アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「自分を神の愛のうちに保ちなさい」

 付録

血液分画と外科的処置

血液分画と外科的処置

血液 分画。分画 は,血液  四つ  主要 成分(赤血球,白血球,血小板,血漿)から 取り出さ  ます。例えば 赤血球  は,ヘモグロビン  いう タンパク質  含ま    ます。人間  動物  ヘモグロビン から 作ら   医薬  は,急性 貧血  大量 失血  患者  治療  用い られ   ます。

血漿 は,90   水分 です が,多種 多様  ホルモン,無機  類,酵素,および ミネラル   など  栄養   含ん   ます。さらに 血漿  は,凝固 因子,疾病  闘う 抗体,および アルブミン など  タンパク質  含ま    ます。医師 は,ある   病気   感染  おそれ  ある  に,免疫  ある   血漿 から 抽出   ガンマグロブリン  注射  処方 する こと  あり ます。白血球 から は,ある   ウイルス 感染  がん  治療  用いる インターフェロン  インターロイキン  取り出せ ます。

クリスチャン は,血液 分画  用いる 治療  受け入れ  よい でしょ  か。聖書  細か  こと  述べ    ない  で,各人    み前  自分  良心  従っ  決定  なけれ  なり ませ ん。ある  たち は,神  イスラエル  与え  律法     生き物 から 抜い   は「地面  注ぎ出す」べき だっ   いう こと  考え て,すべて  分画  拒み ます。(申命記 12:22‐24)また ある  たち は,全血  主要 成分  輸血  拒む もの  の,いずれ   分画  用いる 治療  受け入れ ます。血液 から 抽出    分画 は,ある 時点 で,その   有し    生き物    表わさ なく なる,と 考える    しれ ませ ん。

血液 分画  関する 決定  下す とき  は,以下    自問  ましょ う。すべて  血液 分画  拒む なら,病気  闘う ため  ある   医薬  や,止血 目的  血液 凝固  促進 する ある   医薬   受け入れ ない こと  なる,と いう   わたし  理解   いる だろ  か。特定  血液 分画  使用  拒む 理由  受け入れる 理由 を,医師  説明 できる だろ  か。

外科  処置。血液 希釈  セル  サルベージ(血液 回収)が 含ま  ます。血液 希釈  場合,血液  体外  迂回   られ,増量   置き換え られ,後  患者  戻さ  ます。セル  サルベージ  場合,手術   失わ れる 血液  集め  戻し ます。傷口  体腔 から 血液  回収 し,洗浄 する  フィルター  かけ  から,患者  体内  戻し ます。こう   手法  用い方  医師  よっ  異なる  で,クリスチャン は,担当     行なう つもり   知っ  おく べき です。

こう   処置  関する 決定  下す とき  は,こう 自問  ましょ う。『自分    幾らか  体外  迂回   られる こと  なっ  おり,その 流れ  一時   遮断  れる 可能   ある    も,わたし  良心  に,その   依然    自分  一部  あり,ゆえに「地面  注ぎ出す」必要  ない  みなせる だろ  か。(申命記 12:23,24)医療 処置    自分     幾らか  取り出さ れ,調整    から 体内  戻さ れる 場合,聖書  よっ  訓練    わたし  良心  とがめ  感じる だろ  か。自己血  使用  関係 する すべて  医療 処置  拒む なら,血液 検査,血液 透析,人工 心肺 装置  受け入れ ない こと  なる,と いう   わたし  理解   いる だろ  か』。

クリスチャン は,外科  処置  おい  自分  血液  どんな 取り扱い  許す  を,自ら 決定  なけれ  なり ませ ん。同じ こと は,医学  検査   も,少量  血液  採取   のち 何らか  調整  加える など   から  注入 する 最近  治療    当てはまり ます。