アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「自分を神の愛のうちに保ちなさい」

  3 

神の愛する人たちを愛する

神の愛する人たちを愛する

『賢い  たち    歩ん  いる   賢く なる』。―箴言 13:20

1‐3 (イ)聖書 は,否定  余地  ない どんな 真理  述べ   ます か。(ロ)どう すれ ば,良い 感化  与え  くれる 友人  選べ ます か。

ある  で,人  スポンジ     ます。周囲  ある もの  吸収 する 傾向  あり ます。親しく 交わる   態度  規準  人格 特性  いとも 簡単 に,時   気づか ない うち に,取り入れ  しまい ます。

2 聖書 は,否定  余地  ない 真理    よう  述べ   ます。「賢い  たち    歩ん  いる   賢く なり,愚鈍   たち  交渉  持つ   苦しい   遭う」。(箴言 13:20)この 格言  述べ  いる  は,何気ない 接触 程度  こと   あり ませ ん。『共  歩む』と いう 表現 は,継続   交わる こと  示唆    ます。 * この 聖句  つい て,ある 文献  こう 注解    ます。「だれ     歩む こと  は,愛  愛着  いっ  意味合い  含ま れる」。わたしたち  は,愛する   まねる 傾向  ある    ない でしょ  か。自分  愛する   愛着  感じる ゆえ に,良く  悪く  その  から 強い 影響  受ける  です。

3     うち  とどまる  は,良い 感化  与え  くれる 友人  見いだす こと  肝要 です。どう すれ  よい でしょ  か。一言  言う と,神  愛する   愛し,神    自分    する  です。考え    ください。エホバ  ご自分    期待  さる よう  特質  持つ  人 ― そう     友人    選ぶ   最善     ない でしょ  か。では,神  愛さ れる   どんな  か,調べ   ましょ う。エホバ  見方  はっきり 理解   おく なら,健全  友人  選ぶ こと  できる でしょ う。

  愛する  たち

4 友  関し  明確    引く 権利  エホバ  ある   なぜ です か。エホバ  アブラハム を「わたし  友」と 呼ん  おら れる   なぜ です か。

4 だれ    する   いう  で,エホバ  明確    引い  おら  ます。そう なさる 権利  ある    ない でしょ  か。何  言っ  も,エホバ  宇宙  主権  なる   あられ,その     なる こと  最大  特権   です。では エホバ は,どんな       選ば  ます か。エホバ  依り頼ん  全き 信仰  抱く     され ます。例えば,際立っ  信仰  知ら れる 族長 アブラハム  つい  考え    ください。息子  犠牲    ささげる よう   求め られる こと は,父親  とっ  最も 厳しい 信仰  試み  言える でしょ う。 * しかし アブラハム は,「神  死人   から   これ  よみがえらせる こと  できる」と いう 全き 信仰  抱い     で,「イサク  ささげ   同然」の 行動  取り まし た。(ヘブライ 11:17‐19)アブラハム  その よう  信仰  従順  示し  ゆえ に,エホバ  愛情  こめ   を「わたし  友」と 呼ん  おら  ます。―イザヤ 41:8。ヤコブ 2:21‐23

5 エホバ は,ご自分  忠節  従う   どう ご覧  なり ます か。

5 エホバ は,忠節  従順  重視   おら  ます。進ん     忠節   優先  せる   愛さ れる  です。(サムエル  二 22:26 この   1    とおり,愛 ゆえに   従う こと  選ぶ   エホバ  大いに 喜び  され ます。箴言 3  32  は,「神  親密   廉直   たち    ある」と 述べ   ます。忠節    要求  こたえる  は,エホバ から  恵み 深い 招き  受け,神 の「天幕」の   なれ ます。神  崇拝     迎え入れ られ,祈り  よっ  自由    近づく こと  できる  です。―詩編 15:1‐5

6 イエス  愛し  いる こと  どの よう  示せ ます か。み子  愛する   つい  エホバ  どう お感じ  なり ます か。

6 エホバ は,独り子 イエス  愛する   愛さ  ます。イエス  こう 述べ   ます。「だれ   わたし  愛する なら,その   わたし  言葉  守り行ない,わたし    その   愛し,わたしたち  その   ところ    住まう  です」。(ヨハネ 14:23)では,わたしたち  イエス     どの よう  示せる でしょ  か。イエス  おきて  守り行なう こと  よっ て,そう でき ます。それ  は,良い たより  宣べ伝え  弟子  作る  いう 任務  果たす こと  含ま  ます。(マタイ 28:19,20。ヨハネ 14:15,21)さらに イエス    は,『その 歩み  しっかり 付い  行く』こと  よっ   示せ ます。不 完全  人間     最善  尽くし て,言葉  行動  両面  イエス  見倣う  です。(ペテロ  一 2:21)み子     動かさ   キリスト  よう  歩も   懸命  努力 する  は,エホバ    温かく  ます。

7 エホバ    自分    する   なぜ 賢明  こと です か。

7 信仰,忠節,従順,イエス  その   対する 愛 ― これら  どれ も,エホバ  ご自分    期待  さる 特質 です。それで,わたしたち 各人  こう 自問 でき ます。『わたし  親しい 友人 は,そう   特質  生き方  はっきり  示し  いる だろ  か。わたし  エホバ    自分      いる だろ  か』。そう する   賢明  こと です。敬虔  特質  培っ  王国  良い たより  熱心  宣べ伝え  いる  は,積極   影響  与え  くれ ます。神  喜ばせる  いう 決意  ふさわしく  生きる よう,感化   くれる  です。―「 良い    どんな  」と いう 囲み  ご覧 ください。

聖書    から 学ぶ

8 (イ)ナオミ  ルツ,(ロ)3   若い ヘブライ 人,(ハ)パウロ  テモテ  間柄  どんな  に,あなた  感銘  受け ます か。

8 聖書  は,健全    選ん  ゆえに      たち    たくさん 記録     ます。例えば,ナオミ    ルツ,バビロン  支え合っ  3   若い ヘブライ 人,パウロ  テモテ  関する 記録 です。(ルツ 1:16。ダニエル 3:17,18。コリント  一 4:17。フィリピ 2:20‐22)ここ  は,際立っ    一つ  ある ダビデ  ヨナタン  友情  注目  ましょ う。

9,10 ダビデ  ヨナタン  友情  基盤  なっ       です か。

9 ダビデ  ゴリアテ  殺し    こと  聖書  こう 伝え   ます。「ヨナタン    ダビデ    結び付き,ヨナタン  自分    よう    愛する よう  なっ た」。(サムエル  一 18:1)こう   破れる こと  ない 友情  生まれ,かなり  年齢   あっ    かかわら ず,その 友情  ヨナタン  戦死 する まで 続き まし た。 *サムエル  二 1:26)二   強い 友情    基盤  なっ       でしょ  か。

10 ダビデ  ヨナタン は,神     よっ て,また    忠実  保ち たい  いう 強い 願い  よっ  結び合わさ    まし た。霊的    結ば      です。相手  示す 特質  ゆえに,互い  敬愛    まし た。ヨナタン は,恐れ   エホバ  み名  擁護 する 若い ダビデ  勇気  熱意  感銘  受け    こと でしょ う。ダビデ  は,エホバ  取り決め  忠節  支持   利他   ダビデ    優先 する 年長  ヨナタン  尊敬      違いあり ませ ん。ダビデ  極めて つらい 状況  あっ    こと  考え   ましょ う。ヨナタン    ある 邪悪  サウル   怒り  逃れ,荒野    隠し      こと です。ヨナタン は,忠節  並々 なら  表われ    行動  起こし,『ダビデ  もと  行き』まし た。「神  関し       強める ため」です。(サムエル  一 23:16)親友  やっ    力づけ 励まし  くれ    ダビデ  どう 感じ  か,想像     ください。 *

11 ヨナタン  ダビデ   から,友情  関し    学べ ます か。

11 ヨナタン  ダビデ   から   学べ ます か。一番  教訓 は,友  共有  べき 最も 重要  もの  霊的 価値   ある,と いう  です。自分  同じ 信条  道徳   持つ 人,神   忠実  保ち たい  いう 同じ 願い  抱く   親しく なる なら,考え  気持ち  経験  分かち合っ  て,励まさ れ,築き上げ られ ます。(ローマ 1:11,12)霊的  思い  持つ その よう  友人 は,仲間  崇拝  たち    見いだせ ます。では,王国 会館   集会  来る   みな 良い 友人  ある,と 言える でしょ  か。必ずしも そう   あり ませ ん。

親しく 交わる 友人  選ぶ

12,13 (イ)仲間  クリスチャン   から 友人  選ぶ    注意深く なけれ  なら ない   なぜ です か。(ロ)1 世紀   会衆  どんな 問題  直面  まし  か。その ため,パウロ  どんな 強い 警告  与え まし  か。

12 友人  よっ  霊的  築き上げ られ たい  望む なら,会衆    友人  注意深く 選ば なけれ  なり ませ ん。これ  意外  こと でしょ  か。いいえ。会衆   は,霊的  円熟  達する   人一倍  時間  要する クリスチャン   ます。同じ   でき       熟する   時間  かかる   ある   同じ です。ですから,どの 会衆  も,クリスチャン 一人一人  霊的 成長  レベル  様々 です。(ヘブライ 5:12–6:3)もと より わたしたち は,新しい   弱い   辛抱強さ    示し ます。霊的  成長  助け たい  願っ  いる から です。―ローマ 14:1; 15:1

13 会衆   だれ  交わる     つけ なけれ  なら ない 場合  あり ます。疑わしい 行ない  する 人,あるいは 苦々しい   不平  精神  抱く   いる   しれ ませ ん。西暦 1 世紀   会衆  同様  問題  直面  まし た。大半  成員  忠実 でし  が,一部    ふさわしく 行動  なかっ   です。コリント 会衆  ある  たち  クリスチャン  幾つ   教え  支持  なかっ   で,使徒 パウロ  その 会衆  警告  与え,「惑わさ    なり ませ ん。悪い 交わり  有益  習慣  損なう  です」と 述べ まし た。(コリント  一 15:12,33)また パウロ  テモテ に,仲間  クリスチャン     誉れ ある 行ない   ない   いる  注意  促し,そう    たち から 離れ  なさい,親しく 交わっ   いけ ない  命じ まし た。―テモテ  二 2:20‐22

14 交わり  関する パウロ  警告  背後  ある 原則  どの よう  適用 でき ます か。

14 パウロ  警告  背後  ある 原則  どの よう  適用 できる でしょ  か。会衆  内外  問わ ず,腐敗   影響   なり かね ない    親しい 交わり  避ける こと  よっ て,適用 でき ます。(テサロニケ  二 3:6,7,14)自分  霊性  守る 必要  ある  です。忘れ ない  ください。わたしたち  スポンジ  よう に,親しい   態度  生き方  吸収  ます。スポンジ    浸し    ながら,水  吸う  期待 する こと  でき ませ ん。それ  同じく,悪い 影響  及ぼす   交わっ    ながら,自分  良い もの  吸収 する  期待 する こと  でき ませ ん。―コリント  一 5:6

仲間  崇拝  たち   に,健全  友人  見いだす こと  できる

15 会衆   霊的  思い  持つ   見いだす ため に,何  でき ます か。

15 喜ばしい こと に,仲間  崇拝  たち    大勢  健全  友人  見いだす こと  でき ます。(詩編 133:1)どう すれ  会衆   霊的  思い  持つ   見いだせる でしょ  か。あなた  敬虔  特質  生き方    成長 する なら,同じ よう  思い  持つ  たち  あなた  引きつけ られる  違いあり ませ ん。また,自分  ほう から   作ろ   心がけ,具体   努力  払う 必要  あり ます。(「 どの よう    良い   作っ  」と いう 囲み  ご覧 ください。)見倣い たい  思う よう  特質  発揮   いる   探し ます。「自分  広く」する よう    聖書  助言  留意 し,人種  国籍  文化    超え  仲間  信者   友情  築く よう  努め ましょ う。(コリント  二 6:13。ペテロ  一 2:17)自分   年代   だけ       なり ませ ん。ヨナタン  ダビデ より かなり 年上  あっ  こと  思い出し  ください。年上      なる なら,その 経験  知恵 から いろいろ 学べる こと  少なく あり ませ ん。

 難しい 事態  生じ たら

16,17 仲間  信者  傷つけ られ   会衆  交わる   やめる べき  ない   なぜ です か。

16 会衆     個性  背景    様々   で,時   問題  生じ ます。仲間  信者  言動  感情  傷つけ られる こと  あり ます。(箴言 12:18)個性  衝突,誤解,意見  相違 など  ため  事態  難しく なる 場合  ある でしょ う。そう   時,つまずい  会衆 から 離れ  しまい ます か。エホバ  の,また エホバ  愛する  たち       あれ ば,そう   ない でしょ う。

17 創造  また 生命 維持   ある エホバ は,わたしたち    全き 専心  受ける  ふさわしい  です。(啓示 4:11)さらに,神  是認   用い  おら れる 会衆 も,わたしたち  忠節  支持  受ける  ふさわしい もの です。(ヘブライ 13:17)ですから わたしたち  は,仲間  崇拝   傷つけ られ  も,がっかり   られ  も,抗議  ため  会衆  交わる   やめ たり   ませ ん。そもそも,エホバ  感情  害さ   わけ   ない  です。エホバ     あれ ば,決して,神        向け たり   ない でしょ う。―詩編 119:165

18 (イ)会衆   平和  促進 する ため    でき ます か。(ロ)妥当  理由  ある 場合  許す こと は,どんな 祝福  もたらし ます か。

18 わたしたち  仲間  崇拝   愛し  いる  で,会衆   平和  促進  たい  思っ   ます。エホバ は,ご自分  愛する   完全   期待 なさい ませ ん。わたしたち  そう ある べき です。愛  あれ ば,だれ    完全  あっ  間違い  犯す  いう こと  忘れ  に,ささい  違犯  見過ごす こと  でき ます。(箴言 17:9。ペテロ  一 4:8)愛 は,引き続き『互い  惜しみなく 許し合う』助け  なり ます。(コロサイ 3:13)この 助言 どおり  する   必ずしも 容易   あり ませ ん。消極   感情  負ける なら,憤り  宿す 結果  なり かね ませ ん。怒り  よっ  相手    加え  いる  だ,と さえ 思う   しれ ませ ん。しかし 実際  は,憤り  宿す こと  よっ    受ける   自分 自身 です。妥当  理由  ある 場合  許す こと は,豊か  祝福  もたらし ます。(ルカ 17:3,4)思い    平安   られ,会衆   平和  保た れ,何 より  エホバ  あなた   関係  守ら れる  です。―マタイ 6:14,15。ローマ 14:19

交わる   やめる べき 

19 どんな 場合 に,交わる   やめる 必要  生じ ます か。

19   は,会衆  成員 だっ    交わる   やめる 必要  生じ ます。その     律法  破っ  悔い改め   排斥    場合,あるいは 偽り  教理  教え たり 会衆   関係  自ら 断絶  たり   信仰  捨て  場合 です。神  言葉 は,その よう    の『交友  やめ  なさい』と はっきり 命じ   ます。 *コリント  一 5:11‐13。ヨハネ  二 9‐11)それ    親族  ある 場合,その   接し ない よう  する   相当  努力  要する こと でしょ う。わたしたち は,確固    態度  取っ て,自分   より  エホバ  その   律法  忠節  ある こと  示す でしょ  か。エホバ  忠節  従順  重視   おら れる こと  忘れ   なり ませ ん。

20,21 (イ)排斥  取り決め   ある もの  ある,と 言える   なぜ です か。(ロ)友人  賢く 選ぶ こと  肝要    なぜ です か。

20   ところ,排斥  取り決め  エホバ  よる  ある 備え です。どうして そう 言え ます か。悔い改め ない 罪人  追放 する こと は,エホバ   なる み名と,その   表わす すべて  もの   対する   表われ です。(ペテロ  一 1:15,16)排斥  よっ  会衆  安全  保た  ます。忠実  成員 たち は,故意  罪人   健全  影響 から 保護  れ,会衆  この 邪悪   から 分け られ  安全  場所  ある こと  実感  つつ 崇拝  続ける こと  でき ます。(コリント  一 5:7。ヘブライ 12:15,16)この 強い 懲らしめ は,悪行   対する   表われ   あり ます。それ     衝撃  なっ て,当人  本心  立ち返り,エホバ  もと  戻る   必要  段階  踏む   しれ ない  です。―ヘブライ 12:11

21 親しく 交わる 友人  強力  影響  及ぼす  いう 事実 は,変え よう  あり ませ ん。ですから,友人  賢く 選ぶ こと  肝要 です。エホバ    自分    し,神  愛する   愛する なら,最善  友人 たち  囲ま   過ごす こと  でき ます。そう   友人 から 吸収 する もの は,エホバ  喜ばせる  いう 決意  ふさわしく 生きる 助け  なる でしょ う。

^ 2節 「交渉  持つ」と 訳さ   いる ヘブライ  は,「交わる」あるいは「友  なる」と 訳さ れる こと  あり ます。―裁き人 14:20。箴言 22:24

^ 4節 エホバ は,アブラハム  こう 求める こと  より,ご自身  独り子  ささげる   どんな 犠牲  払う こと  なる   わずか ながら 明らか  なさい まし た。(ヨハネ 3:16)アブラハム  場合,エホバ  介入 し,イサク  代わり  なる 雄羊  備え られ まし た。―創世記 22:1,2,9‐13

^ 9節 ダビデ は,ゴリアテ  倒し     まだ「ほんの 少年」で,ヨナタン  死ん     30  ぐらい でし た。(サムエル  一 17:33; 31:2。サムエル  二 5:4)ヨナタン は,死ん     60  ぐらい  あり,ダビデ より 30  ほど 年上 だっ  よう です。

^ 10節 サムエル  一 23  17   よる と,ヨナタン  ダビデ  励ます ため  以下  五つ    述べ まし た。(1)恐れ   なら ない。(2)サウル  企て  失敗 する。(3)神  約束 どおり ダビデ  王権  得る。(4)自分  ダビデ   忠節  誓う。(5)ダビデ   自分  忠節  サウル  気づい  いる。

^ 19節 排斥      断絶      対応  つい  さらに 詳しく は,付録 の「排斥      どう 対応  べき 」と いう 項目  ご覧 ください。

もっと調べる

エホバの民は「不義を捨てよ」

「不義を捨てよ」という言葉は,モーセの時代のどんな出来事と関連していますか。その出来事からどんな教訓が得られますか。

終わりの日の今,悪い交わりに用心する

交わりとは,単に人との交友のことではありません。

だれが本当の友達なのだろう

真の友情を築き,それを長続きさせるにはどうしたらよいでしょうか。