内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

聖書 ― どんなメッセージを伝えていますか

 セクション19

イエスは全世界にかかわる預言を述べる

イエスは全世界にかかわる預言を述べる

イエスご自分臨在事物体制終結しるしづける事柄つい述べる

眼下エルサレム神殿見事景観広がるオリーブで,使徒たちうち4が,イエス語っ事柄つい質問ました。イエス少しに,エルサレム神殿滅ぼされること述べました。もっとは,「事物体制終結」についました。(マタイ 13:40,49)それ使徒たちは,「あなた臨在事物体制終結しるしありますか」と尋ねます。―マタイ 24:3

イエス答えて,エルサレム滅び先立っ起きる話します。しかし,イエス言葉遠い将来関係ました。その預言に,全世界かかわる規模成就見ることなるです。イエスは,幾つ出来事世界情勢組み合わさっ一つしるしなること預言ました。そのしるしは,天イエス臨在始まっこと地上人々示します。つまり,エホバイエス待望メシア王国こと示します。そのしるし現われることは,王国なく取り除い人類平和もたらすこと意味ます。したがって,イエス予告事柄は,古い事物体制 ― 現存する宗教的,政治的,社会体制 ― の終わりと,新しい体制始まりしるしづけるものなります。

イエスご自分臨在期間地上生じる説明ました。国際戦争,食糧不足,大地震起き,病気蔓延し,不法増します。イエス弟子たちは,神王国良いたより世界宣べ伝えます。これら事柄は,これまで起きことないような「大患難」におい頂点達します。―マタイ 24:21

イエス追随たちは,その患難近いことどのよう知るでしょか。イエスは「いちじくから……学びなさい」と言いました。(マタイ 24:32)いちじくつくことは,夏近いこと示す顕著しるしです。同様に,イエス予告事柄すべて一つ期間生じることは,終わり近いこと明確しるしなります。イエスは,大患難始まる正確時刻知っいるだけある言いました。それゆえ弟子たちこう勧めます。「ずって,目覚ましなさい。あなた方は,定められいつ知らないからです」。―マルコ 13:33

マタイ 2425章,マルコ 13章,ルカ 21基づく。

^ 14節 イエス預言ついさらに情報たいは,エホバ証人発行た「聖書実際教えますか」という9ご覧ください。

もっと調べる

聖書は実際に何を教えていますか

今は「終わりの日」ですか

世の中で見られる人々の行ないや態度は,聖書の予告どおり今が「終わりの日」である証拠です。なぜそう言えますか。

「目ざめよ!」

終わりの日 ― 聖書の正確な預言

現在の世界の状況には特別な意味があるのでしょうか。7つの預言を調べてみましょう。