内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書 ― どんなメッセージを伝えていますか

 セクション17

イエスは神の王国について教える

イエスは神の王国について教える

イエス弟子たち多くこと教えるが,主要テーマ王国だっ

イエス地上どんな使命果たすでしょか。イエス自身こう述べます。『わたし王国良いたより宣明なけれなりません。そのため遣わさからです』。(ルカ 4:43)イエスご自分宣教主題だっ王国つい教え四つ考えましょう。

1. イエス指名王。イエスは,ご自分予告メシアあるはっきり述べました。(ヨハネ 4:25,26)加えて,預言ダニエルあること示しました。イエス使徒たちに,ご自分やがて「栄光座」に座ること,また使徒たち座ること告げました。(マタイ 19:28)そして使徒たち含む支配一団を「小さな群れ」と呼び,そのグループ属さない「ほか羊」がいること説明ました。―ルカ 12:32。ヨハネ 10:16

2. 神王国公正促進する。イエスは,王国よっ最大公正除かれること示しました。王国エホバみ名神聖ものし,サタンエデン反逆以来み名浴びせ非難すべてぬぐい去るです。(マタイ 6:9,10)イエスさらに,男性女性も,富ん貧しい分け隔てなく教えることより,常公平表わしました。イエス使命イスラエル教えることでしが,サマリア異邦助け差し伸べました。当時宗教指導たち違い,人々偏り見たり,えこひいきたりすることありませでした。

3. 神王国ものない。イエス政治不穏時代生活ました。生ま育っ外国支配です。しかし,人々イエス当時政治問題かかわらよう時,イエス退きました。(ヨハネ 6:14,15)そしてある政治対し,「わたし王国このものありません」と言いました。(ヨハネ 18:36)また追随たちも,『あなた方ものありません』と告げました。(ヨハネ 15:19)たとえイエス守るためあっも,追随たち武器使うことイエス許しませでした。―マタイ 26:51,52

「イエスは……村からされ,神王国良いたより宣べ伝えまた宣明た」。―ルカ 8:1

4. キリスト支配基づく。イエスは,人々重荷軽くし,人々さわやかすること約束ました。(マタイ 11:28‐30)そして,その言葉どおりました。人々思い煩い対処し,人間関係改善し,物質主義闘い,幸福見いだせるよう,愛こもっ実際助言与えました。(マタイ 5‐7)イエス示しゆえに,あらゆる階層人々とっ近づきやすいでした。最も立場低いたちさえ,大勢イエスもとやっました。イエス自分たち親切扱い,尊厳重んじくれること確信です。イエス素晴らしい支配なること間違いありません。

イエスさらに,別非常強力方法よっ王国つい教えました。多く奇跡行なっです。なぜそうましょう。

マタイ,マルコ,ルカ,ヨハネよる基づく。

もっと調べる

「ものみの塔」

神の王国 ― それがイエスにとって意味すること

イエスの話のテーマの中で特に多いのは神の王国ですが,偶然そうなっているのではありません。

「ものみの塔」

神の王国 ― あなたにとって何を意味するか

答えは,かなりの程度,あなたがどうするかにかかっています。

聖書は実際に何を教えていますか

神の王国とは何ですか

主の祈りは世界中の多くの人に知られています。「御国が来ますように」とはどういう意味でしょうか。