アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「自分を神の愛のうちに保ちなさい」

 付録

ビジネス上の争いを解決する

ビジネス上の争いを解決する

使徒 パウロ  コリント  一 6  1‐8  で,仲間  信者 同士  訴訟  つい  述べ,失望  言い表わし   ます。コリント  クリスチャン   に,『あえて 法廷 に,不義  人々    行く』人 たち     です。(1 )パウロ は,クリスチャン  世俗  法廷  仲間  訴え たり   会衆   争い  解決  べき 強力  理由  挙げ   ます。では,霊感  よる この 助言  与え られ  理由  幾つ  取り上げ,その 後,この 指示  必ずしも 当てはまら ない 状況  つい  考え ましょ う。

仲間  信者     ビジネス   争い  生じ  場合,わたしたち   より  まず,自分  方法   なく エホバ  方法  物事  扱う よう   ます。(箴言 14:12)イエス  述べ  とおり,争い  は,大 問題  発展 する   すばやく 解決 する   最善 です。(マタイ 5:23‐26)しかし 残念 ながら,クリスチャン    は,けんか腰  なっ て,争い  世俗  法廷  持ち出す    ます。パウロ  こう 述べ   ます。「あなた方  互い  訴訟  起こし  いる こと は,……あなた方  とっ  全く  敗北  意味    ます」。なぜ です か。主  理由   て,そう   訴訟  会衆  良い 評判  落とし,わたしたち  崇拝 する   良い   恥辱  もたらしかね ない から です。それゆえ,わたしたち    パウロ  言葉    留め ます。「なぜ むしろ   受ける まま    おか ない  です か」。―7 

さらに パウロ は,神  会衆   優れ  取り決め  設け  おら れ,その 取り決め  よっ  多く  争い  解決 できる,と いう こと  論じ   ます。長老 たち は,聖書  真理  知識  基づく 知恵  持つ クリスチャン 男子 です。パウロ  よれ ば,長老 たち は「今  生活   事柄」に 関し て『兄弟 たち    裁く こと  でき』ます。(3‐5 )中傷  詐欺 など  重大  悪行  関係   いる 場合 は,イエス  述べ   段階  方法  解決  べき です。まず,当事  だけ   解決   向け  努力  ます。そして,それ  うまく 行か なけれ ば,一      証人  伴っ  行き ます。それ  うまく 行か なけれ ば,会衆 に,つまり 会衆  代表 する 長老 たち  問題  提出  ます。―マタイ 18:15‐17

もとより,クリスチャン  長老  必ずしも 法律   実業    あり ませ ん。その よう      行動 する 必要  あり ませ ん。兄弟   ビジネス   争い  おける 和解 条件  定め たり   ない  です。むしろ,聖書  沿っ  平和   解決 する よう 関係  すべて  援助  ます。複雑  事例  場合 は,巡回 監督 あるいは エホバ  証人  支部 事務   相談 する   しれ ませ ん。一方,パウロ  助言  当てはまら ない 状況  あり ます。例えば,どんな 状況 でしょ  か。

訴訟  単なる 形式  あっ たり,私心  ない 平和   決着  ため  法的 要件 だっ たり する 場合  あり ます。以下  よう  こと  ため   訴訟  唯一  手段   しれ ませ ん。離婚 判決,親権 獲得,扶養  決定,保険  給付,破産 手続き  おける 債権      認定,遺言  検認 など です。また,訴訟  おい  自分  守る ため  反訴  ざる   ない  感じる 場合  ある でしょ う。 *

そう   訴訟 は,闘争   精神  抱か   行なわ れる   あれ ば,霊感  よる パウロ  助言  精神   反し ない でしょ う。 *  いえ,クリスチャン  優先  べき   は,エホバ  み名  神聖  もの  する こと,および 会衆  平和  一致 です。キリスト  追随   特徴    言っ     あり,『愛  自分    求め ませ ん』。―コリント  一 13:4,5。ヨハネ 13:34,35

^ 2節 まれ  こと   いえ,クリスチャン  仲間  クリスチャン  対し  重罪  犯す こと  ある   しれ ませ ん。強姦,脅迫,殺人,重大  窃盗 など  犯罪 です。その よう  場合  事件  当局  報告 する こと は,結果    刑事 裁判  なる    も,クリスチャン    間違っ  こと   あり ませ ん。

^ 3節 さらに 詳しく は,「ものみの塔」誌,1997  3  15  号,17‐22 ページ,および1991  10  15  号,25‐28 ページ ご覧 ください。

 

もっと調べる

どのような霊を示していますか

どうすれば他の人との平和な関係を築けますか。聖書中の良い手本と悪い手本から学びます。