスラエル   保護 し,導く もの  なり まし た。(ガラテア 3:24)しかし クリスチャン は,神  崇拝 する ため  その 律法  守る 必要  あり ませ ん。パウロ は,ヘブライ 人 ― ユダヤ   背景  持つ クリスチャン ― へ  手紙   で,律法  意味 や,神  目的  どの よう  キリスト  通し  果たさ れる   関し,多く   啓発  与え まし た。そして,律法   様々  取り決め  預言   価値  あっ  こと  説明    ます。例えば,動物  犠牲 は,罪  対する   許し  もたらす イエス  犠牲    予表    まし た。(ヘブライ 10:1‐4)イエス    より,神  必要  なくなっ  律法 契約  取り消し まし た。―コロサイ 2:13‐17。ヘブライ 8:13

会衆  適正  組織  関する 指示。会衆   責任  担う こと  願う 男子 は,高い 道徳 規準  持ち,霊的  資格  かなっ   なけれ  なり ませ ん。(テモテ  一 3:1‐10,12,13。テトス 1:5‐9)エホバ   崇拝 する 人々 は,定期   集まっ  励まし合う 必要  あり ます。(ヘブライ 10:24,25)崇拝  ため  集会 は,人々  築き上げ,十分  教える   ある べき です。―コリント  一 14:26,31

パウロ  テモテ  2    手紙  書い  時,再び ローマ   まし た。投獄  れ,裁き  待っ     です。危険  冒し  パウロ  訪ね   は,数   勇敢   たち だけ でし た。自分  残さ     短い こと  悟っ    パウロ は,「わたし  戦い  りっぱ  戦い,走路  最後 まで 走り,信仰  守り通し まし た」と 述べ まし た。(テモテ  二 4:7)それ から 程なく   殉教   よう です。しかし,同 使徒  手紙 は,今日  おい       崇拝  たち  とっ  導き  なっ   ます。

― 以下  手紙  基づく。ローマ,コリント  一,コリント  二,ガラテア,エフェソス,フィリピ,コロサイ,テサロニケ  一,テサロニケ  二,テモテ  一,テモテ  二,テトス,フィレモン,ヘブライ