内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書 ― どんなメッセージを伝えていますか

 セクション9

イスラエル人は王を求める

イスラエル人は王を求める

イスラエル最初サウル従順なる。神後継ダビデと,永遠存続する王国ため契約結ぶ

サムソン時代後,サムエルイスラエル預言および裁き人仕えました。イスラエルは,自分たち国々よう人間欲しいサムエル訴え続けます。それとっ侮辱要求でしが,エホバ求め応じるようサムエル指示し,サウルいう謙遜選びました。しかし,やがてサウルごう慢従順なります。エホバサウル立場から退けることし,別任命するようサムエル告げます。選ばダビデいう青年でした。といえ,ダビデなっことです。

ダビデは,まだころだっ思わますが,サウルたち訪ねました。イスラエル兵士たち皆,敵戦士おびえました。それゴリアテいう巨人で,イスラエルその嘲弄続けです。ダビデ憤り,その巨人勝負応じます。そして幾つ石投げだけ持って,3近い身長相手向かっ行きます。ゴリアテあざけると,ダビデ自分ほう強力答えます。エホバおい戦っいるからです。ダビデたっ一つその巨人打ち倒し,ゴリアテ自身はねます。フィリスティア恐ろしくなっ逃げゆきます。

最初,サウルダビデ勇気感銘受け,ダビデ指揮させます。しかし,ダビデ成功収めると,サウル激しくねたむようなります。ダビデ自分守るため逃げなけれならず,何あいだ逃亡生活ました。それでもダビデは,サウルエホバから任命こと念頭置き,自分殺そ忠節あり続けました。やがてサウル戦い死ぬと,程なくダビデエホバ約束どおりなります。

「わたし必ず王国王座定めないまで堅く立てる」。―サムエル二 7:13

なっダビデは,エホバため神殿建てること切望ました。しかしエホバは,ダビデ子孫建てることなる告げます。それ行なっダビデ息子ソロモンでした。といえ,神ダビデ躍るよう契約結ぶことより,ダビデ報い与えました。ダビデ家系類例ない王朝なるです。最終に,この家系からエデン約束つまり救出出ることなります。そのは「油そそが者」を意味するメシアから任命ます。エホバそのメシア永久存続する王国つまり政府支配なること約束ました。

ダビデ深く感謝し,神殿建設ため大量建築資材金属集めました。また,霊感もと多く作りました。生涯終わりごろ,ダビデは「わたしよっ語っエホバで,その言葉わたしあった」と述べました。―サムエル二 23:2

サムエル一,サムエル二,歴代誌一,イザヤ 9:7,マタイ 21:9,ルカ 1:32,ヨハネ 7:42基づく。