内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書 ― どんなメッセージを伝えていますか

 セクション10

ソロモンは知恵をもって支配する

ソロモンは知恵をもって支配する

エホバソロモン知恵与える。ソロモン治世中,イスラエル比類ない平和繁栄享受する

もし一つ国家全体エホバ主権し,エホバ律法従っなら,民どのよう生活送ることなるでしょか。その答えは,ソロモン40わたる治世示さました。

ダビデ死ぬに,息子ソロモン後継選びました。神ソロモンで,一つ願い述べるよう言います。ソロモンは,民公平かつ賢明裁くことできるように,知恵知識願い求めます。エホバ喜び,ソロモン賢く理解ある与えます。さらに,ソロモン従順あり続けるなら,富栄光長寿与える約束ました。

ソロモン知恵ある裁き行なうこと有名なりました。一例て,二女性赤ちゃんめぐっ言い争い,どちら自分母親主張ことありました。ソロモンは,その赤ちゃん二つ切っ女性たち半分ずつ渡すよう命じます。片方女性それ同意ますが,本当母親すぐに,子どももう女性渡しください懇願ます。ソロモンそう願い出女性母親あること見抜き,その女性赤ちゃん与えました。間なくイスラエルその司法裁きつい聞き,人々知恵ソロモンあること知ります。

ソロモン偉業一つは,エルサレムエホバ神殿建てことです。それ壮麗建造で,イスラエルおける崇拝中心なりました。神殿奉献で,ソロモンこう祈りました。「ご覧ください,天も,いや,天も,あなたお入れすることできません。まして,私建てこのなど,なおさらことです!」―列王一 8:27

ソロモン名声国々広まり,遠いアラビアシェバまで達しました。シェバ女王は,ソロモン栄光に,またその知恵深さ試すためやっます。女王ソロモン知恵イスラエル繁栄強い感銘受け,この賢王王座就けエホバ賛美ます。エホバ祝福より,ソロモン治世古代イスラエル歴史上,最も平和繁栄時代なりました。

残念ながら,ソロモンエホバ知恵調和歩み続けませでした。神命令無視何百女性結婚ましが,その多く異国神々崇拝です。妻たち徐々ソロモンエホバから引き離し,偶像崇拝傾けさせました。エホバソロモンに,王国引き裂い取り上げる告げます。ただし,ソロモンダビデ免じ一部その家系ため残される言います。ソロモン背信かかわらず,エホバダビデ王国契約対し忠節示し続けました。

列王一 1から11章,歴代二 1から9章,申命記 17:17基づく。