アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「自分を神の愛のうちに保ちなさい」

 付録

離婚と別居に関する聖書の見方

離婚と別居に関する聖書の見方

エホバ は,結婚   いる   結婚  誓い  忠実  守る こと  望ん  おら  ます。最初  男性  女性  結婚  結び合わせ  時,こう おっしゃい まし た。「男 は……自分    堅く 付き,ふたり  一体  なる   ある」。後 に,イエス  キリスト  その 言葉  引用   から,こう 述べ まし た。「それゆえ,神  くびき  結ば   もの を,人  離し   なり ませ ん」。(創世記 2:24。マタイ 19:3‐6)ですから エホバ  イエス  結婚 を,配偶   死亡   場合  だけ 解消  れる,生涯  わたる   みなし  おら れる  です。(コリント  一 7:39)結婚  神聖  取り決め です から,離婚  軽く    なり ませ ん。実  ところ エホバ は,聖書   根拠  ない 離婚  憎ま  ます。―マラキ 2:15,16

離婚  聖書   根拠  なる    でしょ  か。エホバ  姦淫  淫行  憎ま  ます。(創世記 39:9。サムエル  二 11:26,27。詩編 51: 4)淫行  非常  卑しむ べき もの  みなさ れる  で,それ  離婚  根拠    認め  おら  ます。(淫行    含ま れる   関し  は,淫行  つい  説明   いる9  7  ご覧 ください。)エホバ は,潔白  配偶    に,罪  犯し  配偶    結婚 関係  続ける  離婚  求める   決定 する 権利  与え  おら  ます。(マタイ 19:9)ですから,潔白  配偶  は,離婚  求める  いう 決定  下す    も,エホバ  憎ま れる 事柄  行なう こと   なり ませ ん。と  いえ クリスチャン 会衆 は,離婚  求める よう 勧め たり   ませ ん。実際,状況  よっ  は,潔白   は,罪  犯し  配偶    結婚 関係  続け よう  思う   しれ ませ ん。配偶   真に 悔い改め  いる 場合  特に そう です。つまる ところ,離婚 する 聖書   根拠  有し  いる  は,自分 自身  決定  下す  とも に,その 結果    生じる いかなる 事態   受け入れ なけれ  なり ませ ん。―ガラテア 6:5

極端  状況  置か   クリスチャン    は,配偶   淫行  犯し   なく  も,別居 あるいは 離婚   よう  決定 する    ます。その よう  場合  配偶   もと  去る  は『結婚  ない  いる か,さもなければ 和解  なさい』と,聖書  述べ   ます。(コリント  一 7:11)その よう  クリスチャン  は,再婚  願っ      交際 する 自由  あり ませ ん。(マタイ 5:32)では,別居  根拠  みなさ れる こと  ある 例外   状況  考え   ましょ う。

故意  扶養 義務  履行。  怠慢  ため  家族  困窮 し,基本   生活 必需    事欠く 場合  ある   しれ ませ ん。聖書  こう 述べ   ます。「自分      必要    備え ない   いる なら,その   信仰  否認   いる こと  なり,信仰  ない  より 悪い  です」。(テモテ  一 5:8)その よう  男性  態度  改め よう   ない なら,妻 は,自分  子ども  福祉  守る ため  法的  別居  必要  どう か,判断  なけれ  なら ない でしょ う。 * もとより,クリスチャン  長老 たち は,家族   扶養  よう   ない クリスチャン  関する 告発  注意深く 吟味  べき です。自分  家族  世話  よう   ない   排斥  れる   しれ ませ ん。

極度  身体  虐待。配偶  から ひどい 暴力  伴う 虐待  受け,その ため  健康 あるいは  さえ 危険  さらさ れる 場合  ある   しれ ませ ん。虐待 する   クリスチャン  ある なら,会衆  長老 たち  告発  つい  調査  べき です。度重なる 激発   怒り  習慣   暴力 行為  排斥  根拠  なり ます。―ガラテア 5:19‐21

霊的  生活  はなはだ しく 危険  さらさ れる こと。配偶  から,真  崇拝  行なえ ない よう 絶え  妨害  れる,さらに         命令  破る よう 強要  れる,と いう 場合  ある   しれ ませ ん。その よう  場合,脅かさ   いる  は,『自分  支配     人間 より   従う』ため   法的  別居  する 以外  方法  ない  どう か,判断  なけれ  なら ない でしょ う。―使徒 5:29

こう   極端  状況  関係 する どんな 場合  も,別居 する  どう   関し て,潔白  配偶   だれ  圧力  かけ   なり ませ ん。霊的  円熟     長老 たち は,援助  聖書  基づく 助言  差し伸べる こと  でき  も,夫婦    生じ  いる 事柄  詳細 すべて  知る こと  でき ませ ん。それ  見抜ける   エホバ だけ です。言う まで  ない こと です が,妻  あれ   あれ,別居 する ため  家庭   問題  大げさ  語る クリスチャン は,神  結婚  取り決め  誉れ ある もの     ませ ん。別居  背後  何らか  企み  ある なら,いかに 隠そ     も,エホバ  それ  ご存じ です。『すべて  もの       で,あらわ  され  おり,この   対し  わたしたち  言い開き   なけれ  なら ない』の です。(ヘブライ 4:13)と  いえ,極端  危険  状況  ずっ  続い  いる   あれ ば,最後  手段    別居  踏み切る クリスチャン  だれ  批判    なり ませ ん。結局  ところ,「わたしたち  みな,神  裁き      立つ こと  なる  です」。―ローマ 14:10‐12

^ 2節  よっ  は,法的  別居  いう 制度  あり ます。